今年最後の公式戦、またこのメンバーで戦う最後の公式戦、三多摩準々決勝は若葉台フレンズさんでした。

三多摩ベスト8ともなると、さすがにまとまったチームですね。ピッチャーも良くて、高めは伸びて低めは沈んでくる打ちづらいボール。選手も戸惑ってしまい、得意とする攻撃から作る試合の流れがなかなかつくれず…。

いつも監督が言うように、ピンチとチャンスが交互にあって、ピンチはなんとか踏ん張って最少失点に食い止めるものの、攻撃でチャンスを生かしきれず…。

走塁だったり守備だったりサインプレーだったり、基本的なことが本番でも出来ること。これが相手に流れを与えない、大切なこと。みんなもうわかってるだろうけど、これがまた難しい!だから、ふだんから試合を想定して、練習することが大事!!負けたのは悔しいけれど、コーチもたくさん勉強させてもらった良い試合でした。
改めて、選手のみんな、春からしたら本当に大きく成長したね。三多摩ベスト8、胸をはろう!

このメンバーで活動するのもあと一カ月。年明けから離ればなれ、淋しくはなるけど、心はいつも一緒です!試合の応援には駆けつけるし、こっちにも応援駆けつけてね笑

12月はイベント盛りだくさん、ヘソ出して寝て風邪なんかひかないように、みんなちゃんと体調管理するんだぞ〜っ!
オ〜〜〜っ!!!

PS
若葉台フレンズさん、ご足労いただきありがとうございました。またの機会を楽しみにしています。
また、運営に携わっていただいた審判方、お陰さまで子どもたちが怪我なく試合することができました。ありがとうございました。
image