おやじブログ第3段はTおやじです!
[画像:e2f88ed1-s.jpg]

ウチの子どもは小学校2年生、1年生の夏前にファイターズに入団しました。子どもが野球を始めて1番に感じるのは仲間との繋がりです。 学年を越えたチームメイトとの繋がり、父兄同士の繋がり。 先日運動会がありました。皆さん自分の子どもの活躍に一喜一憂することだと思います。私にとってファイターズに入るって、自分の子どもが増えたような感覚です。私、4人も実の子どもがいるんですけどね。保護者がファイターズの子ども達を常に見ています。写真も撮ってくれます。応援してくれて一緒に喜んでくれます。 自然と自分もそうなります。運動会なんて楽しくてしょうがないです。 今回の運動会も親が撮り損ねた実の子どもの徒競走の写真を、ファイターズの保護者が驚くほどしっかりと撮ってくれていました。感謝感謝 ファイターズの練習や試合でも写真を撮ります。子ども達の成長の記録がしっかりと残っています。アプリで気に入った写真をダウンロード。便利な時代です。付き添いで応援に行っている下の子ども達まで写真に撮ってくれます。感謝感謝 私が個人的にファイターズに入って良かったことは、卒団した中学生の姿を見た時です。 平日に公園で数人集まって野球をして遊んでいたところ、中学生のお兄さん達も野球の練習をしに集まってきました。 そうするといつの間にか中学生のお兄さん達が小学校低学年の子ども達の面倒を見てくれて、一緒に野球を楽しんでいるのです。 なんて素敵な光景なんでしょう。1人で感動してしまいました。 聞けばファイターズの卒団生だとのこと。それから何度も見かけるようになり、いつも元気に挨拶をしてくれる姿をみて、自分の子どももこんな風に成長してくれたらいいなと。 つい、長くなってしまいました。今回のTオヤジの話に共感できるような素敵な仲間がたくさん増えたらいいなと思っております。