2007年11月07日

「小さないのち」CDが石川県の優良図書等に推薦

kikitenni.jpg 「小さないのち」CDについての嬉しいニュースをお知らせします。今日、音弘志さんより連絡がありました。「小さないのち」CDのことは、テレビ金沢(日本テレビ系)でも放映されたとのこと。音さんは、市内の幼稚園・保育所・養護学校などにキャンペーンのために足を運ばれているそうです。風邪をひかないように気をつけて頑張ってほしいですね。以下、メッセージと推薦状です。


本日(7日)朝、石川県より、別紙の通り優良図書等の推薦に選ばれました。 本当に嬉しく思っております。

早速、今後のアピールに対して、より一層の「付加価値」として、ポスター作成にも最大限の努力をしていきたく思っております。

結果的に、文部科学省・特別支援教育課(長)推薦、そして、今回の石川県より優良図書等の推薦を得た事は、訪問教育に対しての更なる理解を深め、かつ、 障害児(者)はもとより、健常者に対しての「命の教育」の大切さ、尊さを世の中に広めていく上でも、大変に大きな成果だと思っています。有難うございました。

                         音 弘志

               

=====推薦状=====
 
                        子政第 1 0 2 3 号
                        平成19年11月6日

全国訪問教育「親の会」
初代代表(顧問) 音 弘志   様

                      健 康 福 祉 部 長

       優良図書等の推薦について

 いしかわ子ども総合条例第59条第1項の規定に基づき申し出のありました下記の図書等については、同条例37条第1項の規定に基づき、優良図書等として推薦したのでお知らせします。

                 記

優良図書等の推薦

1 名称
  全国訪問教育研究会・親の会
  テーマソング
           「小さないのち」

2 対象
  全年齢

3 推奨基準
  (1)  人としての愛情を豊かに育てるもの
  (10) その他青少年の健全な心身の成長に役立つもの

               事務担当
               健康福祉部少子化対策監室
               子ども政策課 健全育成グループ
               ・・・・・

====================
本当におめでとうございます!!


oyanokai2006 at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2007年09月27日

「小さないのち」CD-文部科学省から推薦状

tora.jpg
 大変、喜ばしいニュースをお伝えします。


 音弘志さん企画の「小さないのち」CDが、この度、文部科学省の永山課長から推薦状をいただきました。馳浩議員から「小さないのち」CDのことを聞かれた特別支援教育・永山課長は、このCDの企画や背景に甚く感動されて推薦状を書いてくださったということです。

 音さんは、「小さないのち」CD2.000枚めの注文に、この推薦のことばを帯紙にして配りたいと張り切っておられます。今日は、最初にこの企画を取り上げてくれた"北国新聞社"や、NHK金沢に御礼に出かけるとのこと、夢を実現させるために努力を惜しまず奔走する音さんご夫妻のことを、「夢叶い人」と呼びたいですね。おめでとうございます! このCDの推薦状を報告をさせていただきます。



「小さな いのち」CD推薦のことば

文部科学省初等中等教育局特別支援教育課長
           永  山  裕  二


 「小さな いのち」という、この曲を聴きました。とても優しく温かみのある曲だと思いました。また、ゆったりした時の流れと安らぐ空間を感じました。

 この曲は、訪問教育の中から生まれたと聞きました。訪問教育は、重い障害や病気などのために、学校に通うことができない子どもたちの家庭や病院などに、教員が出向いて行う教育です。

 自分で動くことや言葉で意志を伝えることが困難な障害の重い子どもも、よりよく生きようと願っています。訪問教育の先生たちは、そうした子どもとじっくり向き合いながら可能性を引き出す教育に取り組んでいます。この曲には、子どもとともに共有した時間が感じられます。

 病気で入院している子どもは、ベッドの上で勉強を続けることにより、勉強が後れないようにするとともに、病気と向き合う力を得ています。訪問教育の先生たちは、子どもの心に寄り添い、励まし続けます。この曲には、子どもとともに過ごした空間が感じられます。

 今日、いじめによる子どもの自殺や保護者による虐待など、子どもたちの「いのち」が
大切にされない事件が増加しています。余裕がなくストレスが多い大人の社会を反映しているのかもしれません。子どもとともに時と空間を過ごし、子どもの気持ちに寄り添っていくことが、命を守り育てていくことにつながることを、この曲から教えられたような気がします。この曲には、かけがえのない命をみんなで輝かせていこうというメッセージが込められているからでしょう。

 日本の誇るべき訪問教育から生まれた曲が、多くの国の言葉で歌われたこともすばらしいことです。多くの国の人に我が国の教育の原点を知ってほしいと思います。この曲が、たくさんの人々に長きにわたって歌い継がれることを願います。そのことは、子どもが平和な環境で、豊かな教育を受けられることを意味することでしょう。

 多くの人が耳を傾け、口ずさんでくれることを願っています。


(以上、音さん・西村先生双方から送っていただきました)


 



oyanokai2006 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!報告 

2007年09月10日

「小さないのち」CDの感想 #2

d4bc317d.gif「小さないのち」CDを聴いていただいた方々の感想です。本当に、聴くほどにいろいろなバージョンに魅了されるCDです。

★私は、障害児を持つ母です。毎日毎日が子供の身体のことで、心配の種は尽きません。ある日、地元の新聞に「障害児を歌で応援」「命の大切さを歌う」CD制作の見出しで、「小さないのち」の曲のことを知りました。さっそく、企画・監修された音様に電話して、CDを送っていただきました。そして、ほとんど身体を動かす事が困難な状態の子供達には、音楽が一番の楽しみであり、叉、家族も癒されます。今は、「小さないのち」の曲を毎日聴いて、子供も今迄と異なった表情を見せてくれています。このCD「小さないのち」は、障害児(者)はもちろん、健常児、老若男女の方にも「命の大切さ」をさわやかに伝えてくれる曲だと思っております。世界中に広がっていけば良いですね!
(石川県 金沢市 女 会社員 35才)


★私は、現在、子供さんを中心にピアノ教室を開いている者です。CDの中に歌っておられる方の紹介で、私も少々、ボランティア精神で制作の一部をお手伝いさせていただいた一人です。この「小さないのち」全体の企画・立案を音様からお聞きし、この曲に対する大きな夢・想い、そして「命の大切さ」、感動と熱意を感じさせられた者です。「この曲を、全世界の子供達を中心に、元気の出る応援歌として広げたいんだ!!」の壮大な男のロマンに、私自身、驚きを覚えました。完成後、改めて聴いてみて、今までに幾度も音楽制作のお手伝いをさせていただいた経験の私でさえ、今までに無い喜びを感じています。少しでも、制作参画できた事に感謝しています。この企画・立案、そして完成までに、6カ月と延べ200人余りの方が協力されたとの事です。多くの皆様に聴いていただきたいCDであります。
(石川県 金沢市 ピアノ教室経営 女 49才)


oyanokai2006 at 22:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!報告 

「小さないのち」CDの感想 #1

2fb7c52b.gif「小さないのち」CD制作・発売後、全国津々浦々から、お買上いただいた方々の声をお知らせ致します。

★一曲の歌が、こんなに沢山のバージョンがあっても、楽しく、飽きる事なく聴ける事に感動しました。特に幼稚園児達の素直な元気な歌声、叉、外国語バージョンでは、その国々の持ち味のあるリズム等が大変工夫されて、世界一周旅行をしている様な楽しい癒しの時間を与えていただき、曲を聴きながら台所に立っていても、ついつい口ずさむ様になりました。近所の方にも聴いていただいたら、すぐに買っていただき「孫にさっそく聴かせたい」との事でした。有難うございます。
(東京都 東大和市 主婦 58才)

★私の歌仲間の友人のすすめで、義理のつもりで「小さないのち」のCDを、とりあえず一枚買いました。義理買いなので、封を切らずに居間のテーブルに何気なく置いていたところ、夕方、夫が帰ってきて、「このCDの事、新聞の記事に載っていたよ!」との思わぬ言葉に、さっそく主人と共にCDカセットで聴いてみました。主人も、仕事で色々な国に出かけた経験もあり、外国語バージョンでは興味深々で聴き入っていました。私は外国語は全く分からないのですが、この一曲の中に、色々、聞いたことのない国の言葉とそのお国柄を良く取り入れた企画に、歌が好きな私ではありますが、今迄と異なった感動に出逢いました。一曲の歌が、こんなにまで楽しく聴けるCDは無いと思います。今は、すすめていただいた友人に有難うの気持ちで一杯です。
(石川県 金沢市 主婦 47才)


oyanokai2006 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!報告 

2007年08月27日

応援歌-「小さないのち」の記事

db711eab.jpg 今日の毎日新聞に、西村先生の「小さないのち」CD完成についての記事が掲載されました。近く、金沢テレビでも放映される予定と初代代表の音弘志氏からも伝えてきています。いろんなところで取り上げてもらって、世界中の人たちに愛される歌になっていきますように!!
 今回掲載されたのは、大阪本社が管轄している西日本だけということなので、他の地域の方々はこちらからご覧ください。



 重い障害や病気の子どもに訪問教育をする養護学校教諭らでつくる「全国訪問教育研究会」のテーマソング「小さないのち」が、16の言語でCDになった。歌には「この世に生を受けたすべての子どもの命を輝かせたい」という思いが込められ、毎年開かれる研究会のフィナーレで歌い継がれてきた。未熟児で生まれた息子を亡くした父親が「命を大切にする気持ち」を伝えたい」と留学生らに訳詞を依頼してCD化が実現した。

 養護学校教諭・西村圭也さん(65)が88年、作詞・作曲した。テントウムシやアリ、小さな花、きのこなどを挙げ、「生きているものみんなが幸せになるように」と訴える歌詞になっている。

 CDを作ったのは「全国訪問教育親の会」の初代代表、音弘志さん(63)=金沢市。音さんの四男尚吾さんは、未熟児で生まれ、後遺障害のため95年9月に14歳で亡くなった。この年、「親の会」を設立したばかりだった音さんは、尚吾さんを亡くした後も、「息子の残してくれた仕事だ」と「親の会」の活動を続ける過程で、「小さないのち」の存在を知った。

 「病気や障害を持つ世界中の子たちを、この歌で元気づけるのが、重い障害を持ちながら生きた息子の心からの願いだ」と、今年1月から、中国人留学生やインド料理店主らに訳や歌の録音を依頼して回った。西村さんの歌う日本語の原曲の他、中、韓、英、独、仏など16言語の歌を収録した。

 西村さんは「たくさんの人の思いのこもったCDになってうれしい」と話している。1枚1500円。5枚以上は1枚1200円で販売。収益は障害児らを支援する活動のために寄付する。問い合わせは、西村さん(0742-62-0783)
【高橋恵子】毎日新聞奈良支局

oyanokai2006 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2007年07月30日

全国訪問教育研究会・兵庫大会in神戸

7901c4fc.JPG 今日から8/1までの3日間、「全国訪問教育研究会・兵庫大会」が始まりました。全国からお集まりの先生方、親御さん、大変お疲れさまです。

記念すべき20周年記念大会、おめでとうございます!

 親の会は、この"全訪研"とは両輪の関係にあります。重度障害の子どもたちが、より幸せに暮らせるためいろいろとご指導を受けながら、親と教員双方の立場からの取り組みを多々行って参りました。教員の集まりですが、明日の「保護者と共に考える」分科会の中では親の会の話し合いが行われます。(毎年開催)5月の通信紙で会員のみなさまにはお知らせしてありますが、高知・福田代表はじめ、各地からの参加ご苦労さまです。内容をかいつまんでお知らせします。

大会テーマ
「手をつなごう、教育・福祉・医療 語ろう、重症児者の明日」
 
開催日時
2007年7月30日(月)〜8月1日(水) 開会13時00分(開場は12時より)
 
会場
神戸国際会議場  〒650-0046

 兵庫県神戸市中央区港島中町6-9-1
 TEL 078-302-5200  FAX 078-302-6485
    (JR三ノ宮駅からポートライナーで10分。
    または神戸空港からポートライナーで8分
    ポートライナー「市民広場駅」下車 徒歩2〜3分)
 
主催
全国訪問教育研究会(全訪研)




親の会分科会
(7/31 9:30〜16:40 
※12:00〜13:40は休憩、総会)

保護者とともに
 考える教育と福祉 各地の訪問教育の現状と課題を保護者・教育関係者・医療関係者で明らかにして、卒業後の生活を含めた自立支援法の課題、保護者の期待する教育や今後の展望などを話し合い、お互いに交流を深めましょう。
(※分科会終了後、30分程度、全国訪問教育親の会総会を開きます。)
◆中村 治子(横浜障害者サポートセンターぽれぽれ)


詳しい大会要綱は下川先生のHPから 
 

oyanokai2006 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2007年07月15日

「小さないのち」CDが完成!

1e3dc9e4.gif
 先般よりお伝えしている「小さないのち」のCDがほぼ完成とのご報告を受けました。石川の音さん・西村先生はじめ関係者の方々には大変お疲れさまでした。すばらしい出来栄えですネ。(^^♪

tiijaura.jpg 「小さないのち」って…
 ♪小さなはっぱのうらに てんとうむし見つけた〜
 あしもとの草むらに 蟻さん歩いてた…♪


 地面に目を近づけてよく見ると小さな虫や花たちが一生懸命に生きていることに気づきます。さらに土の中にはもっと小さな虫たちや微生物が土を育て、豊かな実りをもたらしてくれています。大きいもの、強いものだけでは生きていけません。生きているものみんながつながり合い、助け合って生きているのです。
いじめ、自殺、殺人、戦争、環境破壊などいのちの重みが見失われがちな今日、身のまわりの小さないのちをもう一度見つめてみませんか。きっとかけがえのない大切ないのちの輝きを見せてくれるはずです。・・・・(中略)・・・・・・・
小さな虫や花のいのち、私たちの隣人のいのち、戦争や災害で失われていくいのち、重い障害を持った子どもたちのいのち…そして私たち自身のいのち。
「生きているものすべてのいのちを大切に守っていこう !」
この歌のメッセージが世界中の子どもにも、おとなにも届くことを願っています。
           2007年7月          西村圭也
 

  
総合監修
 全国訪問教育「親の会」 顧問 (初代代表)  音 弘志

                     ごあいさつ
 今、こうして「小さないのち」のCD化が実現し、皆様にお届け出来ます事を心から喜んでいます。
 思えば平成7年8月、全国訪問教育「親の会」が誕生しました。それは障害の重い子にも、人並みに高等部の3年間、教育期間を延ばして欲しいという切実な思いからでした。以来、全国の皆様方のご理解ご協力により訪問教育に「高等部」設置も実現し、障害児教育に歴史的な一石となりました。
utikiranaide130.jpg
 同時に、先生方の全国訪問教育研究会のテーマソング「小さないのち」に出会ってこんな素晴らしい曲を、日本はもとより「全世界」に伝えねばの強い思いが私の心の中にありました。この事は14年間重い障害を持ちながら頑張って生きてきた今は亡き、我が息子や、多くの障害児(者)の心からの声だと確信しました。自分本位の世相の中で、自分の命も、すべての命も大切にする事を、静かにさわやかに呼びかけるこの曲を通して、全世界に伝えることができれば誠に幸いに思います。
 尚、CD化製作に当り、内容的によりネイテブなものに仕上げたく、国内外の多くの方からボランティア精神をベースとした温かいエールとご協力を頂きました。この友情を今後とも大切にし感謝すると共に厚くお礼を申し上げます。  本当に有難うございました。

世界に広がれ☆☆☆ 『小さないのち』        HROSHI OTO

 
booklet.jgp
kasi-program.jpg


※さらに詳しくは、後日親の会HPに掲載させていただきます。




oyanokai2006 at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!報告 

2007年06月24日

今日の「報道特集」

ajisai07.jpg 本日夕方のTBSテレビ系列「報道特集」にて、医療的ケアの必要な子どもたちの学校生活等が紹介されました。2005年10月23日「報道特集」や2006年10月28日「サタデーずばっと」に紹介された子どもたちの今をご覧になりましたか?

 青木鈴花さん、重實カンナさん、田中大貴くんの3人のその後の様子を知ることができて感激です。「医療的ケア」がありながら普通小学校に通う様子が3人とも生き生きとした表情で健常児と関り合う姿は、とてもすばらしいと思いました。道を開いてくれたことにアタマが下がります。ご覧になられた方は、ぜひコメント欄に感想をお寄せください。


oyanokai2006 at 22:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!報道 

2007年06月08日

「親の会」が新聞記事に

094439e8.jpg本日の公明新聞に、「親の会」の記事が掲載されています。「そこにドラマがあった」欄の、山口那津男議員の紹介記事からご覧いただけます。

(昨年10/15、「訪問教育親の会10周年記念大会」にご列席賜り、お祝いの言葉をいただきました。)-----写真:昨秋、山口氏提供 左から音氏・山口氏・紺野-----


※訪問教育高等部実現の際は、山口議員の他にも自民党・馳浩議員や共産党・元議員阿部幸代氏、他いろいろな方にお世話になりました。「親の会」は、一つの政党にこだわることはありません。

oyanokai2006 at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!お知らせ 

2007年06月03日

「小さないのち」CDは18バージョンに!

cd-gazo.jpg 先般からお伝えしている「小さないのち」のCD化作業が、少しずつ進んでいる模様です。本日、金沢・音氏からの報告によると、イタリア語版・ドイツ語版の収録のため、作詞・作曲者の西村先生も奈良から金沢入りして共にこの企画を進めているとのことでした。世界中にこの歌の輪が広がっていくことを、とても楽しみにしています。

 また、7/30(月)〜8/1(水)に、「神戸国際会議場」で開催される「全国訪問教育研究会20周年記念大会」---テーマ---「手をつなごう、教育・福祉・医療 語ろう、重症児者の明日」にて、制作発表・販売を行う予定です。全国からご参加のみなさん、この歌を世界へ広げていく担い手になっていただけるよう、どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>
 
          

oyanokai2006 at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!報告