大都会淡路島

淡路島生まれヒップホップ育ち

主に淡路島内の地名について書いてます
文章はあまり書けるほうではないですが、同士を見つけたくて始めました

ちなみに歴史、地理、民俗学、ヒップホップなど専門的な知識は一切ありません!
基本島外なので、たいてい情報源はネットです!
いつまでやる気が続くかわかりませんが、頑張ります!

現在、淡路島内の集落・町内会・自治会・隣保組織についての情報を募集中です

かなり放置してますが生きてます
そもそも誰か見てるのかしら?
下書きは何個かあるので、そのうちなんか上げときます…

忙しくて死にそうなんですが、つかの間の息抜きです

2月某日、自転車で阿那賀まで行ってきました
春日神社に行くと、神社によくある名前がいっぱい書いてある石を見つけました
見てみると、集落の名前が書いてあるじゃないですか!
新しい発見というよりは、仮説の裏付けとなったのですが、1時間かけて来たかいありましたね 
大鳴門橋もきれいに見えましたし
03
ただ帰りは地獄ですね
秘境にある温泉に行く人ってこんな感じでしょうね

今回、判明した事実は2つありました
①北栄は合成地名で、北と栄という集落がある
②水口という集落がある(たぶん北栄町内会)

よくわからないと思うので、これを見てください
anaga1
南あわじ市の自治会地図の一部です(出典:続三原郡史 画像引用元:福良学教室
この北栄がなんぞやということがわかったわけです

①に関しては、中と南がある上に、北川という川が流れているのでうすうすそんな感じしてました
②に関しては、らんらんバスのバス停に水口というものがあったこと、
明らかに他集落から離れていること、水口さんという家があることから、ほぼ存在は確信していました

とまあ、後出しじゃんけんはここまでにして、位置関係図っぽいのを置いときます
まず大雑把に阿那賀地域は丸山・阿那賀・伊毘に分けられるかな~と個人的に思います
1家に1台、1港で1地域みたいな感じで
anaga3


南あわじ市は丸山と阿那賀(阿那賀・伊毘)という2つの地域区分をつかってます
たぶん小学校(丸山・阿那賀)の校区によるものかと思います、もうどっちもないですけどね…

そして、大字(行政地名)としての「阿那賀」は西路・志知川地区を除いたすべての範囲です
阿那賀ってややこしい!
ということで、わかりやすいようにこうしてみました

西路と志知川を含む「阿那賀」   → 大阿那賀
含まない「阿那賀」       → 中阿那賀
阿那賀小の校区範囲の「阿那賀」 → 小阿那賀
阿那賀港周辺のみの「阿那賀」  → 末阿那賀

おみくじですね

というわけで、次は「末阿那賀」の拡大図です
anaga2

集落の境界は、例の石に載ってた名前と電話帳使って確定させました
神社いいですね、こういうこともあるので神社回りたくなりましたね

久々に記事書きましたが、次はいつ書けるのやら…
では!また!!!

(おまけ)
阿那賀の写真です 
続きからどうぞ 続きを読む

やっと一段落つきましたが、すぐ記事は書けないので、
1年前に書きかけてたのを持ってきました
というか、ほとんど書けてました

分類しやすいように個人的に住所表記について定義するのと、
よく用語がわかってない人向けの解説的な記事です
(自分もあんまりわかってませんが)
長いので続きからどうぞ
続きを読む

このページのトップヘ