ここ最近私の方が考えさせられています。


親だって逃げたくなるでしょうし、子どもだって逃げたいでしょう。


その合言葉のようなものが「無理はしなくていいんだ」なのかもしれません。



親も子も潰れてしまうくらいなら、ちょっと逃げようもありなのだろうと思ったりしていました。「それも必要な時間」とお話したりもしてきました。


しかしそれも当事者の皆さんからすると、そういうのも他人事だから言えることなのかもしれません。自分のことだったら本当にそう言えるの?と感じる方もいるかもしれません。




ちゃろさんのブログ


当事者である皆さんでも、その後選択した道によっても感じ方違うかもしれません。皆さんはどうお感じになっているでしょうか。


ご夫婦でも感じ方はもちろん違うはずです。

ご夫婦で「あなたは本当はどう感じてるの」と、ぜひ話し合う機会にしてもらえたらと思います。












あまり知られていないので、下記のリンクしばらく貼っておくようにします。

不登校が長くなりひきこもったときの行政の窓口
「ひきこもり地域支援センター」全国一覧電話番号




不登校の子どもを持つ親が、家庭で何か出来ることはないかと相談したい時









藤本がクライアントさんに行うプロファイリングの簡易版のリンクを作りました!親御さんがチェックすることで診断できます。子どもさん自身がチェックするものではありません。


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村←夏休み明けの波\( `皿 ´ クー)藤本FIGHTに一票



人気ブログランキング←お!また一位になったヾ(^。^)ノ。みんなのパワーに感謝しております!







 
↑Twitterフォローできます


↑LINEで読者になれます.


↑藤本のTwitterを見れます

fda2f86221735103e57104c09eff1857_s