不登校の子どもや親を支える支援のひとつにアウトリーチ型支援があります。



当センターでは訪問支援のみのサポートは行っていませんが、アウトリーチ型支援の必要性、有用性は日ごろから感じています。



本日14日、以前理事を務めさせていただいていた「家庭教育推進協会さん」が東京台東区でセミナー行われていました。

関西では9月21日(土曜日)に天王寺区で開催されるようですのご紹介させていただきます。





第一部の「不登校を支える訪問カウンセリング支援の現状」では事例のお話しを中心に、実際のケースでの介入支援の様子やその変化などのお話しのようです。





家庭教育推進協会さんのブログ




社会福祉事業の従事者や、医療、心理従事者、が、支援者のもとへ直接的に出向いて、心理的なケアとともに必要とされる支援に取り組むことをアウトリーチ、アウトリーチ型支援といいます。

アウトリーチは、支援を求める方が出向けないケースなどで有用です。



実例を直接うかがえる機会は多くないので多くの方に知っていただく機会がもっと増えることが望まれますね。


大阪でのセミナーには私もぜひ顔を出したいなと思っております!






最後まで読んでくださってありがとうございます。




あまり知られていないので、下記のリンクしばらく貼っておくようにします。

不登校が長くなりひきこもったときの行政の窓口
「ひきこもり地域支援センター」全国一覧電話番号




不登校の子どもを持つ親が、家庭で何か出来ることはないかと相談したい時









藤本がクライアントさんに行うプロファイリングの簡易版のリンクを作りました!親御さんがチェックすることで診断できます。子どもさん自身がチェックするものではありません。


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村←プロボーラーのように右腕を固定し始めた藤本FIGHTに一票



人気ブログランキング←書き物するときの姿勢が悪いのか?とあらゆるクッションを取り寄せ中(´;ω;`)ウッ…。みんなのパワーに感謝しております!







 
↑Twitterフォローできます


↑LINEで読者になれます.


↑藤本のTwitterを見れます

訪問