2021年09月21日 00:05

2005年(平成17年)9月21日のカリカセラピセミナーでカリカに出会ってから16年経ちました。
カリカに出会ってから16年経ちました
カリカセミナーではカリカを3包いただきましたがその場では食べずに持ち帰り、就寝前に私と妻は1包ずつ食べて寝ました。
夜は熟睡で翌朝は目覚め爽やかでした。

セミナーで教えていただいた通り、体の変化を確認しました。

すると、今までは起きる時に腰が痛い状態でしたが、その日の朝は痛くなかったのです。
あれ?これは治ったということ?

妻も目覚め爽やかで他に変化はないか聞きましたら「他にはない」という返事でした。
「昨日は肩こりだと言っていたけど?」と聞きましたら。
妻は「あれ?肩こりが消えている。」と言いました。(^^)

これは凄い。健康な体に戻るということだと実感しました。

それではと、義母は近年膝が痛くて正座が出来なくなっていました。
膝が痛くなる前に戻ったら正座が出来るようになるはずだということで義母に食べていただくことにしました。

毎日就寝前に1包食べていただきました。

1週間経った日にその後の変化を聞きに行きました。
「お母さんその後はどうですか?」と聞きました。
特に変化は感じていないようで「まあ。」という返事でした。
私は、「体が元に戻ったら正座できるようになりますからそのまま続けて食べて下さい」と言って家に帰りました。

家に帰ってから義母から電話があり「試しに正座してみたら出来ました」ということでした。(^^)
それ以来義母は以前のように正座をして生活することが出来るようになりました。(^^)

義母と母の正座姿の写真です。
左が、左から義母(84歳)と母(86歳)
2011年11月16日 
美と健康(カリカセラピで正座)
義母と母の正座姿の写真
義母の膝が元に戻って正座が出来るようになったので同じく正座が出来なくなっていた親戚の伯母さんにもカリカを食べていただきました。
すると、伯母さんはカリカを食べ始めて10日目に正座が出来るようになったのです。

私と親族の体験でカリカは体が健康になりしかもその変化が速いことを実感しました。

カリカは腰痛以外にも私の体に様々な奇跡を起こしました
   ↓
2012年10月05日
美と健康(私に奇跡を起したカリカセラピ)


カリカセラピは故舩井幸雄氏が「カリカは本物中の本物」と太鼓判を押されて製品で私が舩井幸雄グループ(株)本物研究所 販売店「19世紀の味京都農場」を創業したきっかけの商品でもあります。(^^)



「カリカセラピ」に関するお問い合わせは下記へ。       
  ↓
「19世紀の味京都農場」
Eメール:hironari@skyblue.ocn.ne.jp
フェイスブック:https://www.facebook.com/hironari.yamasita(山下 博成)




毎日、何もかもが、
どんどん、
良くなっています。
ありがとうございます。

毎日、体中が、
どんどん、
若返っています。
ありがとうございます。



2021年09月20日 00:05

今日は敬老の日、秋彼岸入り、空の日です。

私の地域は、以前は敬老会の対象年齢は70歳以上でしたが現在は75歳以上になっています。
以前なら私は敬老会出席資格があったのですが。(^^)
敬老会出席資格があったのですが
今日は地域の敬老会が開催され区長の私はスタッフで出動する予定の日でしたが、昨年も今年も新型コロナのため中止になりました。

ところで、敬老の日の対象年齢は何歳かを調べてみました。
  ↓
敬老の日とは、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」。
 対象は「老人」となりますが、何歳からという決まりはありません。 
ですので何歳でも間違えではないのですが、最近は特に若々しい方が増えているため、年齢だけで「老人」と線引きされて、敬老の日の対象になることに抵抗がある方もいらっしゃいます。

敬老の日の対象年齢の決めはないということですが、上記の条件を私に照らし合わせてみると。

「多年にわたり社会につくしてきた・・・」・・・私は社会に何をつくしてきたのか?(^^;
年齢だけで「老人」と線引きされて、敬老の日の対象になることに抵抗がある方もいらっしゃいます。・・・これは該当します。(^^)

私は75歳以上になっても敬老会には行きません。
何しろ、見た目は55歳で気持ちは27歳を目指して若返り大作戦を展開しているのですから。(^^)

私は生涯現役で、ピンピンコロリ(PPK)を目指しています。
生涯現役の健康寿命も120歳を目指す取り組みを9月末から始める予定です。(^^)

昔は私の集落では「老人会」がありましたが今はありません。
現在でも老人会のある集落はほとんどなくなりました。
「老人会」が無くなった理由は高齢化と後継者不足です。

高齢化時代でしかも平均寿命が延びている中で後継者不足とはおかしいと思われるかもしれませんが、私の集落の老人会では80歳になると実質的に卒業という感じだったようです。
私の母は老人会の会計をしていたことがありましたが、それが終わり80歳になると元気でも敬老会に行かなくなりました。
暗黙のうちにそういう風潮があったようです。
今の75歳はまだまだ若いですから、老人会だとか敬老会という気分ではありませんから老人会は自然消滅したようです。

敬老の日についてその他こんなことも
  ↓
敬老の日のルーツは戦後すぐの1947年(昭和22年)9月15日、兵庫県多可郡野間谷村が敬老会を催した「としよりの日」だと言われています。
としよりの日はその後全国に広まり、「老人の日」への改称などを経て、1965年(昭和39年)に国民の祝日「敬老の日」として制定されました。

現在、敬老の日は国民の祝日に関する法律(祝日法)で「9月の第3月曜日」と定められていますが、それまでは曜日に関係なく「毎年9月15日」でした。
その日になった理由には諸説あるものの、593年に聖徳太子が身寄りのない老人のための施設「悲田院」を設立した日が9月15日とされるのにちなんだと見られています。

なるほど。(^^)

今日は彼岸の入りですが彼岸とは
太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼びます。
この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。


空の日とは
「空の日」の起源は1940(昭和15)年に制定された「航空の日」が始まりです。
 1911(明治44)年9月20日に、山田猪三郎が開発した山田式飛行船が、滞空時間1時間の東京上空一周飛行をしたのを記念して制定されたものです。





毎日、何もかもが、
どんどん、
良くなっています。
ありがとうございます。

毎日、体中が、
どんどん、
若返っています。
ありがとうございます。


2021年09月19日 00:05

栗畑の大栗は16日に電気柵を設置し、17日には初収穫しました。
シバグリの収穫準備は昨年までは下にブルーシートを張って落ちた栗を拾い集めていましたが、動物の食害がありました。
今年は、栗が地面に落ちないようにし、しかも収穫が簡単な方法としてネットを張ってみました。
ネットを張ってみました。
沢山生っているシバグリの実がネットの上に落ちるという仕掛けです。(^^)
ネットの上に落ちるという仕掛けです
ネットは使わなくなった手持ちのネットを使いました。
ネットの幅は1mなのでそれを6枚つなぎ合わせて幅6m、長さ8mのネットを作りました。

ネットを繋ぎ合わせる紐はワイヤーメッシュを張ったとき撤収したネットに使われている紐を外して利用しました。
ネットを縫い合わせるためには編み棒が必要ですから真竹で編み棒を作りました。
予想以上に使い勝手が良かったです。(^^)
真竹で編み棒を作りました。
ネットの固定は仮設ですから状態を見ながら完成度を上げていきます。(^^)
シバグリ収穫用ネットの材料費はゼロ円。
作業賃はタダです。(^^)


大栗収穫2日目は3Kgの収穫でした。(^^)
3Kgの収穫でした
夜は発芽モード玄米栗ご飯にしました。(^^)
発芽モード玄米栗ご飯

これから10月の初めころまで栗の収穫が日課です。(^^)




毎日、何もかもが、
どんどん、
良くなっています。
ありがとうございます。

毎日、体中が、
どんどん、
若返っています。
ありがとうございます。


2021年09月18日 00:05

9月17日(金)の午後に栗畑に収穫準備のため行きましたら見事な栗が落ちていました。(^^)
見事な栗が落ちていました
周囲を見ると沢山落ちています。
沢山落ちています
とりあえず一か所に集めました。
とりあえず一か所に集めました
こんなに沢山落ちているとは予想していなかったため入れ物がありません。
止むおえず麦わら帽子を容器の代わりにしました。
麦わら帽子に一杯ありました。(^^)
麦わら帽子に一杯ありました
家に持ち帰って選別・計量担当の妻に渡しました。
初日の収穫量は1.95Kgありました。
初日にしては例年に比べて多いです。
風が少し吹いた関係だと思います。

じつは、そろそろ収穫時期になるのでということで、前日(16日)に電気柵を設置したばかりでした。
電気柵を設置したばかりでした
田んぼの電気柵を撤収して栗畑に移設したのです。

その日はイノシシが見逃した栗が3個落ちていました。
栗が3個落ちていました
落ちた栗をイノシシか何かが食べたようでしたので電気柵の設置はグッドタイミングでした。(^^)

拾った3個の栗は早速夜に栗ご飯にしました。
3合のご飯にわずか3個ですが初物です。(^^)
栗ご飯にしました

17日は栗畑の登り口に彼岸花が咲き始めていました。
毎年確認する彼岸花です。
ヒガンバナ

昨年の開花は9月25日でしたので今年の生物季節は昨年より早いです。(^^)
  ↓
2020年9月26日            
歳時記(25日 彼岸花が開花し始めました)           
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2020-09-26.html

2020年9月20日            
歳時記(栗畑に電気柵設置、初収穫)         
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2020-09-20.html

生物季節は昨年一昨年より早いですが2017年、2018年の栗の初収穫は9月17日でしたので今年は平年並みということになるかもしれません。

昨年のことはよく覚えていますが、一昨年やそれ以前のことはよほどのことが無い限り覚えていません。
その点では、ブログを書いていると役に立ちます。(^^)



毎日、何もかもが、
どんどん、
良くなっています。
ありがとうございます。

毎日、体中が、
どんどん、
若返っています。
ありがとうございます。


2021年09月17日 00:05

9月15日と16日に猪・鹿の侵入防止柵を設置しました。
15日に設置
侵入防止柵を設置しました
16日に設置
16日に設置
妻の実家の後ろに畑があり、何も作っていないのですが一部は近所の方に家庭菜園として作っていただいています。

何も作っていないといっても夜中に無断でウロウロされたり地面をほじくり返されるのは嫌ですからシカ網を設置していました。
しかし、設置してから年数が経ちだらしない状態になってきていました。
何とかしてほしいと何年も前から妻に頼まれたのですがようやく重い腰を上げて設置したわけです。(^^)

設置するからには、網でなくワイヤーメッシュですることにしました。

ホームセンターで販売されているワイヤーメッシュは少し細く、サイズは1m×2mです。
高さは2mの柵にしたいのですが幅1mのワイヤーメッシュを縦に並べると鉄筋の本数が沢山必要で経費がかさみます。

したがって、2m幅で2段重ねで高さ2mの柵にすることにしました。

出入口は蝶番を取り付けて開閉式にしました。
たまたま1枚使わなくなっていた戸があったのでそれを利用しました。
開閉式にしました。
設置場所の寸法を測って材料は事前に準備して作業は早朝2回に分けて涼しい時間に終わりました。

何も作っていないので猪・鹿対策というより妻対策です。
これで一安心です。(^^)

総工費1万円+α
労賃はタダ。(^^;



毎日、何もかもが、
どんどん、
良くなっています。
ありがとうございます。

毎日、体中が、
どんどん、
若返っています。
ありがとうございます。


2021年09月16日 00:05

長らくcloseされていた「時々ギャラリー」「カフェ KOBOだいもん」が9月12日から再開しますという連絡をいただきましたので14日に行きました。
14日に伺いました
中に入ると爽やかな癒しの空間が目に飛び込んできました。
いつもながら何とも言えない空間です。
中に入ると (1)

中に入ると (2)
前回は美味しいチャイを飲みました。
今回は「紅茶とオレンジ」のケーキとコーヒーを注文しました。
「紅茶とオレンジ」のケーキ
出来るまでの間作品を鑑賞しました。
今回の作品は花です。
今回の作品は花です
そうこうしているうちに美味しそうなケーキとコーヒーが出てきました。(^^)
美味しそうなケーキとコーヒー
「時々ギャラリー」「カフェ KOBOだいもん」は昨年から始められて今年になってようやく行くことが出来ました。
  ↓
2021年02月07日 00:05
「時々ギャラリー」「カフェ KOBOだいもん」でチャイを飲みました

その後妻が友達と行って、またチャイが飲みに行きたいと言っていた矢先に休業されたのでした。

その間の経過の一部始終を話していただきました。(^^)

休業の理由は、近所の方の山の奥にある竹林にタケノコ掘りに行かれたのですが収穫はゼロ。
あきらめて帰る時、急な斜面を竹を持ちながら途中までは順調だったのですが、次の竹の位置の目測を誤って下に転落されて「ポキッ!」と大きな音がしたそうです。
左足を見るとブラブラ。(^^;

携帯で近所の方に救急車を呼んでいただいたのですが到着までの時間が長いこと。
やっと到着されたのですが山の奥なので、山の斜面から農道の軽トラまではスノ―ボートのようなものに乗せられ、それからようやく救急車で病院に搬送されたのだそうです。

病院では応急手術と本手術の2回の手術で大変痛かったそうです。(^^;

入院中は新型コロナのため遊び絵塾の塾生も誰も面会できません。
しかし、今は便利な世の中でラインなどで交流されたそうです。

病院の食事は全く口に合わなくて困っておられたら塾生の方が入れ代わり立ち代わり美味しい料理の差し入れがあって病院食はあまり食べられなかったのだそうです。
ところがその事が担当医に知れて差し入れが止められたのだそうです。(^^;

入院期間は2ヶ月で経過は順調で8月にようやく釈放?ではなく、退院されたのでした。

骨折されたレントゲン写真を見せていただきましたが、鉄板とボルトが何本も。(^^;

先生はお酒が好きな方でしたので「入院中は禁酒令で辛かったでしょう」と聞きましたら、痛くてそれどころではなかったとのこと。

「退院されてようやく飲めますね。」と言いましたら、「退院して早速ビールを飲んだのですが美味しくなくて、おかしいなと思って濃いめの焼酎のロックを飲んでもどうも以前のおいしさがない」。
「お酒が美味しくなるのに時間がかかりそうだ」と話されました。
そんなことがあるのですね。(^^)

その他入院中と退院後のミーちゃんの様子などいろいろ話していただきました。

こんな事をブログに書いてもいいのかな?(^^)

ということで、「時々ギャラリー」「カフェ KOBOだいもん」の9月、10月、11月の予定は次の通りです。
予定は次の通りです
9月のオープン予定:19日(日)、20日(月)、22日(水)、23日(木)
10月のオープン予定:9日(土)、10日(日)、11日(月)、12日(火)
11月のオープン予定:14日(月)、15日(火)、16日(水)、17日(木)
オープン時間 10:30〜16:00

今回はミーちゃんに会えませんでしたが次お茶しに行ったときには。(^^)



延期されていた第十四回塾生作品展が下記日程で開催されます
第十四回塾生作品展
久美浜会場:10月16日(土)〜10月23日(土) 19日は休み AM11:00〜PM4:00(最終日はPM3:00まで)

神戸会場:11月1日(月)〜11月4日(木) AM10:00〜PM6:00(初日はPM1:00から 最終日はPM3:00まで)



2021年09月15日 00:05

先日、注文していた「LIFE SPAN」「老いなき世界」を地元の本屋さんに取りに行きました。
「LIFE SPAN」
皆さんの中には本はAmazonで購入される方があるかと思いますが、私はAmazonは利用しません。
本は、地元の本屋さんから買います。
理由は、私が購入した本の代金は地元の本屋さんに支払いますから僅かではありますが私のお金が地域で循環します。
Amazonで購入されるとお金は地域外に出てしまいさらに外国に出てしまいます。

地方の活性化を声高々に叫んでいる方の中にはAmazonで購入される方があるかもしれませんね。
有言不実行。(^^)

本題に戻りまして、購入した本はデビッド・A・シンクレア/マシュー・D・ラプラント[著] 梶山あゆみ[訳]の分厚くて小さな字ばかりで難しそうな本です。(^^;

この本は、人間の寿命は昔に比べ少しずつ伸びてきているが、人間の寿命は最長で120年と言われています。
寿命が延びてきているとはいえ正確に確認できた人で120歳まで生きた人はまだ1人しかいないそうです。
100歳を超して生きたとしても健康でなければ面白くありません。

そもそも、人間の寿命は本当に120年ほどなのか?
不健康と寿命の限界を取っ払ったら健康寿命120歳は当たり前になるのではないか。

空を飛ぶことなど夢物語で笑われたことがライト兄弟によって非常識が常識に変わった=革命が起きた。

インターネット革命もしかり。

ブロックチエーン革命はすでに始まっています。

次は健康長寿命革命です。
動物に備わっている長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子を活性化させると健康長寿が可能であることがマウス等の実験で確認され人間でも実証されつつあります。

長寿遺伝子の活性化には「レスベラトロール」が良く知られていますが「NAD(ニコチアミド・アデニン・スレオチド)」がサーチュイン遺伝子を活性化することが分かつています。
しかし、「NAD」は摂取しても体内には吸収されないという代物です。
そこで、「NAD」を体内で増やすことが出来る「NMN」の出番です。

しかし、サーチュイン遺伝子を活性化するだけでは
まだ不十分なのだそうです。
それは、細胞分裂が終わった細胞がそのまま居座るゾンビ細胞がガン化したり正常細胞をゾンビ化させるのだそうです。

そこで登場したのが老化細胞除去効果のある「ケルセチン(D+Q)」です。

長寿遺伝子を活性化させる「NMN」にゾンビ細胞を除去する「ケルセチン(D+Q)」を加えたら最強の健康長寿サプリになりますね。

ということで(株)本物研究所より9月末から新発売される「NMN+Q」という商品を自ら体験し販売するために本を買ったのです。(^^)
「NMN+Q」
「NMN」に「ケルセチン(D+Q)」がプラスされた製品は世界で初めてだそうです。

私は既に若返り大作戦を展開中ですが「NMN+Q」で更にパワーアップして革命的な健康長寿を目指します。(^^)

「NMN+Q」に興味がある方は連絡ください。



毎日、何もかもが、
どんどん、
良くなっています。
ありがとうございます。

毎日、体中が、
どんどん、
若返っています。
ありがとうございます。


2021年09月14日 00:05

9月13日に新米の白ご飯を食べました。
新米の白ご飯を食べました
ご飯の上には自家製の梅干しを乗せて。(^^)

私は普段は発芽モード玄米ご飯を食べています。
白ご飯を食べるのは寿司を作る時など特別な時と外食の時だけです。

新米が出来た時は必ず白ご飯を炊いて食べます。
白ご飯にするとその年のお米の味の特徴がわかり易いからです。

13日の朝エチエ農産に玄米を引き取りに行きました。
予想通りかなり少ないです。(^^;
エチエ農産に玄米を引き取りに
早速スーパー「ジョイクックおくだ」さんの店頭に設置されている精米機で精米しました。
精米機で精米
精米の白度は標準です。
無洗精米もできますが、精米をし過ぎると旨味の層まで削ってしまうため食味が落ちます。


炊飯はいつも通りに「キパワーソルト」と「Ion5」を入れて炊きました。
炊飯はいつも通りに
炊飯器は遠赤外線調理器「スーパーラジエントヒーター」で、自動炊飯機能を使って炊きました。
28分で炊けます。
自動炊飯機能を使って
炊けました。
15分蒸らして出来上がりです。
カニ穴もできてふっくら美味しそうです。(^^)
炊けました
自家製の梅干しと一緒に「いただきま〜す!」(^^)
「いただきま〜す!」
以前は、今年のコメは美味しいとかどこそこのコメは美味しいとか不味いとか比較していましたが、我が家のお米はどうかと言いますと今年のお米の味がしました。(^^)

というのは、我が家のお米は無農薬・無肥料栽培ですからその年のお米の味は自然の天候と田んぼの生き物たちによって作り上げられたものです。
したがって私が偉そうに「今年のコメは美味しいとか不味い」という資格はないのです。

1口、1口食べながら「今年はこういう味か。お天道様、田んぼの生き物の皆さんご苦労様でした」という感じです。(^^)





毎日、何もかもが、
どんどん、
良くなっています。
ありがとうございます。

毎日、体中が、
どんどん、
若返っています。
ありがとうございます。


2021年09月13日 00:05

9月12日から株飛ばしを始めました。
株飛ばしをした人はこの人。(^^)
株飛ばしをした人はこの人
株飛ばしといっても株式市場の株の取引ではありません。
稲の株飛ばしです。(^^)

8時30分作業開始。
8時30分作業開始
目的は、耕耘ではなく稲株の破砕と雑草の除草です。
したがって耕耘の深さは10センチ以下です。
耕耘の深さは10センチ以下
ロータリーの回転は最高にして走行速度は最低速です。
走行速度は最低速
稲株は引き裂かれて小さくなりました。
引き裂かれて小さくなりました
稲株が細かくなると分解されやすくなるため来年のコナギの発生が多少抑えられます。(^^)

1時間半かかってようやく最後の耕耘です。
最後の耕耘です
ようやく10アールの株飛ばし作業が完了しました。(^^)
株飛ばし完了
引き続き次の田んぼの作業に取り掛かりましたが田んぼの水分が多くて途中で作業は中断です。(^^;
途中で作業は中断です
他の田んぼにはまだ水が溜まっています。
まだ水が溜まっています
今後は田んぼの乾き具合と天気予報と睨めっこしながらなんとかこの天気が続いている間に作業を終わらせる予定です。

京丹後の秋の天候は女心以上に変わりやすくしかも読めません。
(^^)



毎日、何もかもが、
どんどん、
良くなっています。
ありがとうございます。

毎日、体中が、
どんどん、
若返っています。
ありがとうございます。



2021年09月12日 00:05

9月4日から体温を測り始めました。
朝起きてすぐと夕方の2回測定で下の表は昨日までの測定記録です。
2021-09-11 17.10.09
朝が低めで夕方が高めです。

じつは体温測定は2010年から始めて、2013年の9月から本格的に観察しながら2019年の初めころまで続けていましたが、体温計の電池が切れたので最近まで中断していましたが電池を入れ替えたので再開したということ。(^^)

本格的に体温測定を始めた2013年9月の記事です。
  ↓
2013年09月07日 
美と健康(体温を計ってみました。35.5℃〜36.8℃)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2013-09-07.html
その時掲載した体温検温記録の表です。
2013年09月07日
35℃台や36℃という体温の日が結構ありました。
人間の体温は36.5℃という認識でしたので35℃台の体温は意外であり、健康面で食事には注意している私としては不本意でした。

2010年の記録です。
青の35℃台が目につきます。
2010年の記録です
体温は免疫力と関係が深いのです。
免疫細胞が正常に働ける体温は36.5℃。 そこから体温が1℃上がると最大5倍〜6倍も免疫力が上がり、逆に1℃下がると免疫力が30%下がるといわれています。
病気になったときに発熱するのは、体が体温を上昇させることで免疫細胞を活性化させ、病気と戦う力を上げようとしているからなのです。

50歳代に対して65歳以上の高齢者は平均体温が低くなるそうです。

若さを目指すには高体温の体にする必要があります。

私は10年前に比べて平均体温が高くなっていますから若返ったということです。
以前より体温が高めに安定している理由は毎朝飲んでいる「スパークルドリンク」の効果だと理解しています。

体に良いことは重ねて実行すると更に効果が上がります。
ワクチンでない本物の「ブースター効果」(^^)


《過去の関連記事》

20100311
美と健康(あなたの体温は何度ですか?)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2010-03-11.html

 

20130907 
美と健康(体温を計ってみました。35.〜36.
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2013-09-07.html

 

201628 
美と健康(バイオラバーで高体温の体つくり) 
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-02-08.html

 

2016213 
美と健康(バイオラバー使用3週間経過) 
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-02-13.html

 

201648 
美と健康(1日1食だと高体温傾向?) 
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-04-08.html

 

2016921 
生活習慣美容(夕方の体温が36.でした) 
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-09-21.html

 

2017131 
生活習慣美容(1月の体温は最高37、最低36. 
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2017-01-31.html

 

2017515 
生活習慣美容(エアロドームシェイプアップベルトで高体温、ダイエット) 
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2017-05-15.html

 

20181018 
生活習慣美容(体温、便秘、風邪、花粉症)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2018-10-18.html

 

2019114 
生活習慣美容(体温が少しづつ高くなってきています)
 
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2019-01-14.html





毎日、何もかもが、
どんどん、
良くなっています。
ありがとうございます。

毎日、体中が、
どんどん、
若返っています。
ありがとうございます。


Archives
livedoor プロフィール

京丹後のおやじで...

Recent Comments