2017年02月22日

2月10日〜11日に我が家の庭に積もった約70僂寮は昨日(20日)の雨でかなり消えました。

雨でかなり消えました



まだ少し雪が残っていますが雪が解けた所には水仙がツボミを伸ばしていました。

水仙がツボミを伸ばしていました



ツボミの長さは14センチです。

ツボミの長さは14センチ



葉の長さは5センチです。

葉の長さは5センチ


水仙の伸びる速さはその年の積雪と関係があるようです。
今年は昨年同様に遅い雪で、しかも沢山積もりました。
今年の春は実質的には2月26日頃からですのでそれ以降は一気に春の陽気が進むことでしょう。(^^)

昨年の水仙の様子は下記のとおりでした。(^^)
  ↓
2016年2月12日
歳時記(水仙のツボミが12センチになっていました)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-02-12.html

2016年2月16日
歳時記(三寒四温)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-02-16.html

2016年2月17日
歳時記(2月16日はこの冬一番の積雪がありました)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-02-17.html

2016年2月21日
歳時記(雨水)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-02-21.html

2016年2月28日
歳時記(水仙のツボミが25僂砲覆蠅泙靴拭
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-02-28.html




oyazi19seiki at 00:05コメント(1)トラックバック(0) 

2017年02月21日

2月20日の朝10時頃の国道の温度表示は8℃と暖かで雨模様。
昼過ぎになると国道は雨で雪が解けて濃霧が発生していました。

昼過ぎになると国道は




車窓から見える家は雲の上のように見えます。(^^)

車窓から見える家



幻想的な風景です。

幻想的な風景です



田んぼの中の「堂垣」。

田んぼの中の「堂垣」




2月12日には約70僂寮兩磴世辰燭やじの田んぼの雪はほとんど消えてしまいました。

おやじの田んぼ



暖かい雨が降ると一気に雪が解けます。
名付けて「暖雨で雪解け濃霧現象」。(^^)

朝突風が吹きました。
春1番だったようです。
   ↓
近畿でも春一番 発表は4年ぶり
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00010002-wmap-soci
ウェザーマップ 2/20(月) 15:21配信
きょう20日は東海地方に続き、近畿地方でも「春一番」が吹いたと発表があった。
近畿で春一番が吹いたのは、4年ぶり。


春一番(はるいちばん)は、北日本(北海道・東北)と沖縄を除く地域で例年2月から3月の半ば、立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風。春一番が吹いた日は気温が上昇し、翌日などは寒さが戻ることが多い。これを「寒の戻り」と言う。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E4%B8%80%E7%95%AA



oyazi19seiki at 00:05コメント(4)トラックバック(0) 

2017年02月20日

我が家は、塩は還元力のある塩(錆びない塩)の「キパワーソルト」を使っています。
キパワーソルトは、昔ながらの塩田で伝統製塩法で作られた天日塩を高温で焼成した焼塩です。

キパワーソルトは



昨年11月27日に開封した250g袋を84日で使い切りました。
夫婦2人で1日当たり平均消費量は2.79gですので1人1日当たり消費量は1.48gになります。

今回の消費量は少し少ないです。
もう少し多く消費するように心がけたいと思います。
自然塩はミネラルの宝庫で健康には欠かせません。

人間だけでなく動物も同じです。
家畜は塩が不足しないように岩塩を舐めさせるなどしています。

ただし、塩化ナトリウム99%以上の精製塩は工業用で食べるものではありません。
食塩として売られていますが毒です。



昨年の大晦日に開封した「イリアール ゲルモイスチュアライザー」を使い切りました。

イリアール ゲルモイスチュアライザー



500gを50日で使い切りましたので、1日当たり平均消費量は10gです。
夫婦2人で使っていますので1人1日当たりの平均消費量は5g。

冬は乾燥するので夏場に比べて消費量は少し多いです。(^^)


良い生活習慣は美と健康に良いです。(^^)



還元塩の「キパワーソルト」と水クリームのイリアール「ゲルモイスチュアライザー」にご興味のある方は、下記に連絡ください。

Eメール:hironari@skyblue.ocn.ne.jp

フェイスブック:https://www.facebook.com/hironari.yamasita(山下 博成)



oyazi19seiki at 00:05コメント(6)トラックバック(0) 

2017年02月19日

2月16日に新聞各社は、国立がん研究センターなどの研究班の発表を掲載しました。
http://www.asahi.com/articles/ASK2H724VK2HUBQU01R.html

内容は以下の通り

国立がん研究センターなどの研究班は16日、がん患者を10年間追跡した生存率を発表する。
2000〜03年の4年間にがんと診断された約4万5千人の10年後の生存率は58・5%だった。
がんが初期で見つかった人ほど生存率が高く、検診を定期的に受けることの重要性が示された。

がん10年生存率


この記事を読んで皆さんはどう思われたでしょうか?
「早期発見、早期治療が大事だ。」と思われた方が多いと思います。

私は「がんビジネスに誘い込む罠」と見ています。

なぜなら、がんは生活習慣病です。
つまり、がんの原因は間違った生活習慣にあるのです。
したがって、生活習慣を正してがんの原因を無くしたらがんは存在できません。
生活習慣が原因ですから、抗がん剤、手術、放射線照射で治せるはずがありません。
これらは免疫力を低下させて自己治癒力を弱らせてしまいます。

現在のがん検診の普及とがん治療(抗がん剤、手術、放射線照射)の結果は下記のグラフの通りです。

下記のグラフの通りです

がん検診と治療技術の向上により、がんの発症率も死亡率も見事に右肩上がりです。(^^;



《昨年の関連ブログ記事》

2016年7月6日
美と健康(癌を増やすためのガン検診、定期健診)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-07-06.html

2016年10月27日
美と健康(「癌」の原因)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-10-27.html

2016年10月28日
美と健康(「癌」にならないために私がしていること)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-10-28.html

2016年12月9日
美と健康(ガン検診大国日本)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-12-09.html



oyazi19seiki at 00:05コメント(2)トラックバック(0) 

2017年02月18日

今日は二十四節気の「雨水」です。
「立春」より15日目になります。
陽氣が地上に発生し、降り積もった雪や氷が解けて水となり、またその水が雨になってくるという頃です。

雪や氷が解けて水となり

17日は暖かい雨で川は雪解け水で増水しました。

川は雪解け水で増水しました

川沿いの桜のツボミはまだ固いです。

川沿いの桜の


おやじの田んぼは雪で真っ白です。

おやじの田んぼは雪で真っ白


積雪は22センチ


2月12日には70僂曚廟僂發辰神磴睥匹融けて20〜22僂砲覆蠅泙靴拭
田んぼの生きものたちは雪の下でヌクヌクです。
なぜなら、分厚い雪布団で凍ることがありませんから。
カマクラの中にいるようなもの。(^^)

三寒四温。
日を追うごとに暖かくなります。
今年は春の訪れが昨年より11日は早いですよ!(^^)



oyazi19seiki at 00:05コメント(2)トラックバック(0) 

2017年02月17日

私と同世代の会話は、病気の話、病院の話、薬の話が多いです。(^^;
血圧を下げる薬は一般的過ぎて話題になりません。
話題に多いのは、腰や膝、肩などの痛みに関する会話です。

会話に出て来る薬は「ロキソニン」。
ロキソニンは抗炎症剤、鎮痛剤として処方されています。
痛いと言ったらロキソニンの飲み薬、貼り薬。
薬を沢山出してくれる病院が評判の良い病院。(^^;

そのロキソニンについて重大な副作用があることの記事が先日フェイスブックでシェアされました。
  ↓
ロキソニンやばい?大阪市大、炎症性サイトカインが薬剤性小腸傷害を引き起こすことを確認
 
http://blog.clubibd.net/archives/7466


以下転載
私たちクローン病患者が痛い時に何かとお世話になっているロキソニン。
ロキソニンは非ステロイド抗炎症薬(NSAID)です。
そのロキソニンを使うのを躊躇させる衝撃的で困った記事を見つけてしまった。

【大阪市大、炎症性サイトカインが薬剤性小腸傷害を引き起こすことを確認】
 大阪市立大学(大阪市大)は5月29日、解熱や痛み止めなどに広く使われている「非ステロイド性抗炎症(NSAID:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug)」による小腸傷害が炎症性サイトカインの1つである「TNF-α」により引き起こされることを、NSAIDを長期服用中の関節リウマチ患者を対象としたカプセル内視鏡による研究で明らかにしたと発表した。
 同成果は同大大学院医学研究科 消化器内科学の渡邉俊雄 准教授らによるもの。
詳細は英国の消化器専門誌「Gut」オンライン版に掲載された。
NSAIDは、感冒患者の解熱から変形性関節症や関節リウマチなどの骨関節疾患患者の鎮痛まで広く使用されている薬剤で、例えばNSAIDの1つである低用量アスピリンは心筋梗塞や脳梗塞の予防に用いられている。
しかし、NSAIDの長期服用はさまざまな副作用を引き起こすことが知られており、中でも深刻なのが潰瘍やビランなどの胃腸傷害で、重症例では出血や穿孔を来たし死に至ることもある。


薬には必ず副作用があります。
ロキソニンの用法、用量、使用上の注意、副作用は次のように書かれています。

次のように書かれています



薬の効果も副作用も、薬の作用。

薬を常用すると確実に体がやられます。よ!(^^;



oyazi19seiki at 00:05コメント(4)トラックバック(0) 

2017年02月16日

皆さんは、自分の体温をご存知ですか?
測っていますか?

一昨日フェイスブックの内海 聡氏の「体温をあげる方法」の記事をシェアしました。
  ↓
内海 聡
体温をあげる方法
https://www.facebook.com/hironari.yamasita/posts/1261283013959520

体温と健康状態の関係

低体温はガンをはじめとして病気になりやすいです。
高体温の体にするために生活習慣を見直す参考になるのでこのブログに掲載しました。


以下記事を転載

体温をあげる方法

某医師のウォールを見ている人なら低体温が病気のリスクであり、癌その他の入り口になることは知っていることでしょう。
しかし実際に体温をあげる方法となると悩んでしまうものです。
実は簡単なことですが一般人は気付いていないようなので、その方法や食べ物を考察してみましょう。

1.砂糖や精製穀類などの精製物をやめる
 これらはやってみるとすぐにわかりますが、砂糖は麻薬の言葉通り一番難しかったりします。
また砂糖は止めれたけど精製穀類は止めれないという人がたくさんいますが、GI値も高く砂糖に近い組成なので要注意です。


2.筋肉量を増やす

 これはイメージはわきやすいでしょう。
スポーツ選手やむきむきキン肉マンで低体温の人はまずいません。
筋肉は発熱機関であり第二の心臓でもあります。
内側の筋肉を鍛えなさいなんてよく言いますね。


3.添加物や農薬や経皮毒類など化学物質を遠ざける

 これも分かりやすいでしょう。
これらは抗生物質やクスリに近い作用があり、ホルモンを乱し体温を下げる傾向があります。
コンビニやジャンクばかり食べていれば病気になりやすいのは当たり前。


4.動物性食品を食べる

動物性食品は悪いという人がいますけど、人類の歴史は動物性食品摂取の歴史であり、質を選べば悪いということはありません。
多種な栄養素とタンパク質を含み体を作るのに役立ちます。
肉にこだわらず魚貝や卵も重要です。


5.野菜は要注意

 野菜=ヘルシーと思っている人がいますけどこれも要注意です。
野菜には特に旬がありますので体を冷やすモノがあると東洋医学では教えます。
にんじん、ごぼう、大根などの冬野菜や根菜は体を温めるといい、ナス、ピーマン、トマト、ゴウヤなどは体を冷やすと教えます。
ただ、だからといって夏野菜が悪いわけではありません。


6.温めなさいでよいのかどうか

 よく温泉に入りなさい、半身浴しなさい、服を何枚も着なさいというのがありますけど良いとばかりいえません。
これらは外的に温めている部分が強く、体がそれに適応してしまう可能性があります。
野生や生物の原則から考えれば着すぎは問題です。暖衣飽食病の元という言葉もありますから要注意。
ちょっと寒いと思えるくらい一枚減らすことを私は勧めています。


7.冷暖房を使い過ぎない

 これも同様の考え方で要注意です。
ヒートアイランドの都会では必要かもしれませんが、昔は冷房がなくても脱水になどなりませんでした。
季節を感じられないほどの空調は体を壊しますので要注意です。


8.常在菌を多く保つ

 これは腸内細菌を多くするという意味と、皮膚や口の中の菌を殺菌しないという二つの意味が含まれます。
アレルギーは清潔病であるという藤田紘一郎氏の有名な言葉もありますね。


(画像はネットよりお借り)


以上参考にされて高体温で健康な身体をつくりましょう。
まずは自分の現在の体温を知ることから始めましょう。
体温は1日の中でも変化しますが、35℃台の体温の場合は立派な低体温です。よ!(^^)


私の1月の体温はこんな感じでした。
  ↓
2017年01月31日
生活習慣美容(1月の体温は最高37℃、最低36.2℃)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2017-01-31.html



oyazi19seiki at 00:05コメント(4)トラックバック(0) 

2017年02月15日

昨日から毎日愛用していたマグカップを替えました。
左が今まで愛用していマグカップで右が新しいマグカップです。

マグカップを替えました



替えた理由は、今までのマグカップが割れたから。
割れた理由は、鉄パイプが倒れてマグカップを直撃したから。(^^;

マグカップが割れたから



じつは、割れる前日に食器棚に置いてあつた右のマグカップが目に留まり久しぶりに飲んでみたくなって出したのでした。
左のマグカップから右のマグカップに替えるように割れたとしか思えません。
なぜなら、鉄パイプが倒れた所にはもう一つコーヒーカップがあったのですが、このマグカップに狙いを定めたように倒れて直撃しました。

新しいマグカップは、衙槓研究所創業10周年記念行事に出席した時に頂いた記念品です。
   ↓
2012年11月30日
本物研究所 創業10周年行事に出席しました(夢☆叶ミーティング2012)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2012-11-30.html
すばらしい記念品をいただきました。

創業10周年記念行事



このマグカップは「銀河の器」とういう商品です。

「銀河の器」とういう商品




「銀河の器」の開発者・山本虔山氏の作品です。
「銀河の器」は故 神坂新太郎氏が開発された銀河運動装置で作った水「E水」を再現できる器です。

割れたマグカップの容量は350ccで「銀河の器」は300ccです。
「銀河の器」に普通に入れると250ccです。
2杯で500cc
朝起きてすぐのこのマグカップに還元水を入れて飲むと健康に良いです。(^^)



oyazi19seiki at 00:05コメント(4)トラックバック(0) 

2017年02月14日

私は近年からカマキリの産卵の高を観察し、積雪予想をしています。
観察以来毎年ドンピシャリでカマキリの予察能力には感心しています。

この冬の我が家の庭のサツキに産卵した卵鞘の位置は地面から69センチの高さでした。

69僂旅發気任靴



観察を始めて以来最も高い位置です。
カマキリの予知能力が正確なら、今年の冬の最大積雪量は我が家の庭のこの場所では69僂箸いΔ海箸砲覆蠅泙后
  ↓
2016年10月30日
歳時記(カマキリ予報官の今年の最大積雪予想は65センチ前後)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-10-30.html

69僂寮兩磴篭畴では大雪です。
果たしてこれだけの大雪になるか私自身半信半疑でした。


今年は旧正月は大雪で新年を迎えると予想されていました。
予想通り1月23日に大雪警報が出て24日の朝は32僂寮兩磴砲覆蠅泙靴拭
  ↓
2017年01月24日
歳時記(今年は大雪で明ける)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2017-01-24.html

積雪量は場所によって異なります。
積雪後の状況を確認しました。
  ↓
2017年01月27日
歳時記(積雪後にカマキリの卵鞘を確認しました)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2017-01-27.html


2月12日の朝、卵鞘の近くの積雪を測るとドンピシャリの69僂任靴拭

69僂任



今年は1月の積雪が最高だと思っていましたがやはりカマキリの予知能力の方がはるかに正確でした。
これから降ったとしても69僂鯆兇┐襪海箸呂覆い任靴腓Α(^^)


カマキリの卵鞘のあるサツキは雪に埋もれていますがカマキリの想定内です。(^^)

カマキリの卵鞘のあるサツキは雪に埋もれて




キウイの棚は積雪でズッシリ重そうですが、スジカイがしっかりしてあるので倒壊する心配はありません。(^^)

キウイの棚





《経過のブログ記事》

今年の最大積雪は、カマキリ予報官によりますと65センチ前後。
   ↓
2016年10月30日
歳時記(カマキリ予報官の今年の最大積雪予想は65センチ前後)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2016-10-30.html


2017年01月24日
歳時記(今年は大雪で明ける)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2017-01-24.html


2017年01月27日
歳時記(積雪後にカマキリの卵鞘を確認しました)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2017-01-27.html




oyazi19seiki at 00:05コメント(4)トラックバック(0) 

2017年02月13日

2月10日の朝、大雪警報が出ましたが積雪の気配なし。
ところが、朝10時頃から降り始めた雪は本降りで見る見るうちに積って11日の朝は大雪。

11日の朝は大雪


10日の夕方までに車の屋根に積もった雪は綺麗にして翌朝この積雪。(^^;

車の屋根に積もった雪



11日の朝には我が家の庭で60僂寮兩磴任后

60僂寮兩磴任



1日でこれだけの積雪は珍しいです。
早速除雪機で除雪ですが、除雪機のオーガハウジングの高さより積雪量が多いので除雪機の回転部分は雪に潜りながら除雪です。(^^)

早速除雪機で除雪です



12日の朝は晴れて気持ちが良い1日でした。(^^)

12日の朝は晴れて気持ちが良い



11日の夜に少し積もったので軽く除雪。(^^)

11日の夜に少し積もったので



除雪した道の雪の壁。(^^)

除雪した道の雪の壁



12日に大雪警報は注意報にかわり、今回の大雪は一段落しました。
家の前の除雪していない場所の積雪量を測りました。
69僂任后

69僂任



私は、この69僂郎Gの冬の最大積雪量になると断言します。
そう断言する理由は明日掲載します。(^^)


週間寒気予想では、18日に再び寒気が降りてくるのでまた少し積もるかもしれません。(^^;
http://www.ystenki.jp/kanki.html

2月18日の寒気



これから降る雪は、気温も高く、日も長くなるので消えるのが早いので安心です。(^^)




oyazi19seiki at 00:05コメント(6)トラックバック(0) 
Archives
livedoor プロフィール
Recent Comments
Recent TrackBacks