2009年11月13日

おやじの田んぼ(玄米の発芽確認)

京丹後のおやじは「発芽玄米食」をしています。

20年産の玄米(現在食べている)と今年収穫した玄米(平成21年産)の発芽確認試験をしました。

玄米を発芽器(約28℃)に24時間入れて催芽(さいが)=芽だしをしました。
11月1日に、トレーに脱脂綿を置き、水を含ませた上に催芽(さいが)した玄米を20粒づつ並べました。。
11月1日実験開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



写真の左が平成20年産玄米、右が平成21年産玄米
(注、20年産は、春から低温庫で保管しています。)


並べた玄米を近づいて見ました。
11月1日(左:20年産、右:21年産)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


20年産(左)より、21年産(右)の方が玄米の太りがいいように見えます。
右上の胚の部分が盛り上がって発芽状態になっていることが分かります。


11月3日(2日目)
11月3日(2日目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


白い根が元気よく伸びてきました。


11月3日、近づいて見ると、芽もまっすぐ上に伸びています。
11月3日(2日目)左:20年産、右:21年産

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月4日(3日目)、ほとんど発芽しました。
11月4日(3日目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


11月6日(5日目)、芽も1センチ以上伸びています。
11月6日(5日目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時点で発芽しない玄米が20年産、21年産とも1粒ありましたがその他は全て発芽しました。
発芽の勢いや揃いは21年産の方が僅かにいいように見えます。

 

11月9日(8日目)、早いものは第1葉が少し開いています。
11月9日(8日目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



11月11日(10日目)
11月11日(10日目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


11月11日、近づいて見ました。
11月11日

 

 

 

 

 

 

 

 

 


白い根と緑の芽が元気よく伸びています。


発芽確認の結果。
1.発芽率には差がありませんでした。
2.発芽勢、発芽揃いは平成21年産の方が僅かにいいように感じました。

 


京丹後のおやじが発芽玄米食をしている理由の一つが「お米の命がいただける」ことです。

お米は精米をすると胚が取れてしまうので死んでしまいます。
また、輸入穀物は害虫の侵入とカビを防止するため農薬でくん蒸消毒します。
くん蒸消毒すると穀物の胚は死んでしまいます。
したがって輸入穀物を食べるということは、ポストハーベスト農薬(収穫後農薬)のリスクと生命エネルギーのない穀物を食べることを意味します。

鮮度のよい魚の一夜干しは美味しいですが、鮮度の悪い魚の一夜干しは美味しくありません。

魚の一夜干し自体は生きていませんが、生命エネルギーは沢山残っていると理解しています。

皆さんもされてはどうですか生命エネルギーを食べる食生活を。

「ご飯は白いご飯がご馳走」の感覚は戦後の食料不足の時代の名残で、古いですよ。(^^)

まずは、発芽玄米食(玄米食)からはじめましょう。(^^)

明日は、ミシュラン京都・大阪で三ツ星を獲得された「京都吉兆」の徳岡邦夫総料理長さんの技を応用した「京丹後のおやじ流」発芽玄米の炊き方を掲載します。

必見ですぞ。(^^)


 

 

人気ブログランキング。
貴方の一押し↓が京丹後のおやじのブログの支えです。
m(_ _)m (^^)

人気ブログランキングへバナー


人と自然の美と健康を目指す方はポチッ!(^^)

 

丹後には ええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、 牧場バーベキュースポット、
19世紀の味の店
ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。
鯛めし
京野菜などの ごはんも充実。丹後の地酒、手摘みの ブルーベリーも要チェックです。
開運印鑑
琉球畳筆文字制作東洋医学療整院のご相談もお気軽にどうぞ。



oyazi19seiki at 00:08コメント(14)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

14. Posted by 京丹後のおやじです   2009年11月14日 00:19
日南海岸黒潮市場フルサワ さん

こんばんは

>今日は早朝より仕事があり、更新してから伺いましたが

お忙しいところわざわざご訪問いただきありがとうございます。(^^)

>実は、私が明日から書こうかなあ〜と思ってたことが、こちらに書いてあったからです!

そうでしたか(^^)


>ところで、おやじさんは安保徹医学博士をご存知ですか?
この方の本に
「一般に玄米を食べ過ぎている人は肌の色が黒くなるようです。」
と書いてあるんです。びっくりしました・・・
何かご存知でしたら教えていただけますか?

安保徹医学博士の講演は何回か聴きましたし本も読みましたが
そんな話しは聞いたことがありません。
玄米菜食を進めておられる、マクロビオテックの久司道夫氏、内視鏡の世界的な権威者の新谷弘実氏、自然医学の
森下敬一氏のどなたからもそのような話しは聞いたことがありません。
玄米は消化しにくいのでよくかんで食べる必要はあります。(^^)
13. Posted by 日南海岸黒潮市場フルサワ   2009年11月14日 00:01
5 京丹後のおやじさん、こんばんは!

今日は早朝より仕事があり、更新してから伺いましたが

実は、私が明日から書こうかなあ〜と思ってたことが、こちらに書いてあったからです!

明日はこちらへのリンクだけで終わりそうですが(笑

まあ、独自の記事も若干、書きます。


ところで、おやじさんは安保徹医学博士をご存知ですか?

この方の本に

「一般に玄米を食べ過ぎている人は肌の色が黒くなるようです。」

と書いてあるんです。びっくりしました・・・

何かご存知でしたら教えていただけますか?
12. Posted by 京丹後のおやじです   2009年11月13日 21:55
megane さん

こんばんは

>こんばんは、さすがに京丹後のおやじさんですね、詳細なレポートに、納得です。

収穫してすぐ比較すると発芽勢に差が出て面白いです(^^)
11. Posted by megane   2009年11月13日 19:34
こんばんは、さすがに京丹後のおやじさんですね、詳細なレポートに、納得です。普通のお目と、玄米は確かに違う気がしてきました。
10. Posted by 京丹後のおやじです   2009年11月13日 19:05
パンツ屋 さん

こんばんは

>おやじさんのお話はいつも自然の理にかなっていますね。
勉強になります!
人間ってやはり自然と一緒に生きていくのが一番良いのでしょうね。

人間は自然の一部にすぎないですから。(^^)

>時には白くないごはん、食べてみようかな!

腸内細菌が喜びます。
免疫力は向上し、便秘にはなる理由がなくなります。(^^)
9. Posted by 京丹後のおやじです   2009年11月13日 19:02
木仙人 さん


こんばんは

>>ポストハーベスト農薬(収穫後農薬)のリスクと生命エネルギーのない穀物を食べることを意味します

>悪い気がみなぎるという事ですね

波動が良くないです。
化学物質を体内に取り込みます。(^^;
人間は、たんぱく質、炭水化物、脂肪などの栄養素だけで
健康を維持しているほど単純ではありませんから。(^^)
8. Posted by 京丹後のおやじです   2009年11月13日 18:59
伯爵様

こんばんは

>ことしは収穫がよかったみたいで
おめでとうございます

毎年安定しています。(^^)
7. Posted by 京丹後のおやじです   2009年11月13日 18:58
溶射屋 さん

こんばんは

>おやじさん、我が家ではどうしても白米を食べる習慣があるので、以前おやじさんが紹介していた「白米と玄米を一緒に炊く方法」のブログ記事はいつアップした記事なのか教えていただけませんか?

下記の記事です↓
2008年06月20日
分かるということ(発芽玄米キューブ「元気くん」)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2008-06.html#20080620

発芽玄米を作り、製氷皿で凍らせます。
白米を炊く時好き量だけ炊飯器に放り込んで
炊くと発芽玄米ご飯と白ご飯が同時に炊けます。(^^)
6. Posted by 京丹後のおやじです   2009年11月13日 18:53
吉野聡建築設計室 さん

>皆さんもされてはどうですか生命エネルギーを食べる食生活を
 それです!!
 量から質の時代ですね♪
 食物にも、たくさんのこだわりを持ちたいです

アレルギーやメタボなどの生活習慣病が増え続けてい現在食べるということの本当の意味を理解して体に合った
食べ物、食べ方に目覚める時が来ています。(^^;
5. Posted by パンツ屋   2009年11月13日 09:48
京丹後のおやじさん、おはようございます!

いつもありがとうございます。

おやじさんのお話はいつも自然の理にかなっていますね。

勉強になります!

人間ってやはり自然と一緒に生きていくのが一番良いのでしょうね。

時には白くないごはん、食べてみようかな!

4. Posted by 木仙人   2009年11月13日 08:06
おはようございます おやじさん

今ではなかなか目にすることができないですね

>ポストハーベスト農薬(収穫後農薬)のリスクと生命エネルギーのない穀物を食べることを意味します

悪い気がみなぎるという事ですね
3. Posted by 伯爵様   2009年11月13日 07:58
ことしは収穫がよかったみたいで
おめでとうございます
2. Posted by 溶射屋   2009年11月13日 04:33
京丹後のおやじさん

おはようございます。

面白い実験・・・そうやって昨年収獲したお米と比較するんですね。

発芽玄米を目が出るということは頭の中にはあっても実際に芽がでることにビックリです。

輸入穀物って怖いですね・・・。

我々も木材に梱包して輸出するばいは木を「くん蒸消毒」します。

おやじさん、我が家ではどうしても白米を食べる習慣があるので、以前おやじさんが紹介していた「白米と玄米を一緒に炊く方法」のブログ記事はいつアップした記事なのか教えていただけませんか?



1. Posted by 吉野聡建築設計室   2009年11月13日 04:17
おはようございます

おやじさん!!
とっても分かりやすい実験です

>皆さんもされてはどうですか生命エネルギーを食べる食生活を
 それです!!
 量から質の時代ですね♪
 食物にも、たくさんのこだわりを持ちたいです
 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Archives
livedoor プロフィール

京丹後のおやじで...

Recent Comments
Recent TrackBacks