2010年12月12日

久美浜名産「このしろ寿し」を食べました

① 綿徳商店

 久美浜名産に「このしろ寿し」があります。


 「このしろ寿し」が美味しい季節になりましたので、京丹後市久美浜町にある「このしろ寿し」と「鯛煎餅」の製造・直売の老舗「綿徳商店」に行きました。













② 貼紙

 「このしろ寿しあり満す」の貼紙が貼られています。

 店主に今年はいつから販売されているのか伺いました。

 例年は10月下旬からだそうですが、今年は天候が悪くて11月に入ってからの販売だったそうです。








 

 

 「このしろ寿し」は、久美浜湾で捕れた新鮮なコノシロを使った姿ずし。
 すし御飯の代わりに味付けしたおからが詰めてあります。
③ シーズン限定「このしろ寿し」
 久美浜の味「このしろ寿し」はシーズン限定で、製造・販売期間はコノシロの漁獲シーズン(10月から3月まで)に限られています。


 これが久美浜名産「このしろ寿し」 です。
 体長は22センチほどです。
④ 久美浜名産「このしろ寿し」


 背割して中骨を取り、酢に漬けてしめたコノシロに、おからにおのみを少し入れて炒り、甘酢で味付けして詰めてあります。
⑤ 酢に漬けてしめたコノシロに


 このしろ寿し「いただきまーす!」(^^)
⑥ このしろ寿し「いただきまーす!」(^^)
  旨い! 酒の肴にいいです。(^^)

 久美浜の民話に「このしろとり」があります。
⑦ 久美浜の民話「このしろとり」

 戦国のころ、久美浜には十三の小城がありました。
 この小城が、織田の武将・細川氏によって次々に陥されていたある夜のこと、意布伎城の殿様が湾に浮かぶ松明(漁火)を見て、「よおけ(たくさん)灯が見えるが、あれは何の灯だ」とたずねると、家来が「あれは、コノシロ捕りですがな」と答えました。
 殿様は「この城取りか」と逃げ出してしまいました。

 

 「このしろ寿し」は丹後のお土産に最適です。
 なぜなら、製造・販売は久美浜だけで、しかも今だけの期間限定です。(^^)


 酒の肴に最適です。(^^)


 「このしろ寿し」と「鯛煎餅」の製造・直売の老舗「綿徳商店」「はんことメガネの川口」さんの店のすぐ近くです。


《綿徳商店》
【郵便番号】629-3410
【所在地】京丹後市久美浜町3162
【営業時間】8:00~20:00
【定休日】不定休
【電話】0772-82-0216
【FAX】0772-82-0216

 

《ブログ記事》

2008年11月29日
久美浜特産「このしろ寿司」をいただきました
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/51420457.html

 

 

人気ブログランキング。
貴方の一押し↓が京丹後のおやじのブログの支えです。
m(_ _)m (^^)

人気ブログランキングへバナー

 

丹後にはええもん、うまいもん新鮮な食材がいっぱい。
お米京野菜、おいしい丹後の地酒はもちろんデザートには、手作りのアイスクリーム、手摘みのブルーベリーも要チェック。
京丹後の宿では、
美味しい料理が目白押し!!かに料理牡蠣料理はその代表!!
健康第一
19世紀の味の店、気持ちまで癒してくれる療整院マリンスポーツが楽しめる所など盛りだくさん。
開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。




oyazi19seiki at 00:08コメント(22)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

22. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 23:35
伯爵 様

こんばんは

>古式ゆかしいお寿司ですね
こういう文化が京丹後にのこっていますね


伝統と文化が受け継がれています。
これが本物のお土産になります。(^^)
21. Posted by 伯爵   2010年12月12日 22:09
こんばんは
古式ゆかしいお寿司ですね
こういう文化が京丹後にのこっていますね
20. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 21:18
ねしゃか さん

こんばんは

>珍しいお寿司ですね
おからに酢のお味ですか?
お酒に合いそうで、食べてみたいです♪

味付けは代々見せの女将に受け継がれている
門外不出なのだそうです。
さらに、コノシロ(コハダ)は久美浜湾で捕れた物
でないと、いいものができないのだそうです。(^^)
19. Posted by ねしゃか   2010年12月12日 21:06
こんばんは
珍しいお寿司ですね
おからに酢のお味ですか?
お酒に合いそうで、食べてみたいです♪
18. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 21:06
手作りショップ さん

こんばんは

>このしろ の酢の物は大好きですが、
このような姿寿司は初めてみました。

そうですね、久美浜の郷土料理ですから。


>おいしいでしょうね。

酒好きの私の父の大好物です。(^^)
17. Posted by 手作りショップ   2010年12月12日 19:53
こんばんは。

このしろ の酢の物は大好きですが、
このような姿寿司は初めてみました。

おいしいでしょうね。
16. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 18:06
megane さん

こんばんは

>このしろ寿司の季節ですね、とてもおいしいと思います。
皆さんに食べてもらいたいですね。

一杯飲みながら。(^^)
15. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 18:06
日南海岸黒潮市場フルサワ さん

こんばんは

>>「このしろ寿し」が美味しい季節になりましたので、京丹後市久美浜町にある「このしろ寿し」と「鯛煎餅」の製造・直売の老舗「綿徳商店」に行きました。

>昔ながらの店構えがいいですね^^

はい!老舗です。(^^)


>>殿様は「この城取りか」と逃げ出してしまいました。

>せっかちな殿様だったんですね^^

そうですね。(^^)

>京丹後の名物なんですね(^=^)

昔は久美浜の伝統料理だったそうです。(^^)
14. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 18:05
もちこ さん

こんばんは

>いつもありがとうございます。

相変わらずご多忙なようですね。(^^)

>このしろ寿司・・初めて知りました。
とても手がかかった寿司ですね。

そうですね。
味付けは秘伝なのです。(^^)

>期間限定・・これ・・惹かれますね・・。

季節の味ですから。(^^)

>>このしろ寿しあり満す
>この文字素晴らしいです、こんな字が書けたら・・。


そうですね。(^^)
13. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 18:05
ヴィレッジ さん

こんばんは

>よって このしろ寿司 期間限定
店舗限定ですか 希少価値品ですね♪

この時期、ここしかありませんから。(^^)

>ポチっ♪


ありがとうございます。(^^)
12. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 18:04
木仙人 さん

こんばんは

>京丹後の伝統的食文化ですね
おもしろい民話があるのですね(^^)

丹後の久美浜の味です。(^^)
11. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 18:04
紀州のcotton母 さん


こんばんは

>このしろとりのお話
楽しく笑わせていただきました♪

そうですね。(^^)

>酢めしが入っていないのですね
ビックリです


そうです。
由来はわかりません。(^^;
10. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 18:04
溶射屋 さん

こんばんは


>地元の方に愛されているお寿司なんでしょうね(^^)

そうですね。
遠くから買い求められる方が多いようです。

>一瞬、例のうどんかな??
・・・と思ったら違っていました(^^ゞ


ハハハ!(^^)
勢野うどん店も近くにあります。(^^)
9. Posted by 京丹後のおやじです   2010年12月12日 18:03
たくみの里のふく さん

こんばんは

>ご飯ではなく、おからというところも、素朴でよいです。

生活の知恵の郷土料理だったようです。(^^)

>張り紙が、趣のある良い字ですね。このお店の雰囲気に
ピッタリ。


そうですね。
黒板書きでは似合いませんね(^^)
8. Posted by megane   2010年12月12日 13:24
こんにちは、いつも有難うございます。当店の紹介をいただきまして、ありがとうございます。このしろ寿司の季節ですね、とてもおいしいと思います。皆さんに食べてもらいたいですね。
7. Posted by 日南海岸黒潮市場フルサワ   2010年12月12日 12:46
5 京丹後のおやじさん、こんにちは!

>「このしろ寿し」が美味しい季節になりましたので、京丹後市久美浜町にある「このしろ寿し」と「鯛煎餅」の製造・直売の老舗「綿徳商店」に行きました。

昔ながらの店構えがいいですね^^

>殿様は「この城取りか」と逃げ出してしまいました。

せっかちな殿様だったんですね^^

>酒の肴に最適です。(^^)

京丹後の名物なんですね(^=^)
6. Posted by もちこ   2010年12月12日 11:27
京丹後のおやじさん
こんにちは・・
いつもありがとうございます。
このしろ寿司・・初めて知りました。
とても手がかかった寿司ですね。
期間限定・・これ・・惹かれますね・・。
>このしろ寿しあり満す
この文字素晴らしいです、こんな字が書けたら・・。
5. Posted by ヴィレッジ   2010年12月12日 09:08
京丹後のおやじさん おはようございます。


こはだは大好きです。
よって このしろ寿司 期間限定
店舗限定ですか 希少価値品ですね♪

ポチっ♪
4. Posted by 木仙人   2010年12月12日 08:43
おはようございます おやじさん

京丹後の伝統的食文化ですね
おもしろい民話があるのですね(^^)
3. Posted by 紀州のcotton母   2010年12月12日 07:59
おはようございます
いつも有難うございます

このしろとりのお話
楽しく笑わせていただきました♪

このしろ寿し
と言うのですね〜
この時期だけとは貴重品ですね♪
酢めしが入っていないのですね
ビックリです
2. Posted by 溶射屋   2010年12月12日 05:52
京丹後のおやじさん

おはようございます。

地元の方に愛されているお寿司なんでしょうね(^^)

僕はちなみに油が乗っている鯖寿司が大好きです♪

一瞬、例のうどんかな??

・・・と思ったら違っていました(^^ゞ
1. Posted by たくみの里のふく   2010年12月12日 05:31
おはようございます。

「この城取り」で逃げ出したので、地元を救った漁だったわけですね。面白い言い伝えですね。
ご飯ではなく、おからというところも、素朴でよいです。
まさにお酒のおつまみにぴったりのようで、
おいしそう。
張り紙が、趣のある良い字ですね。このお店の雰囲気に
ピッタリ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
livedoor プロフィール

京丹後のおやじで...

Recent Comments
Recent TrackBacks