2012年02月03日

美と健康(七号食で医者いらず・・・七号食の効果)

七号食の掲載は今日が最終回です。
今日は七号食を十日間行った体験談など、富田先生の講演メモの一部と私のコメントと合わせて掲載します。
発芽モード玄米おにぎり弁当

写真は、私の昼弁当です。発芽モード玄米おにぎり2個。
おかずの重さと比べていませんが・・・
おかずが少し重いかもしれません。(^^;


・七号食期間中(十日間)に便秘の方の30%が解消して、出たら2Kg痩せた。
・その後基本食2ヶ月で9Kg痩せた。
・ウエディングドレスが着れなかった人がスリムになって着れるようになりしかも若く見える。
・七号食(十日)の後基本食で16日後にアトピーの子が綺麗な肌になった。
・ジャガリコが大好きな子が七号食をするとジャカリコが嫌いになった。→ 七号食の後基本食の16日目にアトピーがひどくなり、大好きだったジャガリコを吐き出したのだそうです。1週間後に再度七号食+基本を行った16日後に完全に治ったそうです。
・運命を変える七号食・・・顔面タレでうつ病の薬を飲んでいた方が、玄米おむすびのみで16日後に完治しうつ病の薬も止められたそうです。
・自分が健康になると回りが変わってくる。回りが幸せになる。
・体験談の共通点は
 1.途中から人の体臭が気になるようになった。・・・嗅覚が回復したということ。
 2.十日目の味噌汁の追加に泣いた・・・味覚が回復したということ。
 3.目が良く見えるようになる。・・・目の病気は血行不良(障害)
・血行が良くなる=詰りが取れる → 神経が鋭敏になる。
・七号食は、条件を自分で作り出す人はできるが、条件を作れない人は出来ない。
 ○ パーティに玄米おむすび2個持参して七号食を続けた女性。
 ○ ある社長はホテルで玄米を食べていた。 
・食べ物と身体が繋がっていることを気づくためのものが七号食。
・受精卵は、食べ物を食べて大きくなった。
・食べ物はどうしてできたか? → 土のミネラルと太陽光。
・昭和30年代には普通に食べていたものに戻すと良い。ただし、米は玄米に戻すこと。
 昭和30年代は私の幼少期で、農家でしたから米と野菜は自家製でした。
 魚は比較的良く食べましたが、牛肉は1年に数回食べる程度でそれもホルモンがほとんどでした。
 卵は自宅で飼っていた鶏の卵で鶏肉は卵を産まなくなった鶏を食べていました。
 ヤギを飼っていましたのでヤギのミルク毎日良く飲みました。濃厚でおいしかったことを覚えています。
 カマボコなどの練り物は祭りや正月など晴れの日のご馳走でした。
 今は飽食の時代で毎日がお祭りのご馳走状態でしかも体に合わない食べ方をしているのだからだの調子がおかしくなるのです。しかも、農薬や食品添加物、塩素消毒した水道水や化学合成洗剤などの化学物質にまみれた生活ですからまともな身体を維持することが難しいのは当然ですね。体に悪い生活をしていることは川の魚が良く知っています。(^^)

・玄米に雑穀を混ぜて食べると良いです。
 玄米1合に雑穀大さじ一杯。
  玄米は、飼いならされた味。
  雑穀は、野生の味。

・富田先生は、20歳の時から玄米を食べ初めて40年食べてこられました。不味いとと続かないので、玄米が美味しいことが絶対条件で、美味しい玄米に出会われました。
試食でいただいた玄米ご飯もそれでした。

玄米ご飯で食べる玄米は、無農薬・無化学肥料で栽培された玄米がいいです。
理由は、農薬などの有害物質はヌカ層に残留しやすいから。

本物研究所では玄米食用の玄米の取扱を始めました。
玄米食用の玄米の取扱を始めました

840g入り1,050円。10Kg入り9,600円です。

高いように思われる方があるかもしれませんが、10Kgで9,600円ということは、1合(150g)が144円です。

私は、一食に1合の玄米分のご飯を食べます。
大きな茶碗に山盛り一杯。おにぎり2個です。
それが144円です。

副食は玄米ご飯と同量でしかも野菜や豆、海草が中心で肉は避けますから、高くはならないはずです。


さあ!あなたも今から発芽モード玄米ご飯食を始めませんか?

「十日間か!飲み会があるなー・・・。する日がないなー。」という方は七号食の条件を作れない人なのでいつまでたっても出来ないです。よ(^^)


《七号食のブログ記事》

2012年02月01日
美と健康(七号食で医者いらず・・・七号食とは)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2012-02.html#20120201

2012年02月02日
美と健康(七号食で医者いらず・・・七号食がカラダに良いわけ)
http://blog.livedoor.jp/oyazi19seiki/archives/2012-02.html#20120202



貴方の一押し↓が京丹後のおやじのブログの支えです。
m(_ _)m (^^) 

人気ブログランキングへバナー

 



oyazi19seiki at 00:05コメント(12)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

12. Posted by 京丹後のおやじです   2012年02月03日 22:01
紀州のcotton母 さん

こんばんは

>興味があります
家族が居ると納得させるのに大変です
分かってもらえると良いのですが。。。。

一人でもいいです。
十日間続けると身体が喜んでいることが体感できます。(^^)
11. Posted by 紀州のcotton母   2012年02月03日 21:40
こんばんは
興味があります
家族が居ると納得させるのに大変です
分かってもらえると良いのですが。。。。
10. Posted by 京丹後のおやじです   2012年02月03日 20:48
日南海岸黒潮市場店長フルサワ さん

こんばんは

>せめて一日1杯は続けたいです^^
ローコストで栄養満点ですしね^^

そうですね。
何より体の調子がいいです。(^^)
9. Posted by 京丹後のおやじです   2012年02月03日 20:48
溶射屋 さん

こんばんは

>2日前から玄米中心に頂いています(^^)

さすが、早いですね。(^^)

>マグロの角煮とかキムチとかで頂いたいるのですが、玄米がおいしくて、ついついお腹一杯にたべてしまいます(^^ゞ
これじゃぁ体重減らないですよね(^_^;)

玄米ご飯はおかわりしても肥満には絶対なりません。(^^)


>ポチッ!

ありがとうございます。(^^)
8. Posted by 京丹後のおやじです   2012年02月03日 20:48
甲州市学習塾のこばやし さん

こんばんは

>アトピーやアレルギーで悩む生徒もいます
なにより、自分自身が昨年は多くのアレルギー症状に
悩まされました

間違った生活スタイルを見直すためのカラダのサインです。(^^)

>出た症状を対処療法的に治していくのではなく

生活習慣病は対症療法では治せません。
症状を管理(コントロール)しているだけです。

>体の根本から根治ですね(^^)
玄米食でイキイキワクワク健康生活できますね

原因を正すと現象は消えます。(^^)
7. Posted by 日南海岸黒潮市場店長フルサワ   2012年02月03日 09:55
5 京丹後のおやじさん、おはようございます!

>私は、一食に1合の玄米分のご飯を食べます。
大きな茶碗に山盛り一杯。おにぎり2個です。
それが144円です。
副食は玄米ご飯と同量でしかも野菜や豆、海草が中心で肉は避けますから、高くはならないはずです。


せめて一日1杯は続けたいです^^

ローコストで栄養満点ですしね^^
6. Posted by 溶射屋   2012年02月03日 09:41
京丹後のおやじさん

おはようございます。

2日前から玄米中心に頂いています(^^)

マグロの角煮とかキムチとかで頂いたいるのですが、玄米がおいしくて、ついついお腹一杯にたべてしまいます(^^ゞ

これじゃぁ体重減らないですよね(^_^;)

ポチッ!
5. Posted by 甲州市学習塾のこばやし   2012年02月03日 08:37
おはようございます

アトピーやアレルギーで悩む生徒もいます
なにより、自分自身が昨年は多くのアレルギー症状に
悩まされました

出た症状を対処療法的に治していくのではなく
体の根本から根治ですね(^^)
玄米食でイキイキワクワク健康生活できますね♪

4. Posted by 京丹後のおやじです   2012年02月03日 07:10
伯爵 様

おはようございます

>試してみたいですね

されてはいかがですか。
若返ります。(^^)

3. Posted by 京丹後のおやじです   2012年02月03日 07:09
木仙人 さん

おはようございます

>現在の食生活、本当に見直さないといけませんね(^^)

現在の食スタイルは、戦後のアメリカの農産物売り込み戦略が大成功した食スタイルで
日本人の健康のための食スタイルではありません。(^^;
2. Posted by 木仙人   2012年02月03日 06:52
おはようございます おやじさん

現在の食生活、本当に見直さないといけませんね(^^)
1. Posted by 伯爵   2012年02月03日 00:29
こんばんは
試してみたいですね

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ