2015年03月15日

「全国EM技術交流会関西大会in京都」に参加しました

3月14日(土)京都パルスプラザ(3F稲盛ホール)において「第19回全国EM技術交流会関西大会in京都」が開催されました。
京都パルスプラザ(3F稲盛ホール)


写真は開会前ですが800名以上の参加者で座れない参加者がおられたそうです。



丹後からは、事例発表者の梅本 修さんと世話人の田中 功さんの他8名の計10名が参加しました。

写真は、

写真は、マイクロバスの運転もお世話になった螢┘船農産の越江雅夫さん(左)と事例発表された梅本 修さん(右)
越江雅夫さんや梅本 修さんのような農家が作るコメや野菜が増えると日本の国民は健康になります。
安いからといって輸入食品や加工食品を食べる消費者は残念ながら健康にはなれません。
言葉が悪いようですが、事実ですから。(^^;

私は途中のSAのトイレで自撮りと、昼に食べたタコキムチの石焼ビビンバ。(^^)

私は途中のSAのトイレで自撮り


事例発表は、関西地区の方々5名と8名の方々の家庭菜園の事例が紹介されました。

事例発表は、


発表の後は、比嘉照夫先生が「EM技術の最新情報」を話されました。

・EMは、縦波の重力波・・・微生物が重力子を出して重力波を呼び込んで原子転換する。
分かりやすい現象としては、切れなくなった刃をEMに漬けておくと元に戻る現象。
・ベラルーシでは放射能が減ることを確認し、東日本大震災の放射能汚染地域でも実験し、確認している。
この理論は関 英男博士より「グラビトニクス」で教わり実証実験で確認されてきている。

関 英男博士より「グラビトニクス」で教わり

「グラビトニクス」理論は私も関 英男博士のセミナーで「重力波(グラビトン)」について、「両手振り運動」の仕組みと効果や「洗心」の重要性、「宇宙の構造」「重力波通信」や人間の脳が出す念波(重力波)と「集団洗心効果」の実験結果などについて聴いていたので比嘉教授の理論説明は非常によく分りました。

これからは、私自身が田畑や身の回りで実践することです。(^^)


そうそう、我が家の水道管に付けている活水器はグラビトニクス理論に基づくものでそのことから「f−グラビクス」という商品名です。
「f−グラビクス」は現在では製造販売はされていませんが、水流版の素材で作られた商品としては両手振り運動に使用する「フォーグ」魔法の美容ローラー「フィオーラ」があり、おやじの嫁が愛用しています。(^^)






oyazi19seiki at 00:05コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

4. Posted by 京丹後のおやじ   2015年03月15日 19:06
日南海岸黒潮市場店長フルサワ さん

こんばんは

> 精力的な勉強会出席、ご苦労さまです^^

いろいろな活用事例は毎回参考になります。(^^)

> 日本の農業を守りたいですね。

日本の国民の命の糧。
命を守りたいですね。。(^^)
3. Posted by 京丹後のおやじ   2015年03月15日 19:04
溶射屋 さん

こんばんは

>そのような大会があったこと知りませんでした(-_-;)

以前は全国で1か所の開催でしたが今回は関西大会です。(^^)

>EMがもっと普及しますように!

正しく、徹底的に活用されている方は素晴らしい結果を出されています。
私も見習わないといけません。(^^;
2. Posted by 日南海岸黒潮市場店長フルサワ   2015年03月15日 16:57
5 京丹後のおやじさん、こんばんは^^

精力的な勉強会出席、ご苦労さまです^^

日本の農業を守りたいですね。
1. Posted by 溶射屋   2015年03月15日 07:54
京丹後のおやじさん

おはようございます!

そのような大会があったこと知りませんでした(-_-;)

・・・とは言っても皇居勤労奉仕などで出席できなかったですが・・・。

EMがもっと普及しますように!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
livedoor プロフィール

京丹後のおやじで...

Recent Comments
Recent TrackBacks