2017年03月14日

嫁にネット通販のユーザー登録をさせてみた

60:2010/04/13(火) 11:56:10 ID:
少女漫画や洒落たワンピース、パンのレシピ本や女物の下着まで、
俺のIDで注文してきたせいで、俺へのオススメが満載されたメールが
とてつもなくカオスな状態になってきたので、
昨夜、初めてネット通販のユーザー登録をさせてみた。

氏名やフリガナ、住所やメールアドレスなどを順調に入力し、
「このくらい簡単だよw」と余裕をぶちかましてた直後、
キーボードをタイプする指が止まった。
耳をそばだてると、小声で「こんなの、みんな入れてんのかな?」
と、誰にいうでもなく、ブツブツ繰り返している。
俺が「どうした?なんか問題?」と尋ねると、
さっきまで余裕に満ちあふれていた顔が俄に曇り、ぽつぽつ話し始めた。
「うーん……問題っていうか……必要なのかなって……」
「どこ?」
「ここ。ねぇ、アナタはなんて入力したの?」
マウスのカーソルが指し示す項目は「ニックネーム」の文字。
その入力窓には「ともちゃn」と入力途中のニックネーム。

「そこ、リアルで呼ばれてる愛称じゃなくて、サイト内での愛称だから」
「???」
「だから、普通はイニシャル+誕生日とかそんな感じの文字列だから」

具体例でようやく理解したらしく、顔がみるみる紅潮していき、
deleteキーを連打して入力途中の「ともちゃn」を消していた。
「お前の愛称を全世界に堂々と公表してどうすんだw」とからかうと
「だから変だと思ったんだもん!」と恥ずかしそうにクッションに顔を埋めていた。



おススメ記事


62:2010/04/13(火) 12:54:50 ID:
>>60
公表しちゃってるじゃないか
63:2010/04/13(火) 12:57:47 ID:
>>60
旦那が全世界に公表しちゃったなw
ともちゃんとお幸せに


おススメ記事



oyomechannel at 21:10コメント(0) この記事をクリップ!
おバカ 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

ピックアップ

ページトップ