熊本県 道の駅有明 リップルランド

天草市有明(ありあけ)町の海岸を走る国道324号線沿いにある道の駅で物産館の他にレストラン・温泉館・チビッコ広場などが
併設され、海岸は「四郎ヶ浜ビーチ」と名付けられた海水浴場です。
有明町は昔からタコ漁が盛んな町だそうで物産館にはタコ関連の商品がたくさん販売されていました。
道の駅有明 リップルランド道の駅有明 リップルランド
道の駅有明 リップルランド
【住所】 熊本県天草市有明町上津浦1955    地図
【電話】 0969-53-1565
【営業時間】 物産館/9:00〜18:00
【定休日】 物産館/年中無休※1月1日は正午より営業  
【駐車場】 普通車78台 ・ 大型車8台/無料
【備考】 有明温泉「さざ波の湯」=10:00〜21:30(最終受付21:00)※第2水曜日休館(祝日の場合は翌日)
                      家族風呂一室60分/1000円+人数分入浴料
     レストラン=10:00〜17:00(L.O.)

熊本県 天草島内の天草四郎像

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽奇蹟をおこす 天草四郎時貞
悽惨極まる切支丹弾圧の嵐と、苛酷な領主の圧政に、屈従と耐乏を強いられてきた、天草及び島原地方の農民たちは、宗門再興の聖旗を翻して一斉に蜂起した。時、1634年(寛永14年)秋10月のことである。組織も訓練もない農民の集団であったが、そこには、ひたむきに信仰の火を守らんとする素朴な悲願がこめられ、鉄壁の団結があった。
 そして、これら3万数千の農民が、救世主と仰ぎ、頭領と擁したのが、若冠16歳の天草四郎時貞であった。小西の浪人益田甚兵衛好次の子といわれる天草四郎は、幼より利発にすぐれて神童の称あり、長じて長崎に出で、医術を初め諸芸を学び、やがて天草の風雲急を告に及び、盟主に擁されて帰って来たのである。
 一揆の火の手は、島原城下と天草の両所において、殆ど同時にあがった。天草では権力の中枢富岡城を猛攻したが、遂に陥すこと叶わず、退いて島原勢と合流し、原の城跡集結して守りを固め、幕府の大軍10余万に包囲されて、勇戦すること約3ヶ月矢弾尽き果て遂に翌15年2月末日、全軍と共に玉砕して果てたのである。天主の教えを奉じて、楽土を夢見た天草四郎の雄図は空しく潰えたが、その信仰と反骨の血は、殉教戦の哀話として、永く語りつがれているのである。
  この像は天より鳩を呼び奇蹟をおこしている姿である。
                                                     天草パールセンター碑文より
 ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽                                   天草パールセンター   地図                  天草四郎メモリアルホール  地図  
天草パールセンター   天草四郎メモリアルホール

鬼池港 フェリー発着場  地図                 天草キリシタン館  地図
鬼池港 フェリー発着場     天草キリシタン館


日本一の天草四郎像(藍のあまくさ村)
  地図

日本一の天草四郎像     日本一の天草四郎像

熊本県 天草五橋

「天草五橋」、通称『天草パールライン』は、1966年(昭和41年)9月24日に開通した熊本県宇土半島先端の三角から
天草諸島の大矢野島〜永浦島〜池島〜前島〜天草上島を結ぶ5つの橋のことです。
2016年の今年は、天草五橋開通50周年を記念して天草五橋の2号橋から4号橋の上で手をつなぎ、島と島をつなぐ
イベントが開催されるようです。
1号橋「天門橋」 (三角〜大矢野島)
  型式/連続トラス ・ 橋長/502.0m ・ 最大支間/300.0m
1号橋「天門橋」1号橋「天門橋」
2号橋「大矢野橋」 (大矢野島〜永浦島) 
  型式/ランガートラス・合成桁 ・ 橋長/249.1m ・ 最大支間/156.0m
2号橋「大矢野橋」2号橋「大矢野橋」
3号橋「中の橋」 (永浦島〜池島) 
  型式/PCラーメン ・ 橋長/361.0m ・ 最大支間/160.0m
3号橋「中の橋」3号橋「中の橋」
4号橋「前島橋」 (池島〜前島)
  型式/PCラーメン ・ 橋長/510.2m ・ 最大支間/146.0m
4号橋「前島橋」4号橋「前島橋」
5号橋「松島橋」 (前島合津)  
  型式/パイプアーチ・合成桁 ・ 橋長/177.7m ・ 最大支間/126.0m
5号橋「松島橋」5号橋「松島橋」
天草五橋 地図
プロフィール
ドライブをしながら立ち寄った温泉・
食事・観光などを書いています。
記載内容が、変更されている場合が
ありますので事前に確認の上
お出かけ下さい。
本ブログ内にある全ての画像・文章の
無断転載・転用・引用・複製を
   禁止します。
月別アーカイブ
過去ブログ検索
ご訪問ありがとうございます
  • 今日:
  • 累計:

メッセージはこちらへ ↓ 非公開です

名前
メール
本文