昔の面影を残す風情ある川内高城温泉にある共同浴場で、半年ぶりの12月3日に再訪しました。
川内高城温泉 共同湯川内高城温泉 共同湯
浴場の二階は休憩室になっています
浴場入口二階へ案内休憩所休憩所
商店のおばあちゃんに入浴料を渡しながら、
『“九州温泉道”の湯めぐり中で、入浴後スタンプお願いします。』
おばあちゃん 『・・・スタンプ?知らないね・・・ないですよ』
『えっ ないのですか
  御湯印帳を見せながら、『これにハンコを押すのですけど・・・』
おばあちゃん 『あ〜そんな物なら、送って来てたね〜』
          『今から家に取りに帰るから風呂に入っていてね』
『ほっ
おばあちゃん『じいちゃんが、出かけているから探さないとね』
と、言いながら取りに帰ってくれました。
(鹿児島弁が混じり聞き取れなかったところもありましたが、このような会話でした
共同湯は商店横の路地へ入った裏手にあり、手前が女性で奥が男性です。
浴室は脱衣場と一体型で、中央に二つに仕切られたタイル貼りの浴槽があり、硫黄の香りのする無色透明な湯がかけ流されていました。つるつるとした浴感のいい湯です
男性浴槽女性浴槽
浴室入口通路浴室湯溜め湯口温泉分析書
入浴後商店に行くとおばあちゃんがまだ帰ってきてなく、みつかったかどうか不安になりスタンプながら待ちました 連れがおばあちゃんが去った方向へ迎えに行き、二人揃って現れ、おばあちゃんの腕の中にある紙袋を見た時は、ほっとしました
おばあちゃんにお礼を言い、再訪を約束して、商店で買ったバナナを車中で食べながら川内高城温泉を後にしました。
川内高城温泉「共同湯」 (九州温泉道116番
【住所】 鹿児島県薩摩川内市湯田町湯之元6763    地図 
【電話】 0996-28-0177
【時間】 11:00〜19:00
【入浴料】 200円
【定休日】 1月1日
【泉質】 単純硫黄泉
【駐車場】 なし