玖珠町と日田市天瀬町の境界の国道210号線沿いにある道の駅です。
側には二段構えで流れ落ちる落差約30mの「慈恩の滝」があり、滝の裏側を通り抜ける事のできる遊歩道も整備されています。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
慈恩の滝の由来 (別名を裏見の滝とも言います)
今からおよそ千数百年の昔、この滝壷の中に大蛇が住んでいた。 或る年の麦の実る頃、夜中にこの大蛇が滝壷より這い出して麦畑の中でのたうちまわり農民の汗による麦を荒してしまいわづか一夜で近郷の麦畑はほとんど全滅に近い被害を受けその年の秋の実りの田もこの大蛇に荒され其の後数年間、田畑を荒され続けた。このため農民はホトホトこまり八方手をつくし何とか大蛇を鎮めんものと、或るときは、加持祈祷に、またあるときは、滝壷に竹網を張るなどしたがその甲斐もなく大蛇に荒され農民は食べるものもなく困窮の果て、先祖より受けついだ田畑を捨て、家を捨てる者が続出しこの地域をはなれて行ったのである。こんな年の・・夏の夕暮れどき、地域を通りかかった旅僧がこのありさまを聞き、及ばづながら経の功力により大蛇を鎮めて見ようと、その夜折から登る月光の下滝しぶきのかかるあたりに座して一心に読経を続けておりますと、やがて急に滝壷に逆渦巻が起り、波の中から凄まじい形相の大蛇が姿を現わしたのである。これを見た旅僧はそのような浅ましい姿では経を聞くことは出来まい。・・「心をやわらげ、姿を変えて現われよ」と、さとした。すると大蛇は、ザブンと水中に身を沈め、しばらくしてこんどは頭だけ大きく胴体は筆の軸位に痩細り長さは二丈(7m)あまり見るもあわれな姿で水の上に現れた。旅僧は大蛇に向い法を説きながら、「何故に田畑を荒すのか」と問いただすと、大蛇は頭を胴の方に向けて曲げ舌の先で体中を舐め始めたので、旅僧は大蛇に近づき、よく見ると、鱗の間に全身虫が寄生しているのを発見した旅僧はこの大蛇をあわれに思い、その胴体の上を経文で撫でさすると、大蛇は目を細め旅僧のなすままに静かにしていて、病気もよくなりその後は一度も田畑を荒すことなく稲や麦も実り農民の喜びは大変なものであった。農民はこの旅僧のために一つの寺を建立し慈恩寺と名付け寄進した。しかし慈恩寺は戦国の争乱で大分府内の領主大友宗麟の軍により滅失したのである。
                                                          現地案内板より
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
慈恩の滝
慈恩の滝道の駅慈恩の滝くす
道の駅慈恩の滝くす
【住所】 大分県玖珠郡玖珠町大字山浦618-24  地図
【電話】 0973-77-2260
【営業時間】農産物直売所/9:00〜17:00
【休館日】 年末年始
【駐車場】 普通車30台 ・ 大型車7台 ・ 身障用2台/無料 ※24時間利用可