大分県 龍門の滝

大分県の九重町にある幅40m、落差20mの2段落としになった滝で夏季シーズンなるとたくさんの人が滝すべりや
水遊びを楽しんでいます。
龍門の滝
龍門の滝
龍門の滝
【住所】 大分県玖珠郡九重町大字松木   地図
【電話】 0973-76-3866 (九重町観光協会)
【滝すべり・水遊び】 無料
【駐車場】 普通車35台 ・大型車2台/無料 ※臨時有料駐車場/1日300円
【備考】 滝すべりヘルメット貸出/無料  ・ 滝すべりボード貸出/有料
     バンガロー8棟(水道・トイレ完備)=バンガロー(大)10000円 ・ (小)5000円
                            貸毛布(バンガロー使用者のみ)1枚200円 ・ まき1把200円
     テント持込大人1人300円 ・ 小人200円

大分県 桜滝 

天ヶ瀬温泉街から遊歩道を歩いて10分ほど落差約25mの滝です。
桜滝桜滝
桜滝桜滝
☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚
桜滝の由来
 五馬高原に源流を発し、玖珠川に合流する合楽川にかかる滝で、落差約25m、幅約15m。
 水量が豊富で、流れ落ちる滝水が無数の非常に細かい筋になり、飛沫が桜の花のようであることから、
 桜滝という名が付けられたとされております。享和3年(1803年)に書かれた豊後国の地誌である
 『豊後国誌』でも「砕け散ること花の如く、流下することスダレの如し」と、この滝の繊細な美しさが賞賛され、
 江戸時代より文人、墨客に愛された滝であります。春は萌えいずる新緑の中に、夏は水煙の花を吹き、
 秋は紅葉の画題を供し、冬生む霧は仙境を思わせ、四季それぞれの風情ある眺めを見せ、心ある詩情をそそります。  
                                                       <現地案内板より>
☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚.☆≡。゚
桜滝
【住所】 大分県日田市天瀬町合楽川  地図
【電話】 0973-57-2166 (日田市観光協会天瀬支部)
【見学料金】 無料
【駐車場】 市営無料駐車場

福岡県 菅生の滝

九州自動車道小倉南ICから車で15分ほど。
駐車場から滝までは歩道が整備されているので子供でも10分位で行けます。
一ノ滝から三ノ滝まで三段に分かれた落差約30メートルの滝です。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
紫川の上流道原の国有林内にあり、水源は福智山から発しています。滝の高さは約三十メートル
滝の名のいわれは婦人の化粧も滝のしぶきで素顔になるところからこの呼び名があるともいう。
                                                    <菅生の滝案内板より>
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
菅生の滝菅生の滝菅生の滝
菅生(すがお)の滝 
【住所】 福岡県北九州市小倉南区大字道原   地図
【問い合せ】 093-541-4189(北九州市観光協会) 
【駐車場】 45台/無料 
buccho201804pf
ドライブをしながら立ち寄った温泉・
食事・観光などを書いています。
記載内容が、変更されている場合が
ありますので事前に確認の上
お出かけ下さい。
本館「好きっちゃ!!温泉」 
ご質問・お問い合わせなどがありましたら、下記のフォームよりお願いします ↓
月別アーカイブ
過去ブログ検索
本ブログ内にある全ての画像・文章の
無断転載・転用・引用・複製を
   禁止します。

当サイトからリンクしているサイトや、
リンク先のサイトに関して生じた
いかなる損害についても一切の
賠償する責任は負いません。
ご訪問ありがとうございます
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ