神社・仏閣

鹿児島県 霧島神宮

霧島神宮
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
御祭神 饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(アメニギシクニニギシアマツヒダカヒコホノニニギノミコト)
相殿神 木花開姫尊(コノハナサクヤヒメノミコト)
            彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)
            豊玉姫尊(トヨタマヒメノミコト)
            鵜茅葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)
            玉依姫尊(タマヨリヒメノミコト)
            神倭磐余彦尊(カムヤマトイワレヒコノミコト)
御由緒  当神宮は天祖天照大神(あまてらすおおみかみ)の御神勅を畏み戴きて三種の神器(皇位の御璽(みしるし))を奉持し高千穂峰に天降りまして皇基を建て給うた肇国の祖神<天孫瓊瓊杵尊>をお祀りしているお社です。
旧記によると欽明天皇の御宇(西暦540年)、はじめ高千穂峰のほど近く脊門丘(せとお)に社殿が建立されたが、その後たびたび噴火炎上し幾星霜(いくせいそう)を経て今から500年前 現在の社地へ御鎮座になりました。いまの御社殿は第二十一代藩主島津吉貴公が正徳五年(1715年)に造営寄進されたもので、絢爛たる朱塗りの本殿、拝殿、勅使殿等その配置はまさに輪奐(りんかん)の美をなし、西の日光とも称せられる。特に殿内は漆塗りで二十四孝の絵画、龍柱、床には鴬帳りが施されている。明治七年二月「霧島神宮」と社号改定、官幣大社に列格仰せ出されました。
 畏くも昭和天皇陛下には二度にわたる御親拝を賜っております。平成元年五月 国の重要文化財の指定を受け、海抜500mの此の地からは遥か錦江湾、桜島、開聞岳の眺望が実に雄大であります。高千穂峰(標高1574m)頂上には神代の旧物“天の逆鉾”があり、中岳、新燃岳、韓国岳一帯はつつじ「みやま霧島」で有名です。
                                                                参詣の栞より                                                            
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
霧島神宮  本殿
霧島神宮 御朱印
御神木
樹種 杉(メアサ杉)
樹齢 八百年
高さ 三十八m
幹廻 七・二m(胸高)
霧島杉とも呼ばれ、南九州一帯の杉の祖先とも言われている
御神木
国歌に詠まれている「さざれ石」
この石は学名を石灰質角礫岩と云う。石灰石が雨水に溶解してその石灰分をふくんだ水が時には粘着力の強い乳状体となり、地下において小石を集結して次第に大きくなる。やがてそれが地上に顕れて国歌に詠まれる如く、千代八千代 年をへてさざれ石巌となりて苔のむすと云う状は、実に目出度い限りである。
 この石は国歌発祥の地と云われる岐阜揖斐郡春日村の山中で発見されたもので、その集結の過程状態はこの石を一見してよく察することが出来る。
文章は昭和37年文部省の中庭に贈呈された「さざれ石」の木札に記されたものと同文であり、国歌に詠まれている「さざれ石」については岐阜県揖斐川町出身の故小林宗一(号宗閑)氏によって発見解明されました。  
                                                                現地石碑より
さざれ石
坂本龍馬・おりょう新婚旅行記念
今からちょうど130年前、慶応2年(1866年)日本の歴史の大転換期に坂本龍馬と妻おりょうは、薩摩(鹿児島)に訪れています。京都伏見の寺田屋事件(1866年1月23日未明)で幕史に襲われ九死に一生を得た龍馬は、妻おりょうとともに霧島の山深く入り温泉で傷を治しながらその足で霧島山(高千穂)の峯にある天の逆鉾を見ようと妻おりょうと高千穂登山をしています。姉乙女への手紙によりますと「天の逆鉾」を見て天狗の面に似ていると二人で微笑んだと記されています。下山途中は一面にみやまきりしまが咲きほころび美しい情景であったそうです。
またその足で霧島神宮をお参りし、大きな杉の木もあるが御神殿の建物にも奥深いものがあると感じながらここに一泊しそこから霧島の温泉に戻り4月12日鹿児島へ帰っているようです。坂本龍馬が鹿児島へ訪れた行程は88日間と示され、現在の新婚旅行とも言われています。
このことは龍馬が姉乙女宛へ送ったと言われる手紙から抜粋し要約したものです。
 参考文献(京都国立博物館蔵より)1996年12月 霧島町
                                                               現地案内板より
坂本龍馬・おりょう新婚旅行記念板
霧島神宮境内案内図
霧島神宮境内案内図
霧島神宮
【所在地】 鹿児島県霧島市霧島田口2608-5  地図
【問い合せ】 0995-57-0001
【駐車場】 500台/無料

佐賀県 嬉野温泉 豊玉姫神社

日本三大美肌の湯(他、島根県「斐乃上温泉」・栃木県「喜連川温泉」の一つとして知られる嬉野温泉の中心部
に鎮座する神社です。
豊玉姫神社
豊玉姫神社
境内には、古事記に出てくる海神・ワタツミの娘で、竜宮城の乙姫こと豊玉姫の遣いとされる白なまずを祀った
「なまず社」があります。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
「美肌の神様」豊玉姫神社 縁起
豊玉姫神社の歴史は古く、天正年間(1573年〜1592年)兵火のために焼失してしましましたが、元和年間(1615年
〜1624年)には社殿を再建し、藩主鍋島直澄の祈願所となりました。以来、歴代藩主をはじめ、地元住民の尊崇を
集めています。豊玉姫様は海神の娘で、竜宮城の乙姫様としても有名であり、古来より水の神、海の神として、広く
崇敬を集めております。
豊玉姫神社のお遣いは「なまず」です。嬉野川を支配し、郷の守りについていて、国に大難あるときには六尺の大
なまずが現れて、神託を告げると語り伝えられています。 この「なまず様」は古来より「肌の病」にご利益があると
いわれています。 豊玉姫様は乙姫様であり、その肌は美しく、嬉野の温泉の効果と相まって「美肌の神様」として、
広く親しまれています。
                                                           現地案内板より
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
豊玉姫神社
豊玉姫神社(とよたまひめじんじゃ)
【所在地】 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2231-2   地図
【備考】 御朱印の受付なし

福岡県 宗像大社 辺津宮  

宗像大社は天照大神(あまてらすおおみかみ)の三柱の御子神(みこがみ)を祀る神社で、平成29年(2017年)7月に
「 宗像・沖ノ島と関連遺産群」として世界文化遺産に登録されました。
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
宗像大社は、『田心姫神(たごりひめのかみ)』は沖ノ島の沖津宮、『湍津姫神(たぎつひめかみ)』は筑前大島の中津宮
辺津宮『市杵島姫神(いちきしまひめかみ)は宗像市田島の辺津宮に祀られ、この三宮を総称して「宗像大社」と言い
ます。 日本各地に約6400社ある宗像神社、厳島神社の総本社で古くから道の神様としても崇敬される歴史深い
神社です。
辺津宮へつぐう(総社・宗像大社)
広大な神苑は大部分が国の史跡に指定され、本殿を中心に各種祈願を行う祈願殿、第二宮(沖津宮)、第三宮
(中津宮)、高宮祭場、そして国宝8万点を収蔵する「神宝館」が点在しています。
現在の本殿・拝殿は、弘治3年(1557年)に焼失したものを、本殿が天正6年(1578年)、拝殿は天正18年(1590年)
にそれぞれ再建したもので、国の重要文化財に指定されています。
沖津宮おきつぐう(沖ノ島)
玄界灘のほぼ真ん中に位置する周囲わずか4劼療隋⊆囲50匏内に島はなく「絶海の孤島」と呼ばれるのが
沖ノ島です。定住者はなく、九州本土の辺津宮(総社・宗像大社)より派遣された神職が10日交代で365日勤務し、
中腹に鎮まる沖津宮で日々祭祀を行ない、たった一人で島を守っています。また一木一草一石たりとも島から持
ち出さない、女人禁制、上陸時の海中での禊(みそぎ)などの掟が今も固く守られている、神の島です。
中津宮なかつぐう(大島)
宗像市の沿岸部、神湊港(こうのみなとこう)から約11厠イ譴真邑700人ほどの「大島」は、福岡県最大の島です。
フェリーターミナルより徒歩約5分の小高い丘の上に、中津宮は鎮まっています。境内には「天の真名井」、七夕
伝説を今に伝える「天の川」「牽牛社」「織女社」、島内には沖津宮遙拝所や御嶽神社などが鎮座する歴史ある
島です。
                                                     宗像大社パンフレットより                                                    
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
宗像大社
宗像大社
宗像大社
宗像大社 辺津宮 
【所在地】 福岡県宗像市田島2331 (社務所)  地図
【問い合せ】 0940-62-1311
【駐車場】 1000台/無料
buccho201804pf
ドライブをしながら立ち寄った温泉・
食事・観光などを書いています。
記載内容が、変更されている場合が
ありますので事前に確認の上
お出かけ下さい。
本館「好きっちゃ!!温泉」 
ご質問・お問い合わせなどがありましたら、下記のフォームよりお願いします ↓
月別アーカイブ
過去ブログ検索
本ブログ内にある全ての画像・文章の
無断転載・転用・引用・複製を
   禁止します。

当サイトからリンクしているサイトや、
リンク先のサイトに関して生じた
いかなる損害についても一切の
賠償する責任は負いません。
ご訪問ありがとうございます
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ