お緩いブログ

おゆるいブログ ゆる~い記事や新しいニュースを紹介しています。

雑談に入ってこない新入社員に「お前、何聞こえないフリしてんの?」と注意したら逆ギレされた

1: アメリカンボブテイル(埼玉県) 2013/06/22(土) 10:55:06.03 ID:K/rjQmBQP BE:2815018548-PLT(12001) ポイント特典
 なぜ、最近の若者は会話に苦手意識を持ち、雑談を回避するのか。「人前でしゃべらない大学生が目立つようになった」と指摘するのは、流通科学大学の石井淳蔵学長だ。

「『しゃべらない』のは、これまでの教育システムの副作用があると思います。いまや大学入試はもちろん、就職試験でもSPI(総合適性検査)のような、
知識を詰め込んで予め答えのある問題を解くことだけが要求される。そうした訓練ばかりだったので、自ら直面する現実問題に対応できない」

『仕事の9割は世間話』(日本経済新聞出版社)の著者で、人事コンサルティング企業「セレブレイン」の高城幸司社長が続ける。

「彼らに共通しているのは真面目なこと。大学でもサボることなく、きちんと授業を受けています。理由は50社受けても1社も受からないというような就活の大変さを知っているから。
早めに単位を取得して、就活戦線に備えるのです。

 そもそも不況で親の仕送りが激減したので、学生は遊ぶお金がなく、サークル活動や飲み会をしなくなった。学校が忙しくてアルバイトもしないので、
幅広い世代と触れ合う機会を失っている。“遊びの要素”がないから、会話力が鍛えられないのです」

 また高城氏は、現代っ子ならではの環境も理由に挙げる。

「実際に会って話をしたり、電話でしゃべったりする場合は、“最近どう?”、“毎日暑いね~”などと会話を温めてから用件に入るのが普通です。
ところが、今の若者はメールというツールを中心に意思疎通をするようになったため、知らず知らずのうちにこうした“枕詞”を失ってしまった。
用件だけのやり取りに慣れた彼らにとって、雑談や世間話は“無駄”なのです」

 こんな意識だからこそ、世代間ギャップは埋まらない。都内の中堅食品会社の30代社員はこう憤る。

「厄介な仕事がようやく一段落して、同じグループのメンバーたちと、オフィスで他愛もない雑談をしていたんです。“今度お疲れ会やろうか~”なんてね。近くには新人もいました。

http://news.mynavi.jp/news/2013/06/22/014/

引用元: 雑談に入ってこない新入社員に「お前、何聞こえないフリしてんの?」と注意したら逆ギレされた

【海外】ヘビに食べられる寸前の猫を救った男性【動画】

1: BaaaaaaaaQφ ★ 2013/06/18(火) 11:28:22.45 ID:???0
先日、藪の中で苦しんでいる猫の姿を目にした中米コスタリカの男性。彼が素早く救助を行
った結果、幸いにも猫は命の危機を脱することができた。この救助の一部始終を収めた動画
がYouTubeで公開されたのだが、それを見たネットユーザーや欧米メディアなどから“ヒーロー”
と呼ばれるほど注目を集めているようだ。


英紙デイリー・メールなどによると、この動画は6月10日付でYouTubeに投稿された「Cat vrs
boa constrictor」(http://www.youtube.com/watch?v=6YdGk7W0zLk

)。動画ページに
書かれた投稿者の説明では、観光旅行で訪れたコスタリカ北西部の街ノサラのホテル近くで
動画のシーンに出くわし、携帯電話で撮影したものだという。

冒頭、草が生い茂る藪の中で鳴き声を上げる猫の姿を捉える男性のカメラ。猫は体長約6フィ
ート(約1.8メートル)ものヘビ“ボアコンストリクター”に体を締めあげられ、苦しくて悲鳴を上げていたのだ。


ボアコンストリクターとは、主に中南米地域に生息し、一般的な成体は体長約3.6メートル、体重
45キロ以上に達するとされる肉食の大型ヘビ。毒は持っていないものの、獲物に巻きついてそのま
ま丸飲みしてしまうという、攻撃力の高いヘビだ。


つまり動画の猫は、巻きつかれたボアコンストリクターに食べられる寸前の状態。そこへ助けの手を
差し伸べた現地のコスタリカ人男性は、苦しむ猫の体を自分のそばへと引き寄せると、臆する様子
もなく猫の後ろ脚に噛みつくヘビの頭を掴み、力づくで引き離そうとし始める。格闘すること約15秒、
相当な力で猫に巻きついていたヘビは頭を引き離されると、胴体のほうもすんなり猫から離れた。
突然解放された猫は素早く立ち上がりはしたものの、状況を把握するように一瞬動きが止まっている。

勇気ある男性の活躍ぶりに、笑い声を上げているのは撮影者。今度は自分の腕がヘビに巻きつか
れているが、撮影者の問いかけにも茶目っ気溢れる表情で応じる男性は、慣れているのか余裕たっぷりな感じだ。

ちなみに助けられた猫は、その後、元気でいる姿が目撃されているという。
http://www.narinari.com/Nd/20130621966.html
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6YdGk7W0zLk


引用元: 【海外】ヘビに食べられる寸前の猫を救った男性【動画】

民主党の海江田代表、街頭演説で有権者の反応が悪く泣きを入れる…「もう少し前に出て(演説を)聞いてくれませんか…」

1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★ 2013/06/16(日) 16:40:33.13 ID:???0
 “泣き虫”代表に大ブーイングが起きた!! 東京都議選告示日を迎え、民主党の海江田万里代表(64)は14日、
東京・世田谷区で街頭演説したが、有権者の反応が悪いことに「もう少し前に出て(演説を)聞いてくれませんか…」と
泣きを入れる一幕があった。

 前回の都議選で54議席と圧勝し、都議会第1党に躍進した民主党だが、国政での失政が重なった影響などを受け、
この4年間に相次いで離党。今回の候補者は44人にとどまっている。民主党の候補者陣営が小田急線・経堂駅前に
「海江田万里本日16時30分に来る」と看板を出しても、足を止めるのはごくわずか。

「海江田さんは代表になったはいいが、演説がダラダラしてダメ。候補者もイライラして演説中に海江田さんから離れて
通行人に握手しに行ってるじゃない。失政を潔く認めてから戦わないと無党派層は足を止めて演説を聞きませんよ」
(60代の民主党支持者の男性)

 海江田氏といえば、福島第1原発事故が発生して以降、経産相として原発問題に当たったが、菅直人元首相(66)の唐突な
「脱原発」表明などに振り回された。参院予算委員会では、手のひらに「忍」の一文字を書き、経産委員会では野党の追及に
涙を流して“泣き虫”とやゆされた。

「演説でも泣きを入れてないで力強く演説しなきゃ。都議選で結果を出さなきゃ、参院選前に民主党は
消滅しちゃうんじゃないかと心配よ」(60代の民主党支持者の女性)

 安倍・自民党に圧倒されっぱなしの海江田・民主党。都議選ではさらに失速しそうだ。

ソース:http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/153136/

引用元: 【民主党】民主党の海江田代表、街頭演説で有権者の反応が悪く泣きを入れる…「もう少し前に出て(演説を)聞いてくれませんか…」

麻生大臣「(株が)上がると思って買って損した人はその人の問題。その責任までこっち言われてもどうにもならない」

1: 再チャレンジホテルφ ★ 2013/06/15(土) 00:35:33.14 ID:???0
麻生太郎副総理・財務・金融相は14日の閣議後の記者会見で、
日経平均株価は「政権が変わる前は8千円台で、
(現在は)1万2千円台だから5割上がっている」と述べた。

13日の終値が、日銀による量的・質的緩和の実施前の水準に下がったことには
「もっと上がると思って損したというのは、
その人たちの感性の問題、その責任までこっちに言われてもどうにもならない」と話した。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1400D_U3A610C1000000/

前スレ(★1:2013/06/14(金) 13:48:15.06)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1371213792/

引用元: 【政治】麻生大臣「(株が)上がると思って買って損した人はその人の問題。その責任までこっち言われてもどうにもならない」★3

駆除したエゾシカを菌で分解処理 体重100キロのシカが3日ほどで骨も皮もなくなる 北海道おこっぺ

1: おっおにぎりがほしいんだなφ ★ 2013/06/14(金) 06:42:33.41 ID:???0
北海道興部町は生ごみの処分に使う土壌菌を組み合わせ、
駆除したエゾシカを分解して処理する方法を開発した。

農業被害が深刻で、年間約300頭を駆除しているが、
処理の経費は3分の2ほどに削減できた。環境省は菌を使う方法は
珍しいとしている。

興部町によると、土壌菌を付着させた約30立方メートルの木材チップの中に
シカの死骸を入れる。
ショベルカーで1日1回かき混ぜると、体重約100キロのシカが3日ほどで
骨も皮もなくなる。

道内の4町村もこの方法を採用したほか、ニホンジカやイノシシの被害に悩む
岐阜県下呂市も同様の処理施設を建設する方針だ。


ソース:共同
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061401001047.html
画像:処理施設で混合されるエゾシカと木材チップ
http://img.47news.jp/PN/201306/PN2013061401001057.-.-.CI0003.jpg

引用元: 【環境】駆除したエゾシカを菌で分解処理 体重100キロのシカが3日ほどで骨も皮もなくなる 北海道おこっぺ

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
お緩いブログ