2017年12月15日

しかもあと20年は戦える!
手前ミソですが、ウチがこんなもん実現させるとは思わなんだ!


可変圧縮比エンジン



272ps・39.8kgf・m。


地味にすごいのが、既存の部品&技術のみで仕立てられてること。
誰も職を失わずして2040年問題まで内燃機関を延命出来た。

恐らくあと4〜5年すると大衆車にも搭載してくれるでしょう。
200万前半までの車なら間違いなく売れる!


早く日本仕様も投入しなはれ。



以上『久々に自社製品に惹かれた』の巻でした。
これはエポックメーキング以外の何物でもない。。



(02:30)

2017年12月10日

原チャリ君、もう3年バッテリー放置でした。
さすがに最近の寒さでは、FIといえど始動が辛い。。

とは言え、原チャリのバッテリーって、バカにしてると
信じられない値段を請求される伏兵なんすよ。
ヘタな4輪より高い!


さてどうしたもんか。


いつの間にか技術は進歩してました。メシア降臨。
その名も『リチウムフェライトバッテリー』


数年放置でも電圧降下は微小、充電は10分、
普段は少し走ればすぐ満タンに。

しかーも!

重さは3分の1、値段は3分の2といいことづくめ。
左が純正品、右が新型。
DSC_1789



小せぇ…
か、軽い…


唯一の欠点は、長期間放置すると、イオン化が停滞するので
お目覚めに時間が掛かること。イオン化しないと
イグニッションONしてもセルが回らないことがあるそうです。

この場合普通のバッテリーなら、充電しなきゃいけないシーンです。
でも、この子の場合、イグニッションONし、ライトON、
ウインカーONし2〜3分放置するとイオン化が再開し
電圧復帰するという不思議な特性を持ちます。


こんな不思議ちゃんなので、4輪用はまだ無いのですが、
2輪なら多少実用性がSpoilされても許してくれる方が殆どなので、
売れるんですね。


だって電源ONして放置すれば必ず復帰するんだよ。


ちょい乗りばかりの原チャリ君には打って付けの特性です♪
交換後、この寒さの中、快調に動いてくれました。


DSC_1790



ええで。これ。




以上『自賠責の更新並みにメンテ忘れそーだ』の巻でした。
電気的特性劣化の前に機械的破損の方が先に来そう。。


いずれおっきい方にも投入してみよっと。
Sさん、もっと早く教えてくれてればよかったのに…


いけずやわぁ。











(01:24)

2017年11月28日

思えば最初に購入したのはGUNが1981年、
C☆Mは創刊号から。。

36年も購読してたんだね…
KC4F0052_2



泥臭く、どこかイリーガルな雰囲気がたまらなかったあの頃。
毎月27日が待ち遠しかったっけ。


いつの頃からか望む内容と異なり始め、
ここ10年は完全に惰性で購入してました。


気付けば価格も当初の2倍弱まで上昇し、
それと反比例してしまってた熱。


残念ながら2刊共、2017年12月号をもって購入打ち止めと
させて頂きます。でもバックナンバーは売りませんよ。
それなりに愛着あるし。


今まで楽しませてくれてありがとう。



以上『永遠にさようなら』の巻でした。




(01:52)

2017年11月19日

人の叡智を強烈に感じる数式。
自然と生活を強く結びつけてくれるばかりか、未来予測もしてくれる。

shiki



知らない間にどんだけ恩恵を受けてることか。。



人により『これもあるだろ!?』いう意見もありますでしょうけど、
個人的な意見なので勘弁して。


あ、質点と剛体の運動方程式は敢えて外してます。
なぜかエントリーしたくなかった。


可愛さ余って憎さ百倍だから…だな。きっと。



ちなみに『はりのたわみ』が入っているのは、日頃良く使ってる割に、
改めて見直すとシンプルで綺麗だったから…から。

純粋な自然科学の根本式では無いものの、
同列にエントリーしときました。



以上『なぜかふと書き起こしておきたくなりまして』の巻でした。
トシなのかな?

(13:02)

2017年11月07日

34歳の頃。
DSCF0062_


一昨日。
KC4F0052_




縮尺ほぼ同じ。


良く言えば『開け行く大草原』とか『聡明そうな…』とか?



まぁ一般的には『禿げたぞおめぇ』ですね。




親にも言われる始末。爺さんが辿った道そのもの。。
さぁ、、どうしたもんかのぉ…

白いものも増えたし密度も下がった。
迂闊にシロウトが手出しすると毛根に負担が掛かる。


誰ぞ妙案は無いか?




以上『イイ感じになったら剃る!』の巻でした。
剃髪しその方面に入るというのもアリかと思ったり思わなかったり。


とりあえずダメ元でサプリでも。



どうでもいいか(寂笑)





(00:48)

2017年10月15日

あたしゃアクセルはワイドオープン派。
だから歴代バイク、エンジンがぶすぶす言ったことありません。

今乗ってるおっきいバイク君。

今でこそ整備にて完調に至ってますが、それまでの道のりは
そこそこ苦労させられました。

象徴的が画像を。


DSC_1735_1



これ、エアクリーナーを外し、スロットルバルブを強制全開に
した時の画像なんすが…


見えます?真っ黒くなった吸気バルブが。


排気側がある程度汚れるのは仕方ないとしても吸気側が『黒く』
汚れるには、それなりの理由があるわけでして。

ブローバイと不完全燃焼の吹き戻し。

前のオーナーが、如何にダラダラ走ったかが分かる汚れです。。
現在ケミカルにて定期的に洗浄掛けてます。

現在は結構綺麗になった様ですが、まだまだでござんす。

今週末は雨模様。乗ってあげられませんが、来週は
ワイドオープンしてあげたいもんです。



以上『マルチエンジンは回すが吉よ』の巻でした。
車とは回転域がちゃうんですもの。ダラダラしちゃダメよ。





(00:00)

2017年10月02日

いろいろ試し、90%状態だったおっきいバイク。
ようやく本日、新車を超えました。


専用部番を与えられしレアメタル使用のプラグ
DSC_1733_




4万km保証が聞いて呆れた(笑)
4本中の1本だけでしたが、どうやら通電不良の模様。
どの辺にイリジウム?というくらい真っ黒。。

交換後はウソみたいに復調しました。

約半年、試行錯誤してましたが、いろいろ学ばせて頂いた車両です。
次回から何か不調になっても、恐らくタマゲません。
ピンポイントで復調させられます♪



以上『Sさん、ご苦労様でした!』の巻でした。
後は壊さない様、あと10年維持しまっせ!

目指せM900超え!


(00:21)

2017年09月11日

炎天下、1h以上並んで、やと乗れた。
無題



職業柄、片持ち梁の基部は常に気になるが…
そんなことお構いなしな2名+ガイドさん、
計4名を乗せても大丈夫vv!

約300kg負荷でしたが、当たり前のように稼働してました。
実用車両なんだから、そりゃ至極当たり前なんですけどね。

でもほら、トラス構造の片持ち梁なワケで。。
気にならない??



以上『ねじれ方向にぐにゃぐにゃしてたよ』の巻きでした。
消防の皆様。日々ご苦労様です…





(00:18)

2017年09月04日

青い紙。

右折禁止だと。
21199712_2031810693713884_7745885927021106248_o



・・・

・・・

・・・


あのなぁ、、標識乱立させ、思わず右折禁止違反をしてしまいがちな
交差点なら、右折の意思表示した瞬間に一旦注意勧告を出すとか
出来ないわけ??

注意勧告無しでいきなり検挙するのは、既得権益を持つ連中の
職務怠慢と見えるワケ。。

押し問答すること約1時間。


『お前ら、検挙する為に張ってるのか事故予防の為に張ってんのか
 どっちなんだい?回答次第ではサインしねーよ』


そう問いただすと、間髪置かず


『検挙の為にやってんですよ!』と開き直りやがった。。
法律順守は当たり前としてだよ、法の執行者判断にばらつきが
あるってーのが許せんかった。
ウソでも『安全維持の為です!!』と言うべきでしょうよ。


とは言うものの、年配巡査の『見難かったことについては
今後の課題とさせて頂きます』の一言を信じてやったよ。


¥6000の2点。


また1年は品行方正に過ごさないといかんね。
法規的には理解してるが執行に地域差があるのは
本当に許せんわ。



以上『日本では、自動車事故は永遠になくなりません』の巻きでした。
定点観測取締は何の抑止にもなってないよ。


ちなみに定年まで無違反を続けても、ゴールド免許は
貰えない計算です。


いやはや。



(01:52)

2017年08月16日

実家帰省中です。

妹夫婦の住む集落の盆踊りに行ってました。
DSC_1679



フリードリンク・フリースモーク・フリーダンシング!
何でもフリーっす。

中央じゃ考えられないくらいおおらかに式次第は
流れて行くです。いいなぁ。この感じ。


手作り感満載のやぐらに、これまた青年会が奏でる甚句。
DSC_1678



ちなみに笛を吹いているの、義弟です♪


子供の頃はこんな感じのお祭りが各地域であったのに、
今じゃ実家の周囲でも見掛なくなりました。。

ちゃ〜んと格安出店もある…
タイムスリップしたかの様な光景でした。

がきんちょ達は大喜び。

そーだよなー。あれもこれもダメダメな社会で育っている子には
何でもありの感覚はカルチャーショック以外の何ものでもない。

地元密着感溢れる催し、大変よろしい!
来年もお呼ばれしまっせ☆



以上『ぶよの数もハンパ無し!』の巻でした。
刺す系昆虫もまた昔ながらでした。

PS:裸眼で天の川が見れる場所でした。スゲ!




(00:55)