まずは皆様のファン投票で行われました、昨年、2012年におけるベストバウト並びにMVP賞。

1月13日大会では、試合開始前に結果の発表と表彰式を行いました。


■ファンが選んだ2012年OZアカデミーベストWIZARD
タッグマッチの部

【第一位】202票
▼8月19日後楽園ホール
OZアカデミー認定タッグ選手権試合
アジャコング&加藤園子組(王者組) 対 AKINO&栗原あゆみ組(挑戦者)

【コメント】
栗原「この度はタッグのベストバウト賞を頂いて本当に嬉しく思います。やっぱりAKINOさんと組んで、しかも勝った試合で選んで頂いたというのが凄く嬉しいです。まだ防衛戦を一回もしていないので、どんどん防衛をして行きたいです。クソババー以外でしたら誰でも防衛戦をしていきたいと思います」

AKINO「今年も選んで頂きましてありがとうございます。以前、ベストバウトはタッグで頂いたのですが、負けた試合でしたので、次回は勝った試合でもらいたいですとコメントしたのですが、それが叶いまして、勝った試合でのベストバウトとなりました。今年はシングルでのベストバウトを狙いたいと思います。よろしくお願いします」
アキノ&栗原





加藤「皆さん、明けましておめでとうございます。このタッグのベストバウトに選んで頂いてありがとうございます。このタッグチームが無くなってから私は結果を残せていません。ですが、今年はバッチリとシングルで結果を残して行きたいと思いますので、皆様応援して下さい」
加藤園子





アジャ「新年明けましておめでとうございます。三年連続ですかね?負けた試合でとるというのは、ちょっと複雑な気持なんですけど、まあ、勝って調子にのっている、どこかのどいつもいますけど、ただ、ベルトを諦めたわけではありませんから。タラレバ話をしても仕方ないですけど、この試合は私があそこで今(延長戦を)やると言わなければ、この結果は無かったと思うので、(この結果は)マグレだった事を証明したいと思いますので、そろそろ(ベルト)獲りにいきます」


■ファンが選んだ2012年OZアカデミーベストWIZARD
シングルマッチの部
【第一位】102票
▼10月14日新宿FACE
輝優優引退ロード
アジャコング 対 輝優優

アジャ「明けましておめでとうございます(笑)勝った試合なので非常に嬉しいです。ただ、対戦相手の輝優優が今横にいないのがすごく寂しく、…なんで今日来てくれなかったのかな?そのまま試合すれば良かったのにね。さっきのタッグはタイトルマッチという部分でとれたというのもあったのですけど、このシングルはタイトルでもなんでも無い、しかも後楽園でもないこの新宿FACEでとれたという事に意味があって、価値があるんじゃないかなと思います。
良い試合だったかどうだったか分かりません私には。ただ、皆様の去年のOZの中で一番記憶に残る、気持に残る試合だったのじゃないのかなと。それが選ばれた意味じゃないかと思います。
ただ、私がこうしてシングル、タッグ両方のベストバウトを頂いてしまっているような状況を若い選手はよしとしていいのかなと。いつまでババアに頑張らせているのかなと。まあいいですよ、ババアだのどうのこうの、邪魔だとかどうのこうの、言いますけど、結果が全てだと言う事で、私はもう結果を出しています。と、いう事で今年も結果を出して行きますので、よろしくお願いします」
アジャコング






輝優優の表彰状はOZアカデミー事務局が責任を持ちまして、輝優優選手に届けさせて頂きます。


■ファンが選んだ2012年OZアカデミーベストWIZARD
【第一位】75票 
栗原あゆみ

栗原あゆみ






栗原「この度は栗原あゆみに清き一票をありがとうございました。本当にこのOZのリングはキャラが濃くて存在感がある選手ばかりで、その中でMVPに選んで頂けたという事は本当に光栄に思います。ですが、シングルのベルトを巻いた訳ではないですし、今年はとにかくむかつくクソババーを倒して、黙らせてから、タッグだけでなくシングルを狙って行きたいと思いますのでよろしくお願いします」
栗原コメント






・‥…━━━☆・‥…━━━☆

皆様、沢山のご応募ありがとうございました。

今年は、はっきりいって「予想外」の結果となりましたが、これは大きく喜ぶべき事だと思っています。

時代が確実に変化しています。
今年はいったい誰がどんな嵐を巻き起こすのでしょうか。
危険なOZの国、大波乱を期待しています!

ベストバウトを生み出すのはお客様の応援の力です。
皆様の応援があってこそ誕生するベストバウトです。

今年も盛大な応援をよろしくお願いします。
2013年もOZアカデミーにご期待ください!