空を見上げて
トップページ » Dr. naru のつぶやき
Dr. naru のつぶやき

勉強会を当院で開催しました

P1010714

TPI歯周インプラント補綴研究会を

前回の久留米「ひろせ歯科クリニック」に続き

今月は「おざさ歯科クリニック」にて行いました。

今月の内容は、歯科機材のヨシダから発売された

根管治療用R相ロータリーニッケルチタンファイル『TFファイル』です。

先日横浜で行われた、デンタルショーで注目されたファイルです。

歯の根の治療(神経の治療)は複雑で時間がかかる治療です。

それを患者さん・術者双方の負担を少しでも減らすよう開発された治療器具です。

メーカーの方が説明に来てくださり、実際の歯を用いてのセミナーです。

使用した感覚は非常によく、素晴らしいと思いました。

このように医療器具の新技術にアンテナを張って自分のものにしていきたいと思います。

P1010706

おざさ歯科ozasadc  at 20:25コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

TPI歯周インプラント補綴研究会 新入会員

4月のTPI歯周インプラント補綴研究会の症例検討会が開催されました。
5名の新入会員を迎えてますます活発に活動していきたいと考えております。
以前、悩んでいたことを同じように悩んでいる後輩たちを見ていると、
みんな考えるところ、悩むところ、苦労するところは似ているのだなぁと思い、
自分なりのアドバイスを送りながら、他の視点からのアドバイスがもらえるこの会の素晴らしさを改めて実感し、素直の心が必要だなぁと思うのでした。

本日は、一番気になった症例は 「唾石」
胆石や尿路結石が有名ですが、唾液の管にも石が出来ることがあります。
りゅう先生は、以前大学病院勤務時代9歳の男の子の耳下腺唾石を救急当番で発見したといっていました(耳下腺はほかの舌下腺・顎下腺に比べて唾石ができにくい)
手術は、おもに大学病院などの設備の整ったところで行われます。

来月は、部分床義歯(部分入れ歯)のバネについて、私も発表したいと考えております。

24 TPI歯周インプラント補綴研究会 025






24 TPI歯周インプラント補綴研究会 018

おざさ歯科ozasadc  at 23:58コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

兄弟飲み

昨日は、研究室で次の学会発表に向けてカンファレンスを行いました。
センチネルリンパ節(悪性腫瘍のリンパ節転移の際に最初に転移するリンパ節)の中でなにが起きているのかを研究しています。

カンファレンスと実験が早めに終わったので、弟に電話して飲みに行くことに。

飲む前には運動でしょうとゴルフ練習場に行ったところ・・・
24時間営業と思っていた練習場は22時から23時まで玉拾いのため準備中とのこと・・・
残念。
めったにゴルフ練習場に行きたいと思うことなんかないのに・・・

で、知り合いのお店に飲みに行きました。
場所は周船寺の大大(まさまさ)。
2号店です。
オーナーと知り合いなので、弟とオーナーと会話も楽しみながら
おいしいお酒と焼き鳥、〆にラーメンをいただきました。
運動もしてないのに・・・

同窓会までにやせようと思っているけど、
思いとやっていることがまるで逆。
おいしいもの我慢するのも、難しいものがありますね。

弟も、いろいろと考えることがあるみたいで
兄に出来ることがあれば、色々としてあげたいです。
頼りない兄貴かもしれないけど、頼られれば出来る限りのことはします。

そういう点ではやはり兄弟っていいですね。










おざさ歯科ozasadc  at 12:13コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!