カテゴリ: 王座戦(主要試合など)結果

17日、後楽園ホールで行われた日本ウェルター級王座戦。王者高山樹延(角海老宝石)3度目の防衛戦。




[日本ウェルター級王座戦]


王者&WBA世界同級14位
高山樹延(角海老宝石)
vs
日本同級1位&元OPBF&日本ミドル級王者
鈴木哲也(六島)



判定3-0(96-94,96-94,96-94) 勝者 高山樹延



◇WBAで世界ランキング入りする王者高山が同王座3度目の防衛に成功。同級1位鈴木は、日本ミドル級王座に続く2階級制覇はならず。


Twitter













24日、後楽園ホールで行われた日本スーパーバンタム級王座戦&OPBFフェザー級王座戦。




[OPBFフェザー級王座戦]


天笠尚(山上/C,WBC#11,IBF#8,WBO#11)
vs
ビンビン・ルフィーノ(フィリピン/OPBF#1)


8R分0秒46TKO勝者天笠尚



◇王者天笠は、昨年11月に李冽理から獲得の同王座初防衛に成功。比国(GAB)王者ルフィーノは、2010年以来の同王座挑戦も獲得ならず。



[日本スーパーバンタム級王座戦]


大竹秀典(金子/C,IBF#3,WBO#15)
vs
日本同級1位
中嶋孝文(ドリーム/OPBF#5)

判定3-0(96-95,96-94,97-93)勝者 大竹秀典



◇2012年6月に行われた同王座決定戦以来の対戦となった両者。前回、スプリットで勝利した王者大竹が4度目の防衛に成功。



25日、後楽園ホールで行われたOPBFバンタム級王座戦。




[OPBFバンタム級王座戦]


岩佐亮佑(セレス/C,WBC#1,IBF#10,WBO#4)
vs
リチャード・プミックピック(フィリピン/OPBF#1)



判定2-0(116-113,116-112,114-114)勝者 岩佐亮佑




◇王者岩佐は、昨年12月に椎野大輝から獲得の同王座初防衛に成功。





26日、後楽園ホールで行われたWBA世界スーパーフライ級王座決定戦。





[WBA世界スーパーフライ級王座決定戦]


デンカオセーン・カオウィチット(タイ/interim C,WBA#1)
vs
河野公平(ワタナベ/WBA#2)



8R0分50秒KO 勝者 河野公平



◇同級2位河野が、暫定王者で同級1位デンカオセーンを倒し同王座返り咲きに成功。







30日、大阪・松下IMPホールで行われたOPBF女子スーパーフライ級王座戦。王者川西友子(大阪帝拳)2度目の防衛戦。





[OPBF女子スーパーフライ級王座戦]


川西友子(大阪帝拳/C,WBA#4,WBC#8)
vs
ジュプジャン・ルックマカームワン(タイ/OPBF#3)



判定3-0(80-72,80-72,80-72) 勝者 川西友子



◇2連続KO勝利中の王者川西は、6連敗中の同級3位ジュプジャンを下し同王座2度目の防衛に成功。











↑このページのトップヘ