2006年08月22日

数日前から

テストしていたのですが、問題なさそうなので移行します

2006年08月10日

生まれてはじめてのマッキントッシュコンピュータ

箱を空けた瞬間はさすがに射精しそうになったけれど、使ってみたらなんてことはない。所詮パソコンはパソコンだ。ウィンドウズだろうがマックだろうが、使える人は使えるし、そうじゃない人はそうじゃない、ということがわかった。

しかし美しさについては、その差は明らかだ。ソフトハード共にマックのほうが美しい。二台並べて置いてあれば猿でもマックを使おうとする。

こういう選択肢が、あと1つ2つあれば、この世界ももっと楽しいのに、と思う。

2006年08月09日

2006年8月6日ブダペスト郊外の

ハンガロリンクに君が代が流れた。初めて見た。
あの今宮さんをもってしても初めてだそうだ。40年ぶりとかなんとか。

F1というスポーツはとにかく1位と2位の差がとてつもなくでかい。表彰台にあがる人は何人もいるけれど、優勝できるのは本当に選ばれし者しかできない。とにかくすごいステータスなのだ。鼻が何本あっても足りない。

ホンダが優勝した。優勝はすごい。また泣いてしまった。

2006年08月07日

期せずして

20060807
32回目の誕生日に生まれて初めてのマッキントッシュのコンピュータがうちにやってきた。

外装の上品さはいわずもがな、フォントの美しさや、ビロローン的なUIに驚いているところですよ。でも買っていきなり300MB超のアップデートはいくらマックでも興ざめなんですけど…

それにしても美しいなぁ。

2006年08月05日

孫ネタだけれども

20060802巡回サイト 『idea*idea』から2ネタ。

カワユスなフライトシミュレーター

ツンデレなダースベーダー


カワユス、っつーのは知らなかった。しょこたんすごいなぁ。

2006年08月02日

ぼくの親父は

パブリカ(1961)以来トヨタ車以外買ったことがなく、トヨタ以外は車で無いと言い切ってしまうような根っからのトヨタ党な人だ。ぼくの記憶をたどっても、我が家の車はずーっとトヨタだった。カローラ、コルサ、カローラワゴン、マーク供▲レスタ、クラウン等々。

そんなトヨタ党のセガレが、ニッサンの車を買ってしまった。親父からの罵倒の声を考えるだけで、あぁ今から恐ろしい。今すぐ売ってこいとか言われたらどうしよう。

さておき車買ったときの話ですが、基本的に家計で買うものであって、生活必需品ですから物欲みなぎるーぜ、といったものでもないですが、買い物も7桁になると緊張感が出てきます。たるんだ腹の贅肉もググッと引き締めTIIDAを買いました。走行2,600キロの1年落ちの物件。ざっと新車(値引き後)の2割引、っつーところでしょうか。

盆前納車。マックブックとかぶってしまいました。

2006年07月26日

押しました


これらの商品の発送可能時期:
2006/8/3 - 2006/8/10

配送予定日: 2006/8/4 - 2006/8/12

1 "Apple MacBook 13" 1.83GHz Intel Core Duo/ 512MB/ HD60GB/ Combo/ White [MA254J/A]"
Personal Computers; ¥ 134,800
-------------

AppleStoreで無いとか、メモリが512MBとかJPキーボードとか、いろいろ思うところはありますが、とりあえず押しました。1Clickで買えました。

お盆休みまでに届けー。ヌヌヌヌー(念力の音)

2006年07月25日

一度考え出したが最後

仕事もそこそこにMacBookのことを調べていたら、MacSaberの存在を知ってしまった。そうか、そういう使い方もあったのか。すごいぞMacBook。

しかしよく考えてみたら、剣は2本あってはじめて戦うことができるのだ。確かスポーツチャンバラでもそうだった。と、おあつらえ向きに、MacBookには白黒2色あるそうじゃないですか。ダークサイドじゃないですか。

2台かー

2006年07月24日

近々、と言っても来月末ですが

程よい臨時収入がありそうなので、新しいパソコンでも買おかなと思い立った。

んで折角だしかねてより懸案(念願?)だったマックOS、MacBookを買おうかなと思うのだけれど、マックなんて人生でトータル7分ぐらいしか触ったことがないので不安でいっぱいだ。
メモリは512MBでいいのか、AirMacはいるのか、Excelでつくられた我が家の家計簿はどうなるのかetc...

あぁ久しぶりに悩ましい夜がやってきた。

2006年07月18日

ソーシャルブックマークの

はてな。随分前から気になっていたんだ。検索したら2chと同様、なにかと引っかかってくるし。存在は知ってたけど、よくわかんないから先送りねと得意の日和見主義(オポチュニズム-opportunism)で過ごしていたのだけれど、最近やたらと目にするし、あしかシステムは結構気になるしというわけで、この連休中38℃の熱発のなか取り組んでみた。

オンラインブックマークというのは数知れずあるけれど、んではソーシャルブックマークとは何ぞ哉、てなところから入り、ブックマークとRSSリーダーをマスター。

ていうか初めてRSSリーダーを使いこなした気がする。あぁこんなに便利だったの
ねー


2006年07月13日

一度使うとやめられない

Google Calendarだけれども、デフォルトのカレンダーで作成したイベントにしか、リマインダーが設定できないという弱点がある。デフォが仕事で、サブにプライベートてな使い方をするとリマインダーが働かず、結婚記念日失念、小遣いカット、てな憂き目にあうわけである。

でもどんな問題にも回避方法はある。人間は考える葦なのである。自分でもう一つGoogleアカウントを作成しカレンダーを作成、そのサブユーザーのデフォルトカレンダーをシェアリングすれば、複数のカレンダーでリマインダーが、という話。

2006年07月09日

中学生の頃から

20060709
電子手帳を愛用していたことからも察せられるとおり、昔から仕事術というようなものに興味津々なのだ。仕事よりも興味津々と言っていいかもしれない。

GTDというものを今年の頭あたりから試している。詳細はググってもらうといいと思う(おそらくこことかここ
とかがヒットするはずだ)けれど、要は従来のTodoリストの概念をちょっと変えて、ゴリゴリに使い倒そうというものだ。

提唱者はデビッド・アレンさんという人で、『仕事を成し遂げる技術』という本があって、現時点でこれがGTDのバイブルのような存在になっている。いかんせん文体がイマイチ(和訳のせいか?)で読みにくいのだけれど、バイブルだしとりあえずは読んだ。

あれこれ読んで試してみたところ、かなり洗練されたシステムだと思った。特に旅行に行く前なんかに分刻みでスケジュールを立てるのが好きなタイプの人には最適だと思う。

ひとつ感銘を受けたポイントがあるので紹介するのだけれど、GTDのシステムの中で「2分以内でできることは、すぐやる」というのがある。なぜ2分かといえば、とある事象をリスト化してシステムに取り込むのに2分かかる、ということ。ならば今すぐやってしまえ、という考え方だ。

実は、GTD導入前のぼく基準ではこれが5分だった。その5分には特に根拠はなくて、まぁ5分ぐらいなら割り込ませても、後の仕事に差し支えないかなぁという考えだった。ところが、これを2分にすることにより、「今やる?それとも後でやる?」という選択がより明確になった。やっぱり5分という時間は長いのだ。いろんなことができてしまうからね。

てな具合で、かなりチマチマとした話でしたがどうでしょう。何かLifehackしてますか?



仕事を成し遂げる技術―ストレスなく生産性を発揮する方法


ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則



2006年06月21日

山口母子殺害事件の最高裁判決

20060620高裁差し戻し。幼子を持つ全国の父親の一人として、胸を締め付けられながらインタビューを見た。泣けた。

あそこまで大手を振って正義を語ることはとても難しいと思う。嘘臭い。拉致連のように、活動が目的になってしまうことも往々にしてある。

カメラの前でしゃべりまくる本村さんに、自分の姿を重ねる。あそこまで自分に強くなれるかと自問自答。

2006年06月16日

オフィスアプリ愛好家として

早速公開されたてのオヒス2007を試してみた。しばらく使ってみているが、全体的には好印象。Outlookなんかは今すぐでも乗り換えたいぐらいだ。ただあのExcelを使いこなす自信がない。あとAcccessなんかは我が社未だにAccess97を使っている事情もあり、全く別のアプリみたいでカッフンフー

2006年05月30日

約1年程度とはいえ

20060530今風に言うニート経験者としては、昨今の若者の不労問題なんかにもそれなりの理解を示すほうである。

故思うに、ニートを脱却するためには、何よりも働くことのウマ味を味あわせることが一番だと思う。

人間なんだかんだ言ってもカネには勝てん。ニートは確かにそれなりに楽しいのだけれど、やはり経済的に厳しい。煙草を買うのに親の財布から小銭をくすねたり、王将の餃子を買うのすら躊躇したり、ともかく大変だ。

ところがバイトでもいいから一ヶ月働いたら十数万の現金が手に入る。煙草なんて毎日2箱贅沢吸いできるし、餃子だって毎日毎食食える。ていうか雲の上の存在だった数万円の買い物がポポンとできる。ステレオだってノートパソコンだってMTRだってプリンタだってディスプレイだってギターだって何でも買える。なぁに毎日7,8時間切り売りするだけだ。時間なんて売るほどある…

今後中年フリーター(派遣含む)が増えるという。我々雇用側としては、そんな時間切り売りタイプの彼らに本気で望まないと負けてしまうと思う。君の人生に信念はあるのか?と問うてる方が実は何も考えずに生きている人間だったりするからタチが悪い。

2006年05月23日

時間的および空間的な制約から

20060523

めっきりとステレオで音楽を楽しむ機会がめっきり減ってしまった。

アイポッドで無作為かつ無尽蔵に音楽を楽しむのも悪くないけれど、突き詰めて聞くとやっぱりアイポッドの音。mp3の128kbpsと192kbpsの違いはロクにわからないけれど、ステレオのスィートスポットで聞くCDの本当のポテンシャルはやはり圧倒的。

2006年05月16日

約1ヶ月近く

20060516更新が滞っておりましたが、まぁ長い日記生活そんなこともあるわけで、別にコレといった理由があったわけでもなくとにかく仕事は忙しいけれど子供は日毎にかわいくなる一方で元気でやってますぼくは。ええ。

今日のこのこと出てきたのは、型番が衝撃的なアレ(数日前からリーク情報が出回っていましたけれど、シャレだと思っていましたよホント)のこととか、IE7は別にとるに足らないこととか、東京大学のPodcast 学術俯瞰シリーズがとてもおもしろいこととか、最近の若者は引っ越しの手順も知らんということとか、カメラのこととかまぁいろいろあるんですけれど、まぁそういうことですよ。ええ。


2006年04月18日

白モノ家電?

86679afa.jpg


2006年04月16日

日曜日は雨という

20060416

ジンクスから解放され、自転車で出かける。山間の神社の境内で見つけた遅咲きの山桜に、しばし見とれた。



2006年04月14日

スケジュール管理に

思案しておるということを、昨年9月に書きました。それ以来約半年、Livedoorのカレンダーを使ってきたのですが、ここにきて真打ち登場。

Google Calendarができたそうなので、早速試してみちゃらへにょほにょ。

つーかね、違うよね、レベルがね。紙の手帳から電子手帳、WebカレンダーにOutlook、何と比べても違いすぎる。センスもテクニックも。使わない理由がない。