投資情報サイトTRADER-FAN

 25日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反発し、前日比13円78銭(0.06%)高の2万2450円79銭で終えた。トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を発表し、取引開始直後は一時前日比100円超まで下げた。会談実施に向けて交渉を継続するとの見方が強まって警戒感が緩み、短期志向の投資家が買い戻しに動いた。その後は週末接近に加えて手がかり材料も乏しく、小動きとなった。
東証大引け 4日ぶり反発、13円高 米朝関係悪化の懸念後退  :日本経済新聞


日経平均は、ちょっとだけ回復。

持ち株もちょっとだけ回復。

思い通りにいかなかったのは、豊和工業がほとんど動かなかったことですね。

北朝鮮問題の思惑買いで、上がるかなーと期待していたのに残念です。



というわけで、ランキングクリックお願いします→ランキング1 ランキング2 ランキング3 

My損益表(みための損は150万ぐらい)