23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸した。前日比506ドル50セント(1.5%)高の3万4764ドル82セントで終えた。22日の米連邦公開市場委員会(FOMC)がほぼ想定通りで、様子見姿勢を強めていた投資家の買いが幅広い銘柄に入った。中国不動産大手の中国恒大集団の債務問題への警戒感がひとまず和らいだことも投資家心理を上向けた。過去2日間の上げ幅は844ドルとなった。
NYダウ続伸、506ドル高 中国恒大への不安和らぐ: 日本経済新聞


NYダウ、続伸!

中国恒大集団の影響は一時的なものでしたか・・・

なにか買い増せばよかったかなぁ。

まぁ、これで日本株の株価も戻ってくるでしょう。



株式投資系ブログランキング→ランキング1 ランキング2 ランキング3 

My損益表