1日の米株式相場は反落した。ダウ工業株30種平均は前日比343ドル79セント(1.3%)安の2万6573ドル04セントと1カ月ぶりの安値で終えた。1日発表された米サプライマネジメント協会(ISM)の9月の製造業景況感指数が10年3カ月ぶりの低水準となり、米景気後退への懸念から売りが膨らんだ。資本財など景気敏感株をはじめ幅広い銘柄が下落した。

NYダウ343ドル安、1カ月ぶり安値 ISM製造業指数が悪化  :日本経済新聞



また、めっちゃ下がりましたね。

今回は、アメリカの景況感の悪化ですか・・・。

もしかしたら、しばらく下げ基調になるかもですねぇ。


株式投資系ブログランキング→ランキング1 ランキング2 ランキング3 

My損益表