21日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、前週末比660円34銭(2.17%)安の2万9839円71銭で終えた。下げ幅は6月21日以来、3カ月ぶりの大きさで、節目の3万円の大台を2週間ぶりに下回った。中国の不動産大手、中国恒大集団の資金繰り懸念が投資家心理を冷やし、売りが優勢だった。
東証大引け 3万円割れ、中国恒大問題が心理冷やす 下げ幅3カ月ぶり大きさ: 日本経済新聞


ぐはー、持ち株がめっちゃ下がりました。

前日比、マイナス10万円オーバー。

これは、一過性のものでしょうか。それとも、まだまだ続きますかね・・・?

もう少し続くと読んで、しばらく様子見です。




株式投資系ブログランキング→ランキング1 ランキング2 ランキング3 

My損益表






中国恒大集団51b9011wNQL._SX328_BO1,204,203,200_