2005年04月17日

町村外相になって考えました 2

暴力デモ再発防止要請へ 北京で日中外相会談
今晩は注目の日中外相会談です。両外相のコメントが注目されます。

町村外相はこのように言うべきと私は考えます。
 いかなる理由であるにせよ、誰が犯人かわからないにせよ
 日本国内で起きた中国機関に対する嫌がらせ行為につきましては、
 日本の安全管理責任ですので、お詫びし
 再発の防止に全力であたります。
 また、中国機関の被害につきましても全額を補償いたします。

よく読んでいただけるとお分かりと思いますが随所に中国側への
皮肉をこめてあります。
また、謝罪することによりやはり日本と中国ではぜんぜん品格が違う
のだなという印象をも海外諸国にも与えることができます。

日中の対立は面子をかけたチキンゲームの様相を呈してきました。
日本が国内での嫌がらせ行為については謝罪することで
中国政府も渡りに船と軟化するかも知れません? ←甘いかな(汗)
中国政府も海外の非難の論調にある程度屈し、表面上は警備強化などの
措置を講じてきている事からも私はどんなことであるにせよ、
日本がいったん謝罪することで、中国政府の面子は保たれます。
そのことにより、中国側も日本側にある程度折れるのではと思います。
そして事態は沈静化に向かうものとおもわれます。

やりたい放題の中国にいかなる謝罪もするべきではないという意見も
あるようですが、これでは日本も中国と同類になってしまいます。
お詫びするべきことはお詫びし、日本の中韓とは違う誠意ある姿勢を
見せることで中韓の孤立はさらに深まるはずです。
中国側が軟化してもしなくても、日本に対する評価は高まり、
中国はさらに評価を落とすことでしょう。

また日本の謝罪も国内の嫌がらせに向けてのもので、
教科書、靖国問題などは含まれないのがミソです。
これ以上言質を取られないためにも生産的でない謝罪を
いままでのように繰り返す必要はまったくありません。
いろいろなご意見ご感想お待ちしております。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/p-6126012/19201728
この記事へのトラックバック
人間の自然状態は「戦争」である。 だが人は社会的動物(byアリストテレス)であり、知性と道徳を持って 自然状態を封じ込める…つまり「平和」を生み出す術を知っている。 中国での反日デモは、見苦しい。 中国政府が過去に何度もデマゴギーを流したが故に、中
中国での反日デモ【histoire de nostalgie】at 2005年04月17日 19:57
約束を守らない国として有名な中国なのに、こーいう事ではしっかり約束を守るようだ。 16日、上海で大規模な反日デモがおこり邦人2名がデモに巻き込まれ怪我、店舗が襲撃を受け、総領事館には大量の投石、卵などが投げ入れられた。 当局がデモの規制を発表したわりにはすん
中国こそ日本に対して謝罪し反省してよ【まいっちん愚ログ】at 2005年04月17日 20:53
またやらかしましたね、予想通り。 Sankei Web 国際 上海の反日デモ、最
また国際法違反をやらかしたな【閣下の憂鬱】at 2005年04月17日 21:14
中国の教育が今回のデモを起こした元凶だと思いますが、愛国教育がイコール反日教育と云うのはあまりにも悲しい教育であり、つくづく可哀相な国民だと思います。 愛国教育ならもっと他の方法が有るはずです。 中国が愛国教育を必要としたのは、70〜80年代に中国からの海
中国の愛国教育は反日教育【海老名誠の身辺雑記】at 2005年04月17日 22:50
<p>  <a href="http://news.online.sh.cn/news/gb/content/2005-04/18/content_1154067.htm" title="元記事です">中日外〓〓行会〓 双方同意通〓〓〓解决分歧</a><br />  (日中の外相が会談 双方が対話で食い違いを
中国との外相会談【うねり】at 2005年04月18日 18:38
『読売新聞(05/04/18)』 日中外相会談〓関係改善の責任は中国にある  「反日」デモで悪化している日中関係の改善を図る意思が本当にあるのかどうか。疑問を抱かせる中国側の姿勢である。 李肇星外相から、謝罪はなく、「歴史問題が中国人民の感情を傷つけている」と、事
日中外相会談 どちらが謝罪?【=社説は語る=】at 2005年04月18日 19:55
文化科学相が「愛国主義・反日教育の成果」と反日デモを斬った。 当たり前だ。 本来、デモをするのは「当事者」であった年配。 だが行っているのは、若者。 ただデモを愉しんでいるだけではないのか? そうすら思えてきた。 そもそも、中国という国は日本を見下す視.
まだ続くよ反日デモ【histoire de nostalgie】at 2005年04月18日 20:21
今回の中国の運動は単なる反日運動ではない事を理解しなければならない。メディアに踊らされるな。ブログを通じて真実を...
反日デモはなぜ起きた?真相や如何に【Hayato Yamazaki】at 2005年04月20日 00:01
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
いくら日本が在日支那関係施設への嫌がらせについて謝罪したところで、支那は態度を軟化させることはないでしょう。何よりも奴らは中華思想の呪縛に囚われたままの連中ですから、何があっても自分たちは正しく、中華に背く日本は、もはや「絶対悪」であるのです。
よって、今の日本の外交に必要なものは支那の軟化を期待し促そうとするのではなく、逆に支那の無法を世界に向かって訴えるしたたかさであると思います。
Posted by 物欲皇帝閣下 at 2005年04月17日 22:11
TBとコメントありがとうございます。
どうも海外の論調を見聞すると中国は悪いが、
歴史問題等で中国側の要求を撥ね付け続ける日本も
大人げないじゃないか、どっちもどっちじゃないか
という論調も根強いようです。
本文にも書きましたが、中国とは違って
日本は謝罪するべきことは謝罪できる国だということを
改めて印象付ける意味があります。些細なことでも。

微小な損害に対して誠意ある対応をする大人の日本。
甚大な損害を与えておきながら謝罪すらせず、
開き直って相手の責任とする厚顔無恥な中国。
両国の品格の違いを改めて印象付けるためには
日本国内の不祥事を逆に利用するぐらいの
したたかな戦略を立てなければならないと思います。
Posted by まったり at 2005年04月18日 19:16
日本が何を言っても、態度を変えそうにありません。
「中国が謝罪を表明しない限り、面会しない」と、強いメッセージを出すべきでしょうね。
Posted by ko-bar-ber at 2005年04月18日 21:03
ko-bar-berさん いらっしゃいませ。
中国指導部の目は完全に国内向きであることで
今回の中国の強硬さが初めてわかったような気がします。
指導部にとって恐ろしいのは国際世論などよりも中国人民の感情のようです。
外圧に怯えながら戦後を生きてきた日本と日本人には信じられないことですが。
今の中国から謝罪の言葉を得ることは残念ながら不可能に近いようです。
Posted by まったり at 2005年04月19日 22:46