2006年06月

2006年06月07日

LOVE IS BUBBLE

1f573822.jpg↑「嫌われ松子の一生」の主題歌、耳にこびりついて離れない(‥‥)。久しぶりに観た邦画だったけど、昨年の「サマータイムマシンブルース」以来にハマりそうな作品だ。監督・脚本の中島哲也監督は何かと話題になった「下妻物語」やTVドラマ「私立探偵濱マイク/ミスターニッポン〜21世紀の男〜」、それに山崎努&豊川悦司が白熱したバトルを繰り広げた「サッポロ黒ラベル」シリーズなんかを手がけた人だったりするのでどこかで目にしたことがある人も多いはずだ。元々僕はCM・PV出身系(古くはMTV系)の作家に影響を受けたこともあり、映像にこだわり決して妥協することなく独自の価値観を追及する姿勢、鮮やかかつ奇妙な空気を構築していく様にとても惹かれる。そんな姿勢は馬鹿かアーティストのどちらかだろうが共通点は一つ。成功するまで同じ事(異常な意地っ張り)を繰り返す。必ず。この週末には最も敬意する堤幸彦監督の「TRICK劇場版2」の公開だ。うーん、死ぬほどにリスペクト。

2006年06月04日

traditional

ba6f16a0.jpg一区切り‥‥ここ数ヶ月続いていたとある仕事の件がほんの少しだけど落ち着いた。皆疲弊しきっている中若い子たちだけは妙に「自分に自信を持っているところ、そしてそこから来る度胸の良さ」を発しまくりで‥‥この根拠のない自信はどこからなんだろう?若さゆえなのだろうが、自信と慢心を取り違えてもいけないな‥‥。と思いつつ謙遜を美徳とするめちゃめちゃトラディショナル日本人気質の僕にはちょっと眩しかったり、羨ましかったりするのも一つ。