栃木県大田原市のホテル花月で28日から行われた第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第2局は29日午後7時16分、123手で羽生善治王将(39)が挑戦者の久保利明棋王(34)を降し、対戦成績を1勝1敗とした。残り時間は双方1分。

 第3局は2月10、11日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われる。

【関連ニュース】
将棋:王将戦開幕 久保が先手番
将棋:卒業後も出雲で活動…高校生棋士・里見香奈さん
将棋:アマ王将位大会 さいたま市の遠藤正樹さんが初優勝
将棋:1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局
将棋:久保、ゴキゲン中飛車 王将戦第2局

【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>中原中也は「なかはらなかや」?詩集に読み仮名誤記--山口の記念館(毎日新聞)
勢いづく「県外派」=狭まる選択肢-鳩山首相(時事通信)
<君が代不起立>元教職員側が逆転敗訴 東京高裁(毎日新聞)
<沖縄連絡室>内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化(毎日新聞)