インターネットの掲示板で、他人名義の口座を売ると宣伝したとして、警視庁捜査2課と荻窪署は17日、犯罪収益移転防止法違反容疑で、東京都小金井市中町、無職木下竜二容疑者(32)を逮捕した。
 同課によると、容疑を認めている。同容疑者が持っていた他人名義の銀行口座は、振り込め詐欺の被害金が振り込まれた口座と名義人が同じといい、同課は口座の販売先を調べる。
 逮捕容疑は昨年11月ごろ、携帯電話から複数のネット掲示板に「今回は架空口座限定となります。1通5万円にてお譲りしております」と書き込み、宣伝した疑い。 

【関連ニュース】
振り込め詐欺、過去最少=1月の被害4億7000万円
警視総監が信金視察=振り込め詐欺対策
振り込め詐欺で顔写真公開=1億2000万引き出しか-15日に集中警戒・警視庁
振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円
「おれおれ」被害、直接受領が半数=振り込め対策で緊急会議

<枝野刷新相>国の出先機関職員3万5000人以上を削減(毎日新聞)
瓶で殴り浴槽に沈め女性殺害、借金男を逮捕(読売新聞)
支給要件を緩和へ=失業者向け住宅手当-厚労省(時事通信)
<自民党>予算委員長の解任決議案を提出(毎日新聞)
<職場の受動喫煙>「状況みて議論」長妻厚労相(毎日新聞)