長崎市の伊藤一長前市長が銃撃されて丸3年を迎える17日、市は事件現場となったJR長崎駅前に献花台を置いた。午前中から前市長の死を惜しむ人々が訪れて冥福を祈った。

 前市長を個人的に応援していたという長崎市岩見町の三浦登志子さん(76)は「惜しい人を亡くした。本当にいい人」と目を潤ませながら話した。献花台前で手を合わせた後、こらえきれずに手で顔を押さえ「伊藤さん、生き返ってもう一度、市長せんですか」と涙声で呼びかけた。

 市は命日の18日も献花台を午前9時~午後5時半に設ける。

鳩山元総務相、同調者確保に本格着手=自民離党を与謝野氏に報告
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
衆院本議場裏の廊下も禁煙に(時事通信)
菅財務相「小泉さんも逃げた」 消費税引き上げ(産経新聞)
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近(産経新聞)