日本医師会(日医)の原中勝征新会長は14日、民主党の参院選マニフェスト(選挙公約)を検討する「国民生活研究会」の総会で、いったん消費税率の引き上げを主張しながら、出席議員の反対意見にあっさりと撤回した。

 日医は医療費増に向けた財源として消費税増税を求めているが、“親民主”を掲げて会長選に当選したばかりの原中氏が、消費税をめぐり混乱する党内事情に配慮した格好だ。

 出席者によると、原中氏は「国家財政の基本は税収。そこは逃げないほうが良い」と、消費税増税を主張。だが、議員から「消費税のことを言わないでほしい」と求められると、「私は税制に詳しくないから」とあっさりと主張を撤回した。

 総会後の記者団からの質問には「消費税の具体的な話はしていない」と説明した。

【関連記事】
日本医師会宛の鉢植え発火 職員のライターからフィルム引火か
日医新体制 政権との距離より患者だ
日本医師会で花束が発火、床など焼ける
日本医師会新会長に原中氏 民主党との関係強化
自民・河村選対局長代理「仕方ない」 日医会長選に
外国人地方参政権問題に一石

<若年性パーキンソン病>異常ミトコンドリア蓄積が原因(毎日新聞)
女子高生80人「痴漢と戦います」撲滅へ出発式(読売新聞)
男女間暴力、被害届前でも逮捕検討…警察庁(読売新聞)
<東北新幹線>緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響(毎日新聞)
河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)