一緒にMDMAを服用して死亡した知人女性に適切な救命措置を取らなかったとして、東京地検は25日、元俳優の押尾学容疑者(31)を保護責任者遺棄致死罪などで起訴した。裁判員裁判の対象になる。

【写真特集】逮捕された押尾容疑者を追う(09年12月7日)

 起訴状によると、押尾被告は09年8月2日午後5時50分ごろ、東京都港区六本木のマンション一室でMDMAの錠剤を飲んだ知人の飲食店従業員、田中香織さん(当時30歳)が錯乱状態に陥り、中毒症状の容体が悪化したのを十分認識しながら、直ちに救急車を呼ばずに放置し同6時47~53分ころの間に死なせた。

 保護責任者遺棄致死罪は「故意の犯罪行為で被害者を死亡させた罪」に当たるため、裁判員裁判の対象になる。

 押尾被告は併せて、別の麻薬を所持した罪でも起訴された。押尾被告は麻薬取締法違反(使用)で懲役1年6月、執行猶予5年の有罪が確定しており、MDMAを田中さんに渡すなどした同法違反(譲渡など)でも起訴されている。【北村和巳】

【関連ニュース】
【写真で見る】押尾学容疑者を麻薬取締法違反容疑で逮捕(09年8月)
【保護責任者遺棄容疑で再逮捕されたときのニュース】
押尾学被告:またまた逮捕!ぶぜんとした表情で移送
反省の日々続く押尾学被告 保釈までもひと騒動

<新型インフル>健康成人へのワクチン接種、今月から開始(毎日新聞)
神経細胞 皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会(医療介護CBニュース)
「バービーボーイズ」メンバー名乗り、詐欺容疑(読売新聞)
「イライラして」少年にナイフ投げつけ逮捕(読売新聞)