コンビニ「ローソン」の本社(東京都品川区)に先月から今月にかけ、現金3000万円などを要求する封書が届いていたことが20日、警視庁大崎署への取材で分かった。被害届を受け、同庁捜査1課などは恐喝事件として捜査している。
 港区、新宿区、中央区のローソン4店では先月、カッターナイフの刃が刺さったパンや菓子が見つかっており、同課は関連を調べている。
 同署などによると、封書は先月下旬から今月中旬までに同社社長あてに3通届いた。消印の日付は先月22日、今月1日、14日で、都内から投函(とうかん)されていた。
 1通目と3通目は現金3000万円と1000万円を要求しており、脅迫と取れる文言もあった。文字は片仮名と漢字が交じり、ペンのような細い字で書かれていた。
 現金の受取日時は指定していたが、場所などの記述があいまいで、同社のイメージダウンを狙った可能性もあるという。 

【関連ニュース】
コンビニ商品にカッター刃=4店連続か
西部ガス狙い連続発砲か=役員親族宅にも弾痕、けが人なし
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分
東京理科大に脅迫文、院生逮捕=「研究発表遅らせたかった」
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生

女性ねらいひったくり30件か 男を逮捕 東京・練馬(産経新聞)
緊急時に短期病床提供、都道府県では初―富山(医療介護CBニュース)
舛添氏「新党改革」の結党を正式発表(産経新聞)
河村市長「恒久減税、駄目なら解散しかない」(読売新聞)
火山噴火 外国人客の離日始まる 成田空港(毎日新聞)