環境保護を標榜する米団体「シー・シェパード(SS)」メンバーによる調査捕鯨船「第2昭南丸」への違法侵入事件で、艦船侵入容疑で逮捕されたSSの抗議船「アディ・ギル号」の元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍=が、侵入の目的について「(アディ・ギル号の)船員に対する殺人未遂と破壊容疑で、第2昭南丸の船長を逮捕するため」などと供述していることが15日、分かった。アディ・ギル号は1月6日、南極海で第2昭南丸と衝突した際に大破。侵入後にベスーン容疑者は第2昭南丸の船長に約3億円の損害賠償を請求する書簡を手渡していた。

 東京海上保安部によると、ベスーン容疑者は日本時間の2月15日、南極海で調査捕鯨活動中の第2昭南丸に別の抗議船から水上バイクで接近、防護用のネットをナイフで切り、違法に船内に立ち入った疑いが持たれている。ベスーン容疑者が逮捕時にナイフを所持しており押収されていたことも判明。海保は侵入の際にネットを切るのに使ったものかどうか調べている。

【関連記事】
「日本の法的プロセスに介入できない」NZ首相 シー・シェパード逮捕
ブログ市長を「専制君主」と痛烈批判 中田氏
業務妨害や傷害でも捜査 反捕鯨団体元船長を拘置
SS船長ベスーン容疑者を艦船侵入容疑で送検
SS逮捕で商業捕鯨再開? 注目されるIWC交渉
20年後、日本はありますか?

札幌介護施設火災7人死亡 法のすきま、悲劇再び(産経新聞)
政治主導法案、月内成立は困難=与党、子ども手当など最優先(時事通信)
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官(医療介護CBニュース)
インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で(医療介護CBニュース)
ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)