昨年1年間に全国の警察が認知した刑法犯の件数は、前年比6・3%減の170万3222件で、7年連続の減少となったことが14日、警察庁のまとめで分かった。コンビニ強盗の伸びが目立つが、未遂を含む殺人は前年比で15・4%減の1097件と、戦後最少となった。検挙率は32・0%で0・5ポイント上昇した。

 昨年1~6月の上半期に急増したひったくりは、街頭犯罪対策を強化した結果、下半期に大幅減。通年では前年比で0・6%減の1万9036件だった。

 取り締まりを強化した振り込め詐欺の件数が減少したため、詐欺全体の認知件数も29・9%減の4万5167件となった。

 コンビニ強盗は46・6%増えて896件。統計を始めた平成16年以降で最多となった。

 刑法犯認知件数の減少について、警察庁では「国民の防犯意識が高まり、自主防犯活動も活発になった。政府全体で犯罪抑止に取り組んだことも大きかった」としている。

稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点-名護市長選(時事通信)
小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 (産経新聞)
東京都心で初雪、平年より10日遅く(読売新聞)
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見-最高裁(時事通信)
名護市長選、普天間に影響も=鳩山首相(時事通信)