静岡県熱海市で、日本で最も早咲きといわれるカンザクラの一種、アタミザクラが見ごろを迎えている。市内中心部を流れる糸川沿いの遊歩道では、写真を撮るなど多くの人が春を思わせる淡いピンク色の花を楽しんでいる。

 熱海市によると、市内には約1200本のアタミザクラの木があり、今シーズンは前年より8日早い12月17日に開花を確認。開花期間は約1カ月と長く、2月中旬ごろまで楽しめるという。  

<相撲協会>朝青龍関の暴行問題、独自に調査 委員会設置(毎日新聞)
「真っ赤な血の海があって…」声を震わせる証人(産経新聞)
普天間移設、地元拒否なら法的決着も(読売新聞)
「AKBの追っかけ費」窃盗容疑で男を再逮捕(産経新聞)
<伏見稲荷>恒例「初午大祭」…家内安全、商売繁盛を祈願(毎日新聞)