2009年10月

アウトオブオーダー 8

【26,885日ぶりの初めての日】



*******************

用意された遊び、旅行、遊具、仕事、家庭、音楽、食物、文化――――


「確かに、自殺モノだ。」


*******************



―――僕は明日、見知らぬ男のオモチャになる。

―――それも、自ら望んでだ。

―――今ならまだ戻ることができる。

―――でもそんな気は一切起きない。

―――なぜだろう?


陽助は覚醒した。

朝日が出ていた。

陽助はいつものように風呂場に向かった。
陽助はいつも朝、シャワーを浴びる。
ハッキリとした理由はない。
ただ「穢れてる」と思うからだ。
夜の穢れを朝、シャワーで洗い流さないと気がすまない性質なのだ。
シャワーの時間は比較的長い。
45分くらいはかかる。
陽助は毎回、体の細部までキレイに穢れを落とす。

シャワーを浴び終わると次にやることは学校の鞄のチェックだ。
一度鞄の中身を全て外に出し、確認しながら入れ直す。
手前から外側に向けて今日行う授業の順番に教科書の順番を整える。
我ながら神経質だな、とは思う。

そして陽助はいつものように学校へ向かう。
だが、今日は他の日と違う点が二つある。
一つは放課後、陽助は体を売るということ。
もう一つは、もう二度とこの家に帰らないということだ。

「いってらっしゃい!」

母親が声をかける。
いつもなら無口な陽助はそれに対して答えない。
それが普通なのだ。
けれどその日は、

「じゃあ、ね」

と、言った。


学校につくとクラスメイト達が何グループかに別れ、各々自分達に似合った会話を行っていた。
陽助も以前はそのグループの一つに所属し、何気なく会話に参加していたのだが、例のゴミ山の嘘の事件以来、孤立を余儀なくされていた。
しかし今になってみるとそれがとても楽に感じられた。
元々、会話が合わないと感じていたのだ。
孤立することによって無理に会話を合わせなくて済む。


「ニコ動でさ、外人が他人の釣竿ぶん投げる動画みつけたぜ!めっちゃウケルぜ!」
「うっそ!超見てぇ!」
「先週のマクロス見逃したぁぁオオワタァァァ!!!」
「つべにあがってたぜ」
「早く見ないとサクられるぅぅ!!!」

「先週、お母様とケーキを作りましたわ」
「あらぁ、素敵でいらっしゃいますわ」
「わたくし、ちょっと一味足らないと思いましてバニラエッセンスとラム酒を加えましたの」
「あらぁ、素敵なアイデア」
「そうしましたら、まぁ、評判がよろしかったですわ」
「一度わたくしも食べてみたいですわ」

「ナバルデウスやっとブチ殺したぜぇ」
「あれラスボスってなしじゃね?」
「わかる。あれだったらラギアクルスの方がっぽくね?」
「ぽい。海ってのもなぁ」
「もえねぇ。燃えなかったねぇ」
「だなぁ」


陽助は校舎の外を眺めていた。
雲を眺めていると雲が動いているのか、それとも自分のいる地球が動いているのかが曖昧に感じられた。

授業が始まると教室に静寂が訪れた。
黒板にチョークがあたる音。
年老いた教師の擦れた声。
教師の合図で一斉にめくられるページの音。
よく考えたら、今日で学校へ行くのも最期なんだし、マジメに授業を受けなくてもいいんだ。
陽助はそう感じて授業中に、まるで花が季節を迎えて開くように教室を後にした。
教師もクラスメイトも陽助のその一挙一投足があまりに自然だったため、声をかけることを忘れてしまった。
陽助が教室の戸を閉めおわるころ、教師がようやく


「おい」


と一言。力無く。


街は秋だった。
たまに踵に枯れた葉がくすりと音をたてて朽ちる。
陽助は厚着の大人が好きだった。
理由はない。
その中でも綿密に織り込まれた綿の素材の服を着ている大人が好きだった。
将来自分が大人になったらそういう格好をしたいと思っている。
陽助はアテもなくブラブラと街を歩いていた。
意識せずに何気なく気に入った格好の大人の人を見つけては、その人の後ろ5mほどをついて歩いた。
卸したての服からは抑制された表現力の香りがする。
その服の持つデザイン性が長い間その持ち主を待っていてやっと街に出る。
デザイン性が人目の前で激しく、モノによっては密やかに炸裂する。
それが香りとなって周囲に拡がる。
陽助はその香りを鼻から吸い込み胸に閉じ込める。
満たされるその感覚が好きだ。
陽助はいつの間にか公園の中にいた。

公園には池がある。
池には不吉なものを感じる。
穢れが溜まるとでも言おうか。
理由はない。
公園の赤い滑り台には不幸そうな顔つきの母親とカボチャのような顔つきの子供が遊んでいた。
不幸そうな顔つきの母親は無邪気に遊ぶカボチャを今にも絞め殺しそうな目つきをしている。
カボチャはそんな母親の気も知らずに何度も登る→滑る、登る→滑るを繰り返している。
まるで悪霊にでもとり憑かれているように。
これを絵葉書にしたら随分縁起の悪い絵葉書になるだろう。
これを正月の年賀はがきにして元旦に届いたとしたら、ほとんどの人間は発狂することだろう。
そのような妄想をしながら陽助は設置されているベンチに腰を下ろした。
そしてゴミ山のおじさんの言葉を再び思い出した。


「明日、街のゲームセンター『ロデオ』にある男がくる―――」

「お前はその男と一晩を共にするんだ―――」

「それだけで金が入る―――」

「その金は今のお前が手にしたくても手にできないほどの大金だ―――」

「わかるな。この意味が?―――」


約束の時間は夕方6時ちょうどだ。
今はまだ昼をちょっと越えたくらいだろう。
陽助はカシオの黒いデジタル腕時計を確認した。
1時29分。
まだまだ時間はある。
一体、僕はどういうことになるのだろう?
アダルトビデオに出演する女性も同じようなことを考えるのだろうか?
今までの価値観が覆る未来に陽助はあまり悪い気はしていなかった。
予定調和の明日より、どんな悲惨だろうと自らの手で切り開いていく未来の方がいいと思っていた。
明日からは当たり前に食べていたご飯の心配をしなければならない。
それは不幸か?
決まった時間に決まった事をして決まった言葉を使用して決まった思考で決まった役割を果たす。
この世の秩序(order)からの脱却。
それは不幸か?
少なくとも陽助には自らの幸せと不幸を判断できる立場にある。
それは幸せなことなのだと思う。
昔、兄がセックスピストルズというイギリスのパンクバンドのビデオを見ていた。
その中でシド・ヴィシャスというベーシストが決まりきった人生について「自殺モノだ」と言っていたのを陽助は強烈に憶えていた。
生まれたことなんかに意味なんかはあるわけはないが、せめて生きているのなら納得できる何かを掴まなければそれはウソだろうと思う。
用意された遊び、旅行、遊具、仕事、家庭、音楽、食物、文化――――


「確かに、自殺モノだ。」


そういえばお腹が空いた。
昼ご飯を食べていなかった。
お金は持ち合わせていない。
せめて給食を食べてから学校を出れば良かった。
陽助はその一点のみ後悔した。


お腹の空いた陽助は本能的に住宅街へと足を運んだ。
そして古そうな家を何軒か見つけ、その内、何となく選んだ一軒の玄関に手をやると、玄関には施錠が施されておらず、ガラリと開いた。
家主はいるようだったが、陽助の気配に気付く様子はまるでなかった。
茶の間でテレビを結構大きな音量で観賞しているようだ。
普通こういう時はドキドキするのだろうな、と思いながら靴を脱ぎ、台所に侵入した。
そこに置いてあったパンと小銭入れを盗んだ。
そして再び入ってきた玄関に戻り、普通に靴を履き、

「お邪魔しました」

と、一言。小声で。


パンをかじりながら陽助は先ほどの公園に戻り昼寝でもすることにした。
戻ると先ほどの親子がまだ滑り台で遊んでいた。
そりゃ絞め殺したくなるのもわかる、と呟きながら陽助は昼寝に適したベンチを探した。
すると屋根のついたベンチがあった。
陽助はそこを寝床に決め、横になることにした。
うつらうつらとする頃、すぐ脇に警官が立っていた。


「君、学校は?」


確かにこんな時間に小学生である自分が公園で昼寝している光景はあまりない。
目立っていたのだろう。


「学校はインフルエンザで放校になりました。母と父が共働きで家に帰っても特にすることもないのでここでこうやって時間を潰していたのです。迷惑なのであればすぐにでも家に帰ります。住所と名前を告げたほうがよろしいですか?」


陽助がそう言うと警官は面食らったのか「いや、結構」と言い立ち去った。
警官が立ち去ってくれたので、陽助は再び惰眠を貪ることにした。
歯茎と歯だけの生き物が電灯の周りに無数に飛び回っているシュールな夢を見た。
目が覚めると午後5時を少し回っていた。
滑り台に目をやると、あの親子の姿はもうなかった。
陽助はズボンの埃を叩き、約束しているゲームセンターへ向かうことにした。
特になんの躊躇も感傷もない。
見ず知らずの人に抱かれて金銭を得る。
その金銭で飯を喰う。
根拠はないが自分の思う通りの方向へコンマの違いもなく歩いていく。
それでいい。
それがいいと思うんだ。これからの僕は。
それにしても今日という日は新鮮だ。
昨日までに比べると段違いに、だ。
まるで初めての日々を送っているようだ。
まるで初めての日々を送っているよう?


「何を言っているくれているのだろう、僕の脳みそは」


繰り返しの日々は昨日までで終わった。
これからは彼にとって全く未体験の人生だ。
彼にとって初めての一日はこうして佳境を向かえようとしていた。



なるべく棘のある言い方はやめようと

したけど無理だったー!しにてー!

どんな人がいても嫌わないようにいけたらいいね。

それが平和とゆーものだろう!違うか!ちがうか!

どうもみなさん!禍々しいですか!禍々しいですか!諏訪です。

相川七瀬のパチンコがあるみたいです。普段パチンコなんて全然しないですがちょっとやってみたいなと思うのです。いまさらですけど。

昔と違って今は安いパチンコがあるのでちょっとくらいいいかな!

4倍遊べるみたいですもの。ライトユーザー?に優しい制度ですね。

仕事終わりました。

しにてー!

いやぁ実際しにたくないけどね。

走れ、美白。

無茶言うんじゃないよぉぇぉぇぁ!

チキショー

むしゃくしゃしたから前髪きったらパッツンになった。取り返しがつかない切り方をしたみたい。やっちまったー…

ねんねんころりよ きのこずえ

かぜがふいたら ゆりかごゆれる

えだがおれたら ゆりかごおちる

あかちゃん ゆりかご なにもかも

しおりに書いてました。

なんかちょっと不気味じゃねえ?不気味じゃねぇ?

ハハッ!ノーフューチャーだぜっ!

みなさんこんにちわ。

俺のギターはかっこいい。けど重い。ぶっちぎりで重い。諏訪です。

軽いギターほしいなぁ…

さて。さっそくですが寝なきゃいけないので寝ます。

そういえば、うちのリーダーが風邪を引きました。

これはしばらくなおらないな。

今日仕事休んで寝てたらいいんだわ。

朝起きたらおすすめしてみよう。

じゃあちょっと短めだけど終わります。

ってか今寝れないからブログ書いてみたんですが、これは遅番終わって帰ってきてご飯食べてすぐ寝たから睡眠時間が結構足りててそれで寝れないのかしら。

4時間くらいは寝たもんね。やばいねこれは。

けど寝なかったらもっとやばい。

なんか人間何をするにも気の持ちようでいろいろできるみたいですね。

寝ようと思えば寝れると。

うちのボーカルさんなんかは5分とかで寝ますもんね。ちょっと異常だね。と思います。

さっきまでおもしろ動画見て笑ってたのに、その動画が終わる頃には寝てる。みたいなね。

あれはさすがに何ごとかと思ったね。

俺もそのくらいで寝れるようになりたいなぁ。

寝れないからなぁ。

よし。気合いいれて寝る!

みなんさん おすみなやさい

でわ!

また柚子に騙された

引かれるけどそんなでもない味ディフェンディングチャンピオンゆず味にまたやられてしまった。

ちなみに2位はマンゴー味です。

どうもみなさんこんにちわ。ゆずラーメン食べたら口の中が鉄食べたみたいにポカポカです。諏訪です。鉄食べたことないけどね!

なんか2日も休みだったのに背中がつかれてて動けません。

あと職員さんがインフルエンザになりました。新型です。豚骨です。

こーゆーのって書かない方がいいのかな。けど知っておいた方がいいですよね。

じいちゃんばあちゃんに感染してないことをただただ祈るしかないですね。どうなるかなー。

まぁ今のところ大丈夫みたいです。くわばらくわばら。

話は変わりまして、最近は給料日だったので夕御飯は弁当屋の弁当です。あんまり前半に調子こいてると後半死にます。食料不足で死にます。くわばらくわばら。

しかしうちのリーダーは起きないね。俺より起きないね。だって枕元で目覚ましガンガンなってるのに!それなのに!

あそこまで起きないと病気かなんかじゃないかと思います。多分そうだ。

けどあんまり人のこと言える立場じゃないのでこのへんにしておくのです。

明日は我が身っていいますもんね。くわばらくわばら。

一緒に住んでみたい動物は?

ブログネタ
一緒に住んでみたい動物は? に参加中!
豚です。

みなさんどうもこんにちわ。

たまにはあブログのネタをよそから持ってきて書くのもまた一興かなと思いましたのでやってみた。でももう終わった。

いやぁここから頑張って話を続けていきますよ!

さぁウィキペディアからなんかもってくるぞ!

まずウィキペディアとは

ウィキペディア (Wikipedia) はウィキメディア財団が運営するオンライン百科事典。コピーレフトなライセンスの下、誰でもが無料で自由に編集に参加できる。世界各国の言語で展開されている。

ウィキペディアという語は、Wikipediaが使用しているMediaWikiと呼ばれるwikiソフトウェアの「Wiki」と、英語「encyclopedia」(百科事典)との合成語である「Wikipedia」を日本語として表記したものである

コピーレフトってなんでしょうね。

それはさておき豚とは。

ブタ(豚、学名 Sus scrofa domesticus、英名 pig)とは、哺乳網ウシ目(偶蹄目)イノシシ科の動物で、イノシシ(Sus scrofa)を家畜化したものである。ウシ、ウマ、ヒツジ、ヤギといった家畜は原種が絶滅、またはかなり減少してしまっているが、ブタは、原種であるイノシシが絶滅せず生息数も多いまま現存しているという点が特徴的である。免疫力が強く、抵抗性だけでなく環境への適応性にも富んでいるため飼育は容易。豚肉や脂肪を食用とするために世界中で飼育されている。家畜としてブタを飼育することを養豚といい、仕事としての養豚を養豚業、また養豚業に従事する人々のことを養豚業者という。

民話、西遊記等の古典小説、寓話・童話、アニメーション等に、擬人化されたキャラクターとしてよく登場する。

つまり猪八戒(ちょはっかい)は飼育できるってことですね。つまり俺は猪八戒を飼いたいと。そーゆーことですか。

そんなわけない。猪八戒は豚人間?とハテナがつくくらいの豚野郎は飼いたくないです。ごめん。豚野郎とか言ってごめん。

けどかわいい豚はかわいいのですよ。いいですよね。豚ちゃんって感じがして。いいですよね。

しかし豚はイノシシの仲間なんですね。

イノシシが豚の仲間じゃなくてイノシシの仲間が豚。

とゆーかイノシシのなかの豚。ですか?わかりません。

今日は一日寝てご飯食べて神様のパズルって映画みて、今容疑者Xの献身をみてます。

煮物うまい。

そんなこんなで1日が終わっていきます。明日は遅番なんです。明後日もです。その次が夜勤です。土曜日に夜勤なんでスタジオ練習にいけませんのです。

なんか次のライブは11月21日なんですけど、なんかあんまりみんなで練習する日がないみたいです。

たぶんあと1回くらいかも。大変だー大変だー

さて。酒でも飲むよー!

乾杯!

今日はあなたが生まれてから9138日目です

まだ1万日生きてないのですね。
2012年の3月くらいで1万日になるみたいです。遠いねー
みなさんどうもこんにちわ。
エビフィレオもおいしいよ。諏訪です。
夜7時半になりました。誰も帰ってきません。暇です。
暇、ここに極まれりって感じです。
あ、帰ってきたぞー!
うちのリダーが帰ってきたぞー!
暇終了。テレビを見よう。
しかし今昔のドラマみてたんですが、なんかすさまじいですね。いろいろすさまじいです。

さて。書くことがなくなったな。こんなときは

あ、大人が帰ってきた。

うちのリーダーが元気まんまんに風邪を引きました。

なんなんだこれ。

なんだこれぇー!

さて。今日はそろそろギターの練習しなきゃ。

昨日してないし。

ゲームしかしてないし。なにやってんだろね。

さぁさ。今日はこんなところでおしまいですよ。

いろんな人のブログみたり本読んだりしなきゃ。

ち、ちがうちがう僕はギターを弾くんだ。

今週はスタジオ練習にいけないことがさっきわかったのでたんと練習しなきゃやばい。

がんばろ。

じゃあまた明日!

明日は予定ないから!

俺の予定ねーから!

ははっ 連休だった

今日できることは明日に回そう。そうしよう。

みなさんどうもこんばんわ。

ゆうパックです。諏訪です。

インターフォンの音量が0になっているので、誰か来てもわかりません。諏訪です。

なんか郵便物を届けにきたけど不在だったから持って帰るよっ!とゆーお手紙が郵便受けに入ってました。

これは面倒なことに・・・

まぁそのうちまたきてくれるだろうと期待して、こっそりインターフォンのボリュームを上げておこうと思います。0はおかしいよ。0はおかしい。

そんなことよりも今日は親知らずが痛くなってきました。

これはいよいよ虫歯の雰囲気ですね。

歯医者さんがさっさと抜いてくれてればこんなことにはなってない。誰が悪いって歯医者さんが悪い。俺は悪くない。俺は悪くない。

なので明日は歯医者に行こう。

けどどうせ一回目って抜いてもらえないですよねきっと。

歯をきれいにしたりして終わるんだろー!

で予約とかしなきゃいけないんだ。

で、予約したのにその日夕方まで寝てたりして行けないパターンだ。絶対そうだ。

これはちょっとちゃんとしないと大変なことになるぞ。

だって口の奥の方も痛いんですもの。

歯と関係なさそうなとこまで痛いんですもの。

つばを飲むだけでいたい。そのくらい痛い。

今日早くおきれれば良かったんですけどね。寝てましたね。

これから風呂入ってあっちいったりこっちいったりしてきます。

もう遅いかもしれませんけどね。

本屋とかいってきたいです。つたやさん行ってきたいです。

パソコンだと『ほにゃ』で変換すると『本屋』って出ますね。すげーすげー。

さてさて。

行ってきますね!モダンタイムスがほしい。小さい本でほしい。

夜勤中に更新しなかったのは久しぶり

油断したー

みなさんどうもこんばんわ。

おはようございます。諏訪です。

昨日夜勤から帰ると同居人2人とも体調不良で寝てました。

俺はさすがにびっくりしたね。祝日かなんかだと思ってカレンダーみましたもの。

俺も風邪とかひかないようにしないとねー

はてさて。

夕方とかまでぐーぐー寝てると夜寝れなくなって大変です。

それでもまぁ寝れる時間があるだけ幸せでしょう。

世の中には寝る時間がない方もいるようですからね。大変ですね。

しかし昨日コメリの本屋さんにいったんですが、本屋はいいですね。何分でもいられますね。

ほしい本がたくさんあってみんな買ったら破産しますね。

昔読んでた本の続編とか出てたりね。

買ってしまいたい衝動にあれですよね。

しかし続編を買っても前の話が思い出せないので、話が続かないなと思って購入するのをやめたのです。

あれはいつ発売されたんでしょうかなぁ。残酷号事件。

あれの1話を高校のときに図書館で見つけたから何年前になるんだろう・・・

7〜8年くらい前にはなるんでしょうか。

そんなくらいに続編読んでもなぁ・・・

けど読みたいよなぁ・・・

しかしまだ読んでない本がたくさんあるので、宝の持ち腐れにならないようにちょっとづつ読んでいこうかなと思いますね。

最近隣の部屋で楽器の音がガンガンしてるんですが、ちょっとわたくし練習する気にならないので、もっさり過ごしていました。

明日やろう、明後日やろう、そんな感じで過ごしていますね。

はーあ。ダメなやつになったもんだまったく。

よしよし。そろそろ寝なきゃ。

このままだとせっかくの休みが無駄になってしまうし、アパートのお金も口座にいれとかないとまた催促の電話が来てしまう。とゆーかもう遅いかもしれないわからないしらないしらない。

ちょっと寝て早めに起きてお湯ためて風呂に入ろう!

入浴剤とか良いですよね。買ってこようかな。面倒だわ面倒。

そんなこんなでなにもしない日々が続いていくのでした。かしこ。

あったまきたわ!

今日の仕事場は良かったね良かったよ。あったまきてないわ!

けど靴下に穴があいてたのは恥ずかしかったよね。

気づかなかった。気づかなかったよ。

やっぱり爪は切っておかないとなぁ。

しかし先日食べた藤屋のたいやきの売れ行きがヤバいみたいですね。

一日限定50個のキャラメル味が開店10分以内に10個とか売れたりするみたいです。

なんか俺の説明だとあんまり凄さ伝わらないですね。

言葉では伝えきれない想いがそこにはありますね。

今日はこれからバンド練習です。

さいきんすっかり寒くなってきましたね。上着ほしいです。

寒いので暖かい飲み物とか買おうかなと思ってたのですが、練習中に冷えてしまうことうけあいなのです。が、あえてここはその事態を恐れず暖かい飲み物を買うという男気こそが、現代男子に欠けているものだとかそうでないとかなんとかかんとか。

さて。今日の練習はどうなるかなー

でわでわ。張り切っていきますぞー!

寒いですけどね。

ペプシの小豆あじ

悪くない。悪くないけどでも…

ボーカルさんにキャラメルの塊いただきました。

冷やしてあとでいただくのです。

あと藤屋?ってとこのたい焼きを食べてきました。今日はいい日です。諏訪ですよ。

藤屋のたい焼きはもっちりしてておいしかったです。

非常にもっちりございました。

あまつさえ中にはクリームがたっぷりで店員さんのたい焼きにかける情熱的なものは、なみなみならぬものがあるんだかないんだか。

あとは焼き鳥食べました。普通でした。

あ!そうだ!今日は全力ダッシュでラーメンを食べましたよ!

あの車でくるやつですね。

ちゃらーらら、ちゃららららー。

ここまではみなさん口ずさめますよね。

では続きはどうだ!

このあとにねぇ、ちゃらららーが入るんですよ!

はい!どうでもよかったー!

さて。今日はたくさん食べたのでぐったりして寝ます!

俺もうちょい凶悪な人間になるわ!嘘!

男は器!

じゃあな!
ライブの連絡
つぎのライブは
未定!
アルバム作ってます
昔のやつはこれ!
皆様の一言
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ