6月にモロッコで開かれる国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会に向けた国際交渉で、日本が南極海で行っている調査捕鯨について捕獲頭数を半減させることも視野に交渉していることが20日までに明らかになった。日本沿岸での商業捕鯨再開を認めさせるのが狙い。IWCは22日にも関係国の意見を踏まえた議長提案の改定案を公表する。
 南極海の調査捕鯨で日本は2005年度以降、毎年765~935頭のクロミンククジラを捕獲する計画を立ててきたが、捕獲実績は計画を下回り、09年度は約500頭にとどまっていた。これを04年度以前の計画である同360~440頭まで減らすことで、沿岸枠の獲得に反捕鯨国の理解を得たい考えだ。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
【特集】「ジャマモク」でヘルシーに! 海藻博士の奮闘記
〔写真特集〕調査捕鯨
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
〔写真特集〕巨大海洋生物 ダイオウイカとその仲間

金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上-福岡(時事通信)
<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作-奈良(時事通信)
発見の3遺体は不明経営男性ら 長野県警確認 (産経新聞)