国土交通省は23日、茨城空港(茨城県小美玉市)で21日午前、ソウル・仁川空港発のアシアナ航空168便エアバスA321機が着陸時に滑走路を約30メートル越えるオーバーランがあったと発表した。11日に開港した茨城空港で初の運航トラブル。乗客乗員計93人にけがはなく、機体の損傷もなかった。

 国交省によると同機は21日午前11時45分ごろ、着陸時に駐機場に向かうため、南進していた滑走路をUターンする際、オーバーランに備えた過走帯(約60メートル)に進入した。同航空は原因について「着陸する際に南側にずれてしまった」と説明しているという。

 国交省百里空港事務所は発表の遅れについて「事実関係の確認に時間がかかった」としている。

【関連ニュース】
茨城空港:開港、第1便飛び立つ 国内98カ所目
国内空港:甘い需要予測…達成75分の8、成田も43%
茨城空港:採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ
茨城空港:4月からスカイマーク神戸便が就航 初の国内線
増える空港 かさむ赤字/1 狭い国土に98

<特養>介護職員のたん吸引、厚労省が容認(毎日新聞)
免状不実記載の疑い 埼玉県警が革マル派活動家を逮捕(産経新聞)
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定(産経新聞)
<B型肝炎訴訟>36人が追加提訴、原告419人に(毎日新聞)
小林千代美議員 首相、北海道連代表に対応一任(毎日新聞)