三重県警鈴鹿署は22日、内妻の小学1年の次男(6)に暴行し脳内出血の大けがを負わせたとして、鈴鹿市算所4、無職、小島正嗣容疑者(25)を傷害の疑いで逮捕した。男児は意識不明の重体。同容疑者は容疑を認めているという。同署は以前から虐待をしていたとみて調べている。

 容疑は、21日午前7時ごろ、自宅で次男を殴り、脳内出血の傷害を負わせたとしている。次男は内妻(34)の連れ子で、小島容疑者は「厳しくしつけるために殴った。投げ飛ばしたり、足払いをかけたこともある」と供述しているという。同市によると、長女(13)も今年2月ごろ、顔をはらしていたという。

 小島容疑者方は内妻と内妻の長女、長男(10)、次男の5人暮らし。5人は昨年から同居しているらしい。

 同署によると、21日午前、長女が中学校の教諭に相談。連絡を受けた北勢児童相談所が鈴鹿署に同行を要請し、同日午後6時半ごろ、署員らと容疑者宅を訪問した。次男は寝ており、内妻が「風邪をひいたので、寝かせている」と話したため、署員らは引き揚げた。署員は同日、さらに2回訪問したが、応答はなかったという。

 ◇13歳姉が通報

 しかし、22日午前7時25分、長女が「弟が殴られた」と110番。同署員が駆け付けると、次男はぐったりしていた。【木村文彦、大野友嘉子、谷口拓未、大原隆】

【関連ニュース】
虐待:5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑
福岡3歳児虐待:31歳継父も逮捕、浴槽に監禁容疑
北海道4歳児虐待死:否認の男に懲役8年 旭川地裁判決
虐待:3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多
児童虐待:施設の保育士や指導員 大阪

AED 救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)
公約修正を提案=「政治主導」に疑問-21世紀臨調(時事通信)
「外の敵は怖くない」=小沢氏(時事通信)
<条例違反容疑>捕獲禁止の魚捕った男逮捕 滋賀(毎日新聞)
交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理(産経新聞)