裁判員制度の違憲性が争点となった刑事裁判の控訴審判決が22日、東京高裁であり、小西秀宣裁判長は「裁判員制度は憲法上の要請に沿うもので、刑事被告人の権利を侵害するものではない」との判断を示し、被告側控訴を棄却した。同制度を合憲と判断した判決は、全国初とみられる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
6割「司法、より身近に」=参加意欲は横ばい
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件
元団体役員に懲役7年=長女殺害で裁判員判決

事業仕分け 第2弾は47独法 JICA、入試センターも(毎日新聞)
火山噴火 全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)
交番巡査長が拾得物を横領=1500円入り財布、容疑で逮捕-兵庫県警(時事通信)
足利事件遺族に謝罪=「真犯人逃し、時効経過」-栃木県警(時事通信)
平野氏交代を要求=「知事欠席要請なら侮辱」-民主沖縄代表(時事通信)