乳幼児期の集団予防接種での注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者や遺族が国に損害賠償を求めているB型肝炎訴訟で、福岡地裁(西井和徒裁判長)は26日、和解を勧告した。

 同訴訟は全国10地裁で419人が係争中で、和解勧告は12日の札幌地裁に次いで2例目。福岡地裁には全国最多の133人が提訴している。

被虐待児童の扱い、議論まとまらず―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
<地下鉄サリン15年>遺族、首相らが献花 健康被害なお(毎日新聞)
【近ごろ都に流行るもの】具入りラー油 辛さの中に光る食感(産経新聞)
強盗容疑で44歳男を逮捕=信金から300万円強奪-福井県警(時事通信)
<中日本ボクシング協会>流用の元幹部を告訴へ 民事提訴も(毎日新聞)