民主、社民、国民新の与党3党の国対委員長は10日、国会内で会談し、日米両政府による外交密約の存在が明らかになったことを受け、歴代の首相経験者や外相経験者に対し国会招致を呼びかける方針で一致した。

 衆院外務委員会など衆参両院の関係委員会での参考人招致を想定している。民主党の山岡賢次国対委員長は国会内で記者団に「自民党の長期政権下で国民に知らせないままでいたことは誠に遺憾だ。国会で精査する」と強調した。【近藤大介】

【関連ニュース】
日米密約:西山太吉氏ら参考人質疑へ 衆院外務委
日米密約:非核三原則の法制化要望書…被爆者5団体送付
日米密約:「日米関係に影響せず」米国務次官補、報告受け
日米密約:真相究明へ前進 報告書は西山さんの指摘追認
日米密約:藤山・マッカーサー口頭了解「存在せず」と判明

鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
鳩山政権半年 八方美人で八方ふさがり 普天間移設、外交安保…(産経新聞)
<京都府警>3人を懲戒処分 窃盗事件の証拠品599点紛失(毎日新聞)
東京モノレールの遺体、身元は都内の無職男性(産経新聞)
鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)