社民党の定期党大会は24日、夏の参院選で選挙区と比例代表で計6議席以上の獲得を目指す運動方針を採択し閉幕した。しかし、党役員人事で政審会長と国対委員長の調整が難航し、25日以降の両院議員総会に決定を先送りした。平成8年の結党以来、両ポストが党大会で決まらなかったのは異例だ。

 役員改選では党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相、渕上貞雄、又市征治両副党首、重野安正幹事長の党三役の続投は決定したが、政審会長と国対委員長は決まらず、一時的に空席となった。重野氏は大会終了後の記者会見で役員人事について「(根回しなど)手続きを踏むところがいささか欠けていたと反省している」と説明した。

 これまで政審会長を務めてきた阿部知子衆院議員をはじめ福島氏と距離を置く幹部らが「参院選の体制づくりや、民主党や国民新党との選挙協力も進んでいない」などと執行部を批判し、役員改選が紛糾。「双方が頭を冷やす期間も必要」(同党幹部)として、政審会長などを決める両院議員総会が先送りされた。

 福島氏は記者会見で「いろんな意見が出ることも社民党の良さ。士気の低下はない」と強調したが、福島体制4期目は波乱の船出となった。

【関連記事】
「集中審議を要求」 小沢氏問題で野党
「辺野古反対は生命線」社民党大会で意見相次ぐ
社民・福島氏「普天間移設は覚悟を持って」
首相モゴモゴ「踏み外すといけないので…」
普天間移設先から「硫黄島」取り下げ 社民・照屋氏

<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)
インプラント再使用問題、問い合わせ150件(読売新聞)
小沢氏事務所 60社から15万人分の名簿 98年参院選(毎日新聞)
東京・江戸川の郵便局強盗 容疑の男逮捕(産経新聞)
小沢氏続投に意欲「信念貫き仲間と一緒に」(読売新聞)