京都府を訪問中の天皇、皇后両陛下は26日、京都市の国立京都国際会館で行われた「第14回国際内分泌学会議」のオープニングセレモニーに出席された。30日までの期間中、世界中の研究者ら約4千人が参加する予定になっている。

 内分泌学は体内の働きを調整するホルモンの作用などを研究する学問で、国内での学会開催は昭和63年に京都で行われた第8回大会以来。同大会には皇太子時代の陛下と皇后さまが出席された。

 これに先立つ26日午前、両陛下は京都市で国指定重要文化財の日本庭園「野村別邸碧雲(へきうん)荘」をご視察。東山連峰を背景に広がる池沿いをゆっくりと歩きながら、園内のシダレザクラや滝をご覧になった。

 碧雲荘は野村グループ創業者の故野村徳七氏により、南禅寺境内に11年かけて作られ、昭和3年に完成した。

【関連記事】
両陛下、京都で日本庭園ご覧に
両陛下、「御寺」をご訪問
両陛下が京都にご到着 国際内分泌学会議のオープニングセレモニーにご出席
両陛下が「神馬」をご覧に
皇后さまが宮中祭祀ご出席

農家狙った結婚詐欺相次ぐ=弁護団結成、電話相談も-仙台(時事通信)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構-国交相
治験体制整備、5カ年計画終了後の財源確保が課題(医療介護CBニュース)
<中国電力>原発説明会阻止される 山口・上関(毎日新聞)
「名前思い出せない」さい銭ドロに有罪判決(読売新聞)