12日午前0時45分ごろ、大阪市旭区新森の国道交差点で、横断していた男性が運転代行会社の軽自動車にはねられた。男性は頭を強く打つなどし、間もなく死亡した。旭署は自動車運転過失致死容疑で、車を運転していた大阪府東大阪市の男性会社員(43)から事情を聴いている。

 同署によると、男性会社員は仕事を終え、会社に戻る途中だったという。同乗していた同僚の男性(42)にけがはなかった。

 死亡した男性は60~80歳で、黄土色のフリースと白のズボンを着用。同署は身元の確認を急いでいる。

【関連記事】
死亡事故で逮捕の「会社員」、実は「高崎市職員」だった
代行のお金もったいない…酒気帯び運転現行犯で沼田市議逮捕
車3キロ引きずり死で被告、「人として最低」改めて謝罪
警官をボンネットに乗せ走行 被告が起訴内容認める
人がいるとは気付かず バックの車にはねられ女性死亡 滋賀

【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)
上限なし…規制の網を NTT労組側、民主議員に「脱法献金」(産経新聞)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
「3800万円売り上げた」 風俗嬢とのわいせつ行為、自作DVDで販売した男逮捕(産経新聞)
<石清水八幡宮>篝火御影を公開 元襲来で祈願? 京都(毎日新聞)