恐竜やサメ、クラゲなどをあしらった一見風変わりなこいのぼりが東海大学海洋科学博物館(静岡市清水区三保)の正面玄関に並んでいる。

 平成11年から展示し、毎年1体ずつ増やしている。今年は夏に新設する深海生物コーナーにちなみ、石川県に漂着して話題になった深海魚「リュウグウノツカイ」が新たに並ぶ予定。

 子供と一緒に訪れた同市駿河区の杉山美代子さん(32)は「うちも今日か明日に(こいのぼりを)出そうと思っています」と話していた。

 展示は5月5日までで、雨天と休館日(火曜日)は見られない。問い合わせは同博物館(電)054・335・2385。

【関連記事】
世界一5613匹 館林市でこいのぼりの里まつり
「二十四の瞳映画村」に12匹のこいのぼり
有田川河川敷にこいのぼり 和歌山
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開
深海魚「竜宮の使い」 謎の大漁

BoA、約2年ぶりの全国ツアー最終公演=「やりたい音楽を続けたい」(時事通信)
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」-栃木(時事通信)
<ゆうちょ銀・かんぽ>新規事業の参入規制緩和で最終調整(毎日新聞)
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も(産経新聞)
<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)