青森県養豚協会が県産豚肉の消費拡大を図ろうと、青森ねぶた祭のハネト姿をしたシンボルキャラクターを作成した。PRのぼりやシールに活用して販促に乗り出す。

 青森市の年間1人あたりの豚肉消費額は全国一を誇り、豚肉好きの県民性は有名だ。県内のイラストレーターが「ねぶた」と「ぶた」の語呂を合わせて考案した。

 潤んだ瞳や跳ね上げた足など、愛嬌(あいきょう)たっぷりのシンボルキャラクター。ただし、ゆるキャラばりのかわいらしさが消費者の食欲を刺激するか、一抹の不安も。「販促につながるかは、トンと分かりません」【矢澤秀範】

【関連ニュース】
<ゆるキャラ写真特集>大人気 彦根のゆるキャラひこにゃん
<ゆるキャラ写真特集>ゆるキャラまつり:130体が「ひこにゃん」の彦根に大集合!海外からも初参加 
<ゆるキャラ写真>仏教界にも「ゆるキャラ」ブーム!?
<ゆるキャラ写真特集>キャラクター選手権2009:第2代王者「Hoppy」表彰
<毎日jpのゆるキャラ?>コッコついに東京に立つ!

がん治療認定医1928人増で7890人に(医療介護CBニュース)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)
東京でも和解成立 自立支援法訴訟が終結(産経新聞)
6月に「介護保険ホットライン」(医療介護CBニュース)
事業仕分け 11法人35事業を精査 3日目スタート(毎日新聞)