2001年に11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故で、神戸地裁は4日、神戸第2検察審査会の起訴議決を受け、業務上過失致死傷罪で強制的に起訴される榊和晄元明石署副署長(63)の公判などで検察官役を担う弁護士3人を指定した。
 指定されたのは、元裁判官の安原浩弁護士(66)、兵庫県弁護士会犯罪被害者支援委員会副委員長中川勘太弁護士(37)、同審査会で審査補助員として法的な助言をした長谷部信一弁護士(31)。
 指定弁護士は昨年5月に施行された改正検察審査会法に基づき榊元副署長を起訴し、公判で起訴内容を立証する。 

【関連ニュース】
検察審査会、初の起訴議決=元副署長、刑事裁判に
審査会、検察官から意見聴取=起訴議決適否、近く判断
「同じ事の繰り返し」=検察は市民感覚反映を
元副署長不起訴、遺族へ説明=4回目「再捜査で新証拠なし」

早朝の東海道新幹線、一時運転見合わせ(読売新聞)
<訃報>見田盛夫さん76歳=レストラン評論家(毎日新聞)
辺野古「社民が許さぬ」=福島氏(時事通信)
保身から転換? 石川容疑者ら供述変遷(産経新聞)
JR片町線で遮断棒折れる(産経新聞)